人生初の経験

今日はクリニックで子宮頚ガンの検査結果を聞く日だった。
覚悟はしていたけど、手術&入院・・・ということになるといろいろ詳しい話も聞く必要があるので、母が付き添いで来てくれた。


結果・・・、


組織はガン化には至っていないけれど、前回の検査で中程度異型なんとか???だった段階が、高度異型なんとか???という段階に進んでおり、院長先生のご意見としては切ったほうがいいでしょう・・・ということになった。
切った部分は、その他の部分や血管、子宮内部に影響していないか?など、さらに詳しく検査されるらしい。
開腹手術ではないし、2泊3日程度の入院で済むようで、その後も特に薬の服用などはないらしい。先生曰く、「痛みもありませんよ」とのこと。
心配なのは麻酔。局所麻酔で意識がある中手術されるなんてコワイこと、私の蚤の心臓に耐えられるわけがない。楳図かずおの「恐怖」に出てくる「奪われた心臓」の1シーンがまざまざと浮かんじゃうよ・・・。(ちょっと状況は違うけど)
でも意識があるのがイヤであれば、麻酔科の先生に言えば眠らせてくれるということなので、ちょっと安心。

最初から覚悟はしていたので、手術をお願いすることにした。
手術&入院は鴨川まで行くことになる。
メディアでも有名な病院なので、リゾート気分でいっちょ、入院してくるか!なーんて思ってみたけど、やっぱり身体は正直だ。胃がキリキリと痛んだりして。
仕方ないよね、何度か入院経験はあるけど、手術は人生初だもん。
あーあ、まさかこんなことになるとは。

Comments:0

Comment Form

Search
Feeds
Twitter Updates
    follow me on Twitter
    Blog Parts

    Return to page top