"遠くの他人"の影響

  • April 18, 2010 10:51 PM
  • Yoga

最近ダンナの会社に中途入社した女性がYoginiだったらしい。
彼女のための歓迎会で話をしていたらそんな話になったとか。
ダンナが「ウチの奥さんもYogaやってるよ」と言うと、「Yogaはいいですよ~。心が落ち着きますよ~。」と語られたらしい。
・・・で、初めてダンナに聞かれた。




「ヨガって心が落ち着くの?」




「落ち着くっていうか・・・、私の場合はライフスタイル自体が変わったこともあるけど、あんまりカリカリはしなくなったよね。あとは圧倒的に体力がついたなー。」
と答えると、
「オレもやろうかな、ヨガ。心が落ち着くんだろー?絶対オレに必要だよね。」
と、なぜか急にやる気になってきた。彼は相当な短気なのだ。
今までぜーんぜん、私が夢中になっているにも関わらず、Yogaに興味を示さなかったのにね。
"遠くの他人"の言うことの方が信憑性があるってことかい!?

ダンナと一緒にいると、会社や職場に対してはもちろんのこと、日常生活の中でも文句と不満がすごく多いのは気になっていた。
間違いなく、私も普通に働いている時はいつも不満だらけでストレスの塊だったと思う。
だから少し前までなら、彼の文句や不満に同調しただけだったかもしれない。でも、文句や不満は何も生まないんだよね。周りにマイナスの気を振りまくだけ。
ほんの少し見方を変えるだけで、気持ちが楽になることだってある。
Yogaが深まっていくにつれて、"受け入れる"ということが、少しずつできるようになったんじゃないかな。

だから、私もぜひ、彼にはヨガはおすすめしたい。
でもいい先生のクラスを受けないと意味がないんだよなー。難しいなあ。

Comments:0

Comment Form

Search
Feeds
Twitter Updates
    follow me on Twitter
    Blog Parts

    Return to page top