April 2010 Archive

セルフプロモーションは重要

  • April 28, 2010 10:24 PM
  • Others

この間たまたまTVをつけたら、フジの「ホンマでっか!?TV」の時間だった。
「第一印象で損をしないための(秘)印象改良SP!」という内容だったのだけれど、印象評論家の重田みゆきさんの話がすっごく印象的だった。
飲み会とかで好印象にうつる女子には共通点があって、たとえば顔の近くで手を使うことだとか。「生ビール5つお願いしまーす」なんて時に顔の近くで"五つ"と手を出すと可愛らしく見えるんだってさ!んーーー確かにそうかも。
他にもいろいろふうん、へええ、ということがいっぱいあったんだけど、番組を見終わった後、これまで自分がまったくモテなかったのは当然じゃん!と思った。

好印象に見えるとかモテる行動が自然にとれちゃう"天性の資質"を持っている人もいるだろうし、もちろん、意識的にやっている人もいるわけで。
少なくとも、私にそんな天性の資質があるとは思えない。それならもっと意識して行動してきてもよかったんじゃない?


なぜ、そうしてこなかったのか?




・・・それは"ブリッコ(←死語だ)は悪"と思っていたからにほかならない。
ちょうど男子と女子が意識し始めるお年頃の中学生時代、女性人気アイドルといえば、松田聖子だった。
聖子ちゃんはブリッコの代表格で、当時、男子には大人気でも女子にはやっかみから嫌われていたんじゃないかな?(彼女が歌う歌は別。)その影響は大きくて、ちょっとでも男子の気をひくような行動をとると、同性から「あのコ、ブリッコだよねー」と後ろ指をさされてしまうような時代だった。
だから自分を努めてよく見せようという行動は、無意識のうちに封印してきたように思うし、その頃から自分にまったく自信がなかったから、自分にはそういう努力をする価値がない(意味がない)と思っていた。・・・で、多分、そのまま大人になっちゃったんだな。

最近の若い女の子たちは、プリクラとかケータイカメラで写真を撮る時にどうやったら実物以上にカワイく撮れるかとか、すっごいよく知ってるんでしょ?
確かに、職場の方の娘さん(20歳)のケータイ写真とか見せてもらうと、メークにしても写り方にしても、すごい研究してるよなーーーってかんじだもん。
「平成男子図鑑」って本にも書いてあったけど、平成世代は小さい頃からデジカメやらデジタルビデオやらで撮られまくっているわけで、自分を客観的に見る機会がめちゃくちゃ多い。だからセルフプロモーションが上手いのだとか。




年代的なことは差し引いたとしても、私はまったくセルフプロモーションがまったく出来てなーい・・・。
加えて自分に自信がまったくない・・・。これじゃあ、何の魅力もないよねー。




勝間和代さんも"女はキレイが勝ち"と言い切っていて、相手から好印象を持たれるように努力をすることで「この人と一緒に仕事をしたい」と思ってもらえると言っていた。
魅力的に見えるように振舞う(意識する)ってことはビジネスの上でもとーーーっても重要なのだ。
田中宥久子さんも"女の顔は30歳から作られる"と言ってくれているし、これからでももうちょっと意識していってみるか。人生、まだ長そうだしね。

Private Lesson

  • April 25, 2010 11:20 PM
  • Yoga

今日のクラスはたまたま、ユカ先生とマンツーマンになった。
なんてラッキー☆
どうやってレッスンを進めようかということになり、スリヤナマスカーラA、Bを5回ずつやったら、苦手なアサナとか好きじゃないアサナを見直してみようということに。

スリヤナマスカーラを終えると、先生に
「ジャンプして戻るとき、呼吸どうしてる?」
と聞かれた。
そういえば私、
カウント5 → 息を吸ってかかとを上げ → ジャンプで前 → 息を吸ってヘッドアップ
ってやっていて、ジャンプで前に戻るとき、息止めてるかも!?
先生によれば、途中で呼吸の音が聞こえなくなる瞬間があったとか。
んーーー確かに。止めてる、止めてる。止まってる。
だからジャンプがスムーズにいかないのか!
動作は一動作、一呼吸の原則のはず。つまり、ここではジャンプからヘッドアップまで一息!なるほど。そうしたら身体がふわっと動きそう。理に適ってる。

