August 2010 Archive

てんやわんや入院記 -退院編-

  • August 30, 2010 10:34 PM
  • Health

8/29(日)

ダンナから到着が少し遅れると連絡が入ったので、1Fのタリーズでコーヒーを飲む。
タリーズ、広っ!!!
しつこいようだけど、ハワイのホテルでbreakfastを食べているような錯覚さえ覚える。

AM10:00頃ダンナが到着。
会計の連絡が来るまで退院の支度をして待つ。
一応、概算は前日に連絡があったけど、ほんとにHawaiiに行けるくらいの金額だね☆

会計が終わると、看護師さんに部屋の点検と腕のICバンドをはずしてもらい、めでたく退院。
お昼は幕張のSAで済ませて帰宅。
4日ぶりに会ううてなは、身体中でヨロコビを表現しつつ、うれションを振りまいた。
やっぱりカワイイ奴。

てんやわんや入院記 -手術後編-

  • August 30, 2010 9:37 PM
  • Health

8/27(金) 術後1日目

食事はOK。朝食のみお粥だけど、昼食から常食になる。

午前中、担当医の先生の検診。これが一番痛かった!!!いつも思うんだけど、力抜いてくださいって言われても、なかなか力抜けるもんでもないんだよね。
そのうち点滴も終了。看護師さんが尿の管を抜いてくれた後、身体を拭いて自分のパジャマに着替えてほっと一息。
ちゃんと歩けるのを確認してもらった後は、同じフロア内ならウロウロしてもいいという許可が出た。

早速、フロアにあるラウンジへ行ってみる。
前日、ダンナが「スゲーキレイでビックリした!」と言っていたので、チェックしなきゃと思っていた。
20100830-008.jpg
ハワイのホテルのラウンジですか!?
20100830-009.jpg
目の前に海!!!
20100830-010.jpg
外は死ぬほど暑いんだろうけど、キレイで涼しい室内から、海をぼーっと眺めていられるって、本当に最高。ここが病院だとは思えない!あまり人も来ないし、静かでいつまででも座っていられるな~とだらだらしていた。

ところで、病室に置いてある案内を読むと、この病棟は全室個室のため、消灯時間がないとのこと。他の病室に迷惑がかからないようにすることと、自身の健康管理がきちんとできれば自己管理に任されている。面会も24時間OKになっている。スゲー。


8/28(土) 術後2日目

シャワーOKの許可。病院敷地内なら歩き回るのもOK。目の前の海まで行きたかったけど、外出許可がいるらしい・・・。
飲み物を買いに隣の病棟内にあるコンビニへ。普段コンビニを利用しないので、ものめずらしさについ、デザートコーナーを行ったり来たり。結局プレミアムロールケーキを買ってしまう。
コンビニ隣にある焼きたてのパン屋さんのパンも買いたかったけどぐっとガマン。

ラウンジで海を眺めたり、病室で小説を読んだり・・・・。
20100830-011.jpg
ここが病院だということを忘れる景色。絶対ハワイだって。
20100830-012.jpg
レストランフロアからの景色。

PM、担当医の先生による退院診察。問題なかったので無事、翌日退院のはこび。この日の診察は痛くなかった。

20100830-013.jpg

20100830-014.jpg
夕暮れも美しい。この景色ともお別れかあ。

普段、腰を据えてTVを見ることが少ないので、深夜にこんな番組がやっていたのかーとか、新たな発見があったりして。この日は入院して初めて、なかなか寝付けなかった。
そうそう、血圧は少し正常に戻ってきて、上が90台をキープ。


てんやわんや入院記 -手術当日編-

  • August 30, 2010 8:58 PM
  • Health

8/26(木) 手術

朝日と海が見たかったので、いつものように早起き。4:00すぎには目を覚ましてカーテンを開けてみた。うとうとしては目を覚まし、その度に空が少しずつ明るくなっていくのを楽しんでいた。(方角的に、朝日が昇ってくるのは部屋からは見えない。)

一日禁飲食なので、朝食を待つ楽しみはない。追い討ちをかけるように再度浣腸。

AM9:00過ぎにダンナが到着。なんと1時間40分ほどで到着したらしい。

処置室に移動して毛の処理。つるつるにされるのかと思ったら、恥ずかしくない程度に毛は残ってた。「子連れ狼」に出てくる大五郎の前髪が、かなり薄くなったみたいなかんじ?
部屋に戻ってシャワーを浴び、手術着に着替えて、血栓防止ストッキングを履いて手術時間の連絡が来るのを待つ。

点滴開始。なんと看護師さんに2回も点滴の針を打ちそこなわれ、3回目にしてやっと点滴針が入った。私の血管はとてもわかりやすいので、打ち間違いなんて有り得ないはずなんだけど。

