残暑でヘロヘロ、京都旅行 2日目(その1)

| コメント(2)

この日は今回一番行きたい場所「高雄」へ。
ここでは栂ノ尾山高山寺槙ノ尾山西明寺高雄山神護寺を回る。
ガイドブックによると高山寺は8:30から、西明寺は8:00から拝観できるようなので、8:30栂ノ尾到着を目指す。
明確な目的があると早起きも苦じゃないからゲンキンなものだ。

アクセスは市バス8番、もしくはJRバス。
市バス8番は1時間に1本程度しかない。JRバスは20分に1本程度の運行状況。事前にJRバスの時刻表はゲットしておくべし!
私たちは北野(JRバス停)から乗車。平日ということもあり、乗客の中に観光客らしき姿はナイ。立命館大学前で学生さんらしき人たちがどっと降り、高雄病院前で残りの人たちが降り、残るはおばあさん1人と私たちだけ。
周山街道は狭い道路でバスは速度を落としがちに進む。だから北野バス停から約30分といっても、距離があるわけではない。

ほぼ時刻通りに栂ノ尾に到着。高山寺へ。
高山寺についての情報は、JR東海「そうだ 京都、行こう」特集「高山寺での夏休み」なども参照。
バス停から高山寺へは裏参道が近い。道路には歩行用スペースがほとんどないので、表参道に回りこむなら、車に注意。
ところが、この裏参道、石段が続いて意外とハード。ひーひー言いながらようやく石水院に到着。

kyoto070918-001.jpg

高山寺は国宝「鳥獣人物戯画」を所有。オリジナルは都内の博物館にあるようで、ここで展示されているのはレプリカ。なんとも滑稽で愛らしい鳥獣戯画。記念に手ぬぐいを買った。

kyoto070918-002.jpgkyoto070918-003.jpg

kyoto070918-004.jpg
[境内の杉]
kyoto070918-005.jpg
[古刹という雰囲気が漂う金堂]
kyoto070918-006.jpg
[表参道には寺標が立っている]

ここから次の西明寺まで歩く。
ガイドブックによれば、徒歩10分とのこと。
しばらくバス通りを歩かなければいけないので、車に注意。カーブが多いわりに乗用車はスピードを出している。
途中から標識に従って右側に入り、バス通りから離れ、しばらく下る。
右手に見える赤い橋を渡り、さらに奥へ。

kyoto070918-007.jpg

橋を渡った後には、またもや石段!さすが山にあるお寺だ・・・。息があがる・・・!

kyoto070918-008.jpg

西明寺はひっそりとした小さなお寺だった。ガイドブックによれば、神護寺の別院として建てられたものらしい。


そして最後、神護寺へ。
ガイドブックによると西明寺から徒歩15分。しかも350段の石段を上がるらしい・・・。
脚がもつか・・・???

神護寺では、厄除け祈願の”かわらけ投げ”ができる。それは、深い渓谷に向って、素焼きのお皿を投げ込む・・・というもの。
ここに行きたいと思ったきっかけは小説。1ヶ月ほど前、私の好きな作家、柴田よしきの「貴船菊の白」という本を読んだ。読み始めるまで知らなかったけれど、舞台が全て京都という短編集で、その中の1つにこの神護寺が舞台になっているものがあったのだ。

kyoto070918-009.jpg
[石段の始まり]


この石段は想像以上にキツイ。10段も上がれば、胸がゼーゼーいう。終わった!・・・と思ったら、また次の石段・・・といったかんじで、ようやくほっとつけるまで255段ほどあったらしい。(ダンナが数えた)

kyoto070918-010.jpg

とどめがこの楼門の直前の石段。1段、1段の高さがあるので、股関節まで疲れる・・・。
ようやく境内に入り、まず目指すのは「かわらけ投げ」。案内表示に従っていても、ホントにここでいいの?というような道を歩く。
すると・・・迫る山と錦雲渓が目に飛び込んできて、わあっと声を出してしまう。

kyoto070918-011.jpg
[この渓谷にかわらけを投げ込む]
kyoto070918-012.jpg

kyoto070918-013.jpg
[2枚100円のかわらけ 思っていたよりかなり小さい]


さすが、ダンナの投げ込むかわらけは、回転しながら渓谷の遠くの方まで飛んでいくけれど、私が投げ込んだかわらけは、右に左にガタガタと傾きながら、手前の方に落ちていった・・・。
念願のかわらけ投げをした後は、またさらに高い石段を上って金堂へ。
高山寺からここまでの間、いったいどれほど石段を上ったんだろう???

kyoto070918-014.jpg
[石段の上から五大堂と昆沙門堂を見下ろす]


境内のお堂の配置が、高野山で見たお寺に似ていると思ったのは、このお寺が真言宗だからだと思う。知らず知らずのうちに真言密教に導かれているみたい。なぜか、落ち着く。


さて、帰り道は下りだからラク?なんてことはナイ。足に力を入れるので、すでにふくらはぎが筋肉痛。
石段を下りきっても、高雄のバス停に辿り着くまでが、また上りの石段(しかも相当上る)でガックリ。

kyoto070918-015.jpg
[バス停までの道に咲いていた曼珠沙華]


ところでこの日は不思議な雲を見た。

kyoto070918-016.jpg
[飛行機雲ではナイ]
kyoto070918-017.jpg
[なんだか龍に見える気がするのはワタシだけ?]


高雄のバス停に辿り着いたのは10:30くらい。1つ1つのお寺をもっとじっくりゆっくり見て回るなら、3時間くらいみておけば十分かも。
JR東海「そうだ 京都、行こう」の特集「五感を癒す一日旅?新緑の高雄?」もご覧あれ。


2日目その2へ続く・・・

コメント(2)

さっすがスキッピーさん。
写真のセンスがすっごいです♪
曼珠沙華の鮮やかさとか
空の青さとか、すいすい食い入るように見てしまった。
続きを楽しみにしてますねー

>キヨちゃん

コメントありがと?!
コメント機能にちょっと不都合があったみたいで
ごめんねー。

旅行の写真て、撮り直しできないから、ホント
はもっとじっくり狙いたいんだけど。
ずーっとカメラ構えたままチャンスをうかがうのも
他の観光客に邪魔だしね・・・。難しいわ。

コメントする