でもジャンプがうまくできない理由はそれだけじゃなかった。
他にも苦手なアサナを挙げていくと、どれもお腹の引き上げがちゃんと出来ていないからということが判明!!
説明を聞くと、言われていることは理論としてはすごく納得できるんだけど、それを自分の身体で体現するのがなかなか難しい。

"お尻(の少し前)を締めて、そこからきゅうっと上に引き上げるかんじ"

これがね、実感としてまだわからないわけだ。
でもお腹の引き上げを少し意識するだけで、まず前屈がすごく深まるのはわかる。
ウッターナアサナとか、顔が足につきそうなくらい前屈できる!
パスチマッタナアサナも然り。足の裏側はちょっと痛いけど、両手を足の裏に回して手首を取るのがいつもより格段にやりやすくなる。お腹の力を抜くと、背中が丸まってしまって前屈が深まらない。
アルダ・バッダ・パドモッタナアサナの時も、お腹をぐっと引き上げるのと一緒に足を限りなく引き上げると、ちゃんとしたポジションにかかとがくるし、膝も下を向く。いつもやや力ずくで足の付け根に持ってきている感が否めなかったので、ナルホド~と思った。

今日、何より進歩があってうれしかったのは、バッダ・パドマアサナ。
アルダ・バッダ・パドモッタナアサナ同様、お腹を引き上げつつ足を引き上げると、いつもより格段に深く足が組め、すんなりと両手が両足親指を取れたのだーーー!!!
今までミカ先生のクラスの時、いつも「届きましぇ~ん」と先生にアジャストしてもらっていて、なのに届いたためしがなくて、いつかできる日がくるだろうとただその日を待っている状態だったのに、意外に早くその日が来たらしい!

お腹がちゃんと使えれば、ジャンプバックもジャンプスルーもすんなりできるはず。
そして前屈も深まるし、足も無理なく組める。
私の場合、現状の問題はそこにあるようだ。当面、意識して練習してみようと思う。
大きな収穫だーーー!ユカ先生、ありがとう☆


復活!

  • April 23, 2010 11:10 PM
  • Yoga

ようやくミカ先生のクラスに出ることができた!
でも身体が重い~。
身体が重いのは、体重が微増につぐ微増(つまりかなり増ってこと!!)ということも大きいけど。

ウッターナアサナをすると足の後ろがピーンと張るかんじ。
もっとちゃんと柔軟をしておけばよかったなー。
パドマアサナ組むのもなんかムリヤリってかんじで、関節がギシギシ言ってたし。

しかし45分では端折ってもシッティングはできないし、フィニッシングも限られるな。
一度、ハーフプライマリーで十分だから、ミカ先生の指導でじっくりやってみたいなー。

ヨガ友トーク

  • April 21, 2010 9:44 PM
  • Yoga

時々ジムのヨガクラスでお話する方と、今日初めてお互い名前を名乗り合い、長めの立ち話をした。
話をしていると、やっぱり4月からのジムのプログラム改変への不満になる。定期的に、マジメにクラスを受けている人ほど、バリエーションが欲しくなるんだよね。
特にその方(Sさん)は柔軟性も高くて、いつも難易度の高いアサナもどんどんできちゃう人だから、年配の人にレベルを合わせているような流ればかりだと、フラストレーションがたまるわけだ。
だから、物足りないなーと感じる人(たとえば別のヨガ友Mさん)は、ジム以外に都内のヨガスタジオとご自宅の近所のサークルと3つ掛け持ちしたりしている。

しょせん、スポーツクラブだから仕方ないといえば仕方ない。
でも、長く会員になっている人たちの満足度をもう少し、満たしてくれてもいいんじゃないかと思う。
家の近所にレンタルスペースでもあればなあ・・・、人を集めて先生を探すという手もあるのに。