13:30頃、やっと看護師さんより手術開始時間の連絡。13:50開始とのこと。
不安を軽減するための麻酔を注射してもらったのと、メガネを外してしまって周りの状況がさっぱり見えないのとで、バタバタと手術室に移動する間のことからして、よく覚えていない。
手術室に入ると、担当医の先生と、一緒に執刀する予定の女性の先生、麻酔科の先生が次々と声をかけてくれた。・・・でもって、手術室のライトを見た時、「うわーTVドラマみたい」とかなんとか言った後のことは全くわからない。麻酔ってすごいわー。

意識が戻ったのを確認してから病室に戻されるので、目が覚めたら病室のベッドの上だった・・・というわけではないけど、やっぱりあんまり覚えてないなー。
病室に戻ってからは、尿の管が気持ち悪くて、そのことばかり訴えていた気がする。
あとは寝ているだけなので、ダンナには早めに帰ってもらって愛犬の世話を頼んだ。
手術の間、家族は手術フロアの家族待合室で待つことになっていて、手術後、先生から切除した患部を見せてもらい、説明を聞いたそう。

腕に血圧計がつけられていて、1時間ごとに血圧が自動測定される。なんだか機械がビービーうるさいと思ったら、血圧が低すぎて警告音が鳴ったらしい。そんなことが2~3回あった。
だって上が80そこそこ、下が38とかで、脈拍が40台だったらしいから。脈拍40台ってナニ???自分でもびっくり!
夜もうとうと眠ったり、目が覚めたりを繰り返してはいたけど、眠れないということはなかった。

てんやわんや入院記 -手術前日編-

  • August 30, 2010 7:58 PM
  • Health

人生4度目の入院にして、初めての手術。
これまで3度の入院はすべて、私自身は七転八倒の苦しみの中救急車で搬送され、そのまま入院というパターン。
今回初めて、予定された入院で、自分で荷物をまとめ、自分の足で病院に入ったのでかなり新鮮。
いろいろな驚きやら感心することやらがあったので、備忘も兼ねて記録。


8/25(水)入院

手術日前日からの入院ということで、お昼過ぎに入院手続きを済ませる。
指定された時間よりかなり早かったけど、お部屋の準備ができているということで、すぐお部屋に案内してもらえた。

全室個室病棟の女性専用フロア。
20100830-001.jpg
残念ながら海側の部屋は産科のみと言われていたので、ちょっとがっかりしていたけど、海も山も見える部屋だったので、それだけで気分はアガる!
20100830-003.jpg

20100830-004.jpg
病室はちょっとしたビジネスホテルより広い!ビジネスホテルのシングル料金より高いから当然といえば当然だけど。
20100830-002.jpg
トイレとシャワールームもゆったり。クローゼットもついている。
いかにも病院っぽい設備ベッドのヘッドボードに隠されているので、無機質な感じは一切なし。調光できる間接照明もあって、どう見ても快適そのもの。

備え付けのモニターは、TV、インターネット、入院中のお知らせなどを見る基本画面の3つを兼ねている。
20100830-005.jpg
基本画面、これがすごい!施設の案内をはじめ、医師の紹介、食事のメニューの確認や変更、入院中、自分にどんな処置が行われるかなど・・・いろいろ確認できる!!!
20100830-006.jpg
食事は基本のA定食、B定食の変更以外に、追加料金+400円、+800円、+1,200円というメニューあり。楽しすぎる。
インターネットを使用する場合は、1Fのコンシェルジュでマウスとキーボードを無料で貸し出してくれる。残念ながら(システムの関係なんだろうな)、ブラウザがIE6なのでアラートばっかり出るし、すぐフリーズしちゃう。mixiとかtwitterを見るのは結局iPhoneだった。

この日はまだ病人でも何でもないので、病室にいたり、ベッドに上がること自体が申し訳ないような、そんなかんじでちょっと浮かれてた。

夕刻、手術を執刀してくださる先生から手術の説明あり。
これがあまりに若い男の先生でビックリ!!!どう見ても20代にしか見えないもん。でも私としては、むしろ若い先生の方が、気後れすることなくいろいろ聞けて、さらに不安に思っていることを素直に伝えられたのでよかった。しかもそれに対し、とっても真摯に対処を考えてくださったので安心した。

次に麻酔科の先生から説明。
こちらも若い男の先生。担当医の先生より若干年上?でも30くらいかなー?なので、同じく不安材料を率直に伝えられた。こちらの先生もとても真摯に対応してくださったので、翌日の手術に対する不安はほとんどないに等しかった。
手術は全身麻酔を希望したので、21:00以降絶食。24:00以降は水分もNG。

夕食後、翌日の手術のため、浣腸。
身体に液が入ったらスグ、お腹きゅーーーーーーーっ!!!なんて威力なんだ!!!
落ち着いたらシャワーを浴びて就寝。手術前夜のため、就寝前に軽い睡眠導入剤が処方される。でも、疲れが出たのか、すでに21:00を過ぎた時点でかなりの眠気に襲われていて、ぐっすり寝られた。


そうそう、この日はなんと満月。ムーンデー。
20100830-007.jpg
月明かりに照らされて、海面がキラキラととても美しくて幻想的だった。満月の夜の海を眺められるなんてこと、なかなかあるもんじゃない。何かに導かれてるなあという気がちょっとだけした。

smile and say hello !

