888@ 有明ABCスタジオ

  • May 30, 2010 6:31 PM
  • Yoga

カオリ先生のブログを見て、行きたいな~と思っていたWS。
前回のクラスの時、ユカ先生からも「ぜひ、なかなか受けられないEthanのクラスを受けておいでよ~」と薦められたので、Ethan先生のクラスを予約した。

ひとつ前のBonus Classが見学可ということだったので、早めに行ってクラス見学させてもらった。
20100530-001.jpg
しょうちゃんと二人「ハハッ。ムリムリ」って苦笑いするチャレンジポーズがたくさん!

そしていよいよWS開始。時間はかなーりおしていて、いったい何時から始まって何時に終わったか?不明。
Ethan先生のクラスはジャンプバックとジャンプスルーにフォーカスしたもの。
受講している皆さんは、私なんかに比べれば全く問題なくできているように見受けられるけれど、それぞれやっぱり悩みはあるみたい・・・。
やっぱり滞空時間が長くて、音を全く立てずにヴィンヤサするのって、憧れるもんね。

ジャンプする時は床についた手で立っているくらい、重心を感じることがポイントとのこと。
先生は指のツメが白くなるくらい、手に重心をかけているらしい。
そして、お尻を上に上げるのがコツ。
よく考えれば当然だよね?お尻が上がれば、床との間に十分な空間ができるから、手の間にすいっと足をスルーさせることだって可能じゃん☆
そのままバンダを使って骨盤をぐりっと立てれば、ストンと脚が前にくる。
2人1組になって、上がったお尻を一旦ホールドするというアジャストを入れて練習。これね、支えてくれるってわかっていてもコワイのよ、つんのめりそうで。
バックする時も、これまでつい、足を後ろにやろうとばかりしていたけど、お尻を上に上げることが重要なんだね。

時間がなくてシッティングポーズのジャンプスルーの練習はなかったけれど、ポーズとポーズの間になぜヴィンヤサが入るか?というと、前のポーズをリセットする意味があるから。なのでジャンプせずに足を運んでも問題ないよとのこと。
マヤ先生も呼吸を止めてしまってまで、無理にジャンプして足を運ばなくてもいいって言ってたな。

最小限の力で呼吸に合わせてヴィンヤサをする。
シンプルだけど難しいのだー!




余談だけど、WSのもうひとつの楽しみは、先生たちや上級者の人たちの美しい動きや美しすぎる筋肉を見られること。
スポーツクラブで見るマッチョな人たちは外側の筋肉を鍛えるでしょ。ちょっとやりすぎ感があって"美しい"からはほど遠い。
でもYogaの先生たち(男性も女性も)の身体はね~、無駄がなくて、しなやかで、それはそれは美しい。ダンサーみたい。使っている筋肉がきゅうっ、きゅうって見えるのがたまらないんだよねえ。
いや、もう、それが見られるだけでも、WSに行く価値あるから!!!




会場で販売されていた軽食。(しょうちゃんと私が買ったもの。)
20100530-002.jpg
カオリ先生の酵素玄米おにぎり、野菜カレー(おとうふが入ってる!)、サモサ、チャイ。
どれも激ウマー♪
身体が喜ぶfoodでした!

Comments:2

べるりん June 1, 2010 2:03 PM

いい刺激になったね。
ところでふと思ったんだけど...なんで888 って名前なのか 知ってる??

ヒスイ Author Profile Page June 1, 2010 3:38 PM

>べるりんさま

一緒に行けてよかったねー。
私、一人だったら心細かったかも。

ん、しかしなぜに888なんだ???あんまり気にしてなかったけど。

Comment Form

Search
Feeds
Twitter Updates
    follow me on Twitter
    Blog Parts

    Return to page top