"遠くの他人"の影響

  • April 18, 2010 10:51 PM
  • Yoga

最近ダンナの会社に中途入社した女性がYoginiだったらしい。
彼女のための歓迎会で話をしていたらそんな話になったとか。
ダンナが「ウチの奥さんもYogaやってるよ」と言うと、「Yogaはいいですよ~。心が落ち着きますよ~。」と語られたらしい。
・・・で、初めてダンナに聞かれた。




「ヨガって心が落ち着くの?」




「落ち着くっていうか・・・、私の場合はライフスタイル自体が変わったこともあるけど、あんまりカリカリはしなくなったよね。あとは圧倒的に体力がついたなー。」
と答えると、
「オレもやろうかな、ヨガ。心が落ち着くんだろー?絶対オレに必要だよね。」
と、なぜか急にやる気になってきた。彼は相当な短気なのだ。
今までぜーんぜん、私が夢中になっているにも関わらず、Yogaに興味を示さなかったのにね。
"遠くの他人"の言うことの方が信憑性があるってことかい!?

ダンナと一緒にいると、会社や職場に対してはもちろんのこと、日常生活の中でも文句と不満がすごく多いのは気になっていた。
間違いなく、私も普通に働いている時はいつも不満だらけでストレスの塊だったと思う。
だから少し前までなら、彼の文句や不満に同調しただけだったかもしれない。でも、文句や不満は何も生まないんだよね。周りにマイナスの気を振りまくだけ。
ほんの少し見方を変えるだけで、気持ちが楽になることだってある。
Yogaが深まっていくにつれて、"受け入れる"ということが、少しずつできるようになったんじゃないかな。

だから、私もぜひ、彼にはヨガはおすすめしたい。
でもいい先生のクラスを受けないと意味がないんだよなー。難しいなあ。

異常気象とともに

  • April 16, 2010 10:23 PM
  • Health

4月に入って不調続き。ココロは元気なのに。
ガッツリ動いてぽにょなお肉を絞りたいのに。
2週間近くにわたって続いた軽いめまい。




認めたくはないけど、更年期のハシリじゃないかと・・・。




絶対お休みしたくなかったミカ先生のクラスを2回も休んでしまい、もちろんユカ先生のクラスにも行けず。結局、いまだにアシュタンガの練習はほとんどできていないこの現状。
焦ってはいけないと思いつつ、やっぱり軽い焦りを感じてしまう。
うー。

とんだアクシデント

  • April 1, 2010 5:44 PM
  • Yoga

今日はユカ先生のクラスを受けに行こうと張り切っていたのだが。




クラス、お休みなんだってーーーー。
ああ、マヌケな私。

なかなか進まない自分のポートフォリオサイトのリニューアルをやり、ちょっと遅いけどAM9:30頃から宅練開始。
いつもマシンの電源を切る"ぷつーーーん"って音で、うてなは"遊んでもらえる♪"とばかりに狂喜するんだけど、ごめんね・・・、遊ぶんじゃないんだよ・・・。

ところが!途中で大変なことが起きた。
ジャンプバックする時、後ろを確認したりしないので、いつの間にかヨガマットの後方に座っていたうてなを飛び蹴りするハメに!!!
まるでギャグマンガのようにうてなは横転。
自分でもビックリして、慌ててうてなにケガがないか確認したところ、まあ、特に問題はなさそう・・・。
さすがにその後は飛び蹴りに懲りたのか、ソファの上からフセ状態でじーーーーっと私の動きをガン見していた。

よっしゃ!これで集中できるとヴィラバドラアサナBまで進み、パスチマッタアサナに差しかかるとよいしょ、よいしょと私の脚の上に上ってくる。
上からかぶさろうものなら(前屈)必死になって顔をなめてくるので、そこで断念となった。
時間にして40分強ってとこかな。やっぱり家は落ち着かないなー。

Index of all entries

Search
Feeds
Twitter Updates
    follow me on Twitter
    Blog Parts

    Return to page top