今は休会中(というか、多分そのまま辞めるけど)のジムでは、気軽に挨拶をかわしたり、お話をしたりする会員仲間(ほとんどヨガ仲間)やスタッフがけっこういた。

そんな私を見た友人が「Yさん、知り合いがたくさんいるんですね~」と感心したことがある。
彼女は私よりマジメにジム通いをしているけれど、レッスンでいつも顔を合わせるような人に話しかけたり、挨拶したりはしないらしい。なのでもともとの友人以外の知り合いはいないとか。

学生時代から親しくしている友人も、私が1人でYogaのWSに出かけて行ったり、同じ先生に師事しているというだけで会ったことのない人と待ち合わせてヨガフェスタに行ったりすることがスゴイと感心してた。

そんな話をダンナにしたら、「オレも時々、アナタがスゴイと思うことあるよ」と言う。
知人が全くいないわけではないとはいえ、twitter飲み会にのこのこ出かけて行ったり、ドラッカー読書会に参加したり、知らない人の中によく入っていけるなあと感じているらしい。


かなりオバサン入ってるんだけど、私は知人を見つけると手を振らずにいられないみたいで。
まず「あ~、こんにちわぁ」と笑顔で手を振るところから始まる。ちょっと馴れ馴れしいかな。
あとは前職で人と関わる仕事をしていたので、初めて会う人に抵抗がないとうのもあるかも。
Yoga、特にアシュタンガをやっている人って、多分、興味のベクトルが同じというか、共感できる部分が多い人たちだと思ってるから、もともと知り合いだったとか、今日初めて会ったとか、あんまり気にならないんだよね。だからWSに行っても、お隣の人が1人だったりしたら、絶対話しかけちゃうし。
これはおそらく、誇れるワタシの長所ということなんだろう。

"笑顔で挨拶"

特に職場みたいな環境では大事にしてる。朝の第一声が一番大事なの。その日一日、他の人たちと気持ちよく仕事できるかどうかはここにかかっている気がして。
だからたとえ相手が適当な挨拶しか返さない人だとわかっていても、自分のスタンスは変えない。
これからもずっと。

ドラッカーでシンクロニシティ

  • August 19, 2010 11:04 PM
  • Others

今日は意外なシンクロニシティに遭遇。

今年話題になったあの本「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」通称「もしドラ」を職場の方が貸してくれた。
ブームに踊らされてるようでもあるけど、ドラッカーの言葉には共感できることが多いので、話題のこの本はぜひとも読んでおこうと思っていたので、貸していただけたのは大変ありがたい!

・・・で、仕事から帰宅して、夕飯を食べながら面白いTV番組ないなーと地上波デジタルに見切りをつけ、BSのチャンネルを確認していたら、ちょうどフジTVの「プライムニュース」が始まるところだった。
なんと!その特集がドラッカー。しかも前述の本がフィーチャーされていて、著者の岩崎さんも出演しているじゃないの。
TVなんていつも家事をやりながらの"ながら見"しかしないんだけど、今日はTV見ながら家事(微妙な違い)となった。
うーん、これは今日私に与えられたメッセージなのかしら???

自主練 朝Yoga Club 第2弾

  • August 16, 2010 8:51 PM
  • Yoga

今日は7:30ドアオープン。
DVDのカウントにあわせてハーフプライマリーにしてみた。
20091103-002.jpg
ナヴァアサナでDVDを止めて、ウルドヴァ・ダヌラアサナから先は自分のペースで。
だいたい90分くらいでハーフを終えることができたみたい。

楽しいなあ。毎回、どうやって練習するー?なんて相談しながら、各自手持ちの本やDVDを持ち寄って情報交換したりして。
ほんとに、刺激しあえる仲間と一緒に練習ができることが幸せ。
欲をいえば、家の近所(徒歩圏内)で早朝自主練できるスペースがあればいいなあ。

ジャンプバック

  • August 13, 2010 8:47 PM
  • Yoga

うてなを連れて、家から車で10分程度の場所にある公園に初めて行ってみた。
ジョギングやウォーキングするのにぴったりの場所だなーと思いながらブラブラしていると!
ジャンプバックの時の引き上げの練習にぴったりのアスレチックが!!!

20100813-001.jpg
ダンダーサナ。・・・って、床のない場所でのダンダーサナ、すんごいキツイ!
太腿の前面がぴきーっとなりそうだった!

20100813-002.jpg
足をできるだけ引きつけて・・・、骨盤を丸めて腕の中を通す!

20100813-003.jpg
そのままお尻を上げて~、胸とアゴを床の方へ~・・・・って、ムリムリ。
ここでそれができたら体操選手になれるYO。

練習の副産物

  • August 9, 2010 10:21 PM
  • Yoga

口癖のように「減らない~、減らない~」と言っている私の体重。
そんな話をカオリ先生のWS後のランチの時にしていたら、「それは筋肉じゃない?」という話になった。
筋肉はなんと!脂肪の3倍重いんだってさ!!!!!

・・・まあ、明らかに体型が中年化していることは否めないけど、そんなに筋肉が重いなら、そういう要因も含まれているのかもしれないなーという気持ちになってきた。
いつ頃だったかな?ミカ先生に何度か「最近、アシュタンギーニっぽい身体になってきたね」って言われたし、ジム仲間も「最近Kさんの身体つきが変わってきた~」と言われることは多くなっていたっけ。やっぱり筋肉かな?(除 お腹のぽにょ)

それと「オバサンになってきたから、肩にもお肉がついてきたんですよねえ」とボヤいたら、「あ、それも筋肉だよ。アシュタンガやると肩に筋肉つくんだよね。」と言ってくださった方が!
そう言われてみたら確かにねー、肩も上腕二頭筋も鍛えられてないとアシュタンガはできないからねえ。


今日は勤務先でも、会長に「Kさん腕の筋肉、すごいついたねえ。後ろから見てびっくりしたよ。」とひとしきり感心された。
そんな話をダンナにしたら、ダンナも「うん、最近、後ろから見てるとさー、アナタの身体、どんどん逞しくなってるよね。」と、なんと身内までそう感じていたらしい・・・。
練習の成果が身体に表れているのはうれしいんだけど、私の腕は一生細くならないのね・・・。

所感

  • August 6, 2010 9:27 PM
  • Yoga

6月からスタートした早朝自主練。
絶対毎朝やっているわけではないし、スタンディングポーズを全部やることもほとんどないし、ストレッチだけで終える日も多いけれど、その効果は少しずつ表れている。
少しずつだけど、身体が動きやすくなっているのがわかる。
自主練ではなかなか感じにくいけど、ヨガクラスでカウントに合わせて動く時に、身体の軽さを感じるようになった。


99% practice, 1% theory


無理のない程度に、今後も続けよう。
ベッドから出る時、毎回葛藤すると思うけど(苦笑)。

自主練 朝Yoga club

  • August 4, 2010 11:12 PM
  • Yoga

「自主練、やろー、やろー!」というのが口だけでなく、ホントに実現した。
これもいろいろお膳立てしてくれたしょうちゃんのおかげ。しょうちゃん、いつも本当にありがとう☆

7:00AMスタジオオープン。スタジオを貸してくれたオーナー(かっこよく言うと)は、「ほんとにやるんだ?好きだねえ」と呆れ顔をしつつも、「こうやって仲間同志、呼びかけて集まるのっていいね!」と賛同してくれた。

集まった4人それぞれの体調もあるので、とりあえず今日はマイソール式で進めることにした。
でもマントラは唱えようよ!と全員で声を合わせてマントラからスタート。
なんか、やる気スイッチはいる。
宅練とちがって集中できるし、時間もたっぷりあるのでハーフ&フィニッシングまで終えることができた。でもうっかりプルヴァタナアサナ抜かしちゃった!ウルドゥヴァ・ダヌラアサナもぜんぜん上がりきらないし、3回目は2呼吸くらいで限界だった・・・。あと、シルシャアサナは力尽きて倒れそうだったので勝手に省略。
練習後はまたできないポーズの確認やら、苦手なポーズの練習法やらの情報交換。
情報交換はさらにその後の朝食タイムまで続いた。
その朝食タイムの間に、仕事に行ったふーみんから「次の練習日はいついつがいいでーす」ってリクエストのメールが入ったのには笑った!
やっぱり私たち、madだね。

あーあ、もっと近所でもう少し早い時間から気軽に使える場所があったらいいのになあ。

カオリ先生WS 第3弾

  • August 1, 2010 10:46 PM
  • Yoga

今日はカオリ先生のWS第3弾。
前屈にフォーカスした内容。

実は前屈っていうとシッティングのアサナで深めていくのかと思っていたんだけど、もっともっと基礎からの確認だった。
まずはウジャイ呼吸の確認。
マットをくるくる丸めて、肩甲骨をマットに乗せて胸を広げてウジャイ呼吸の練習。
意識するとますますお腹がぺこぺこ動いちゃうし、ウディアナ・バンダを引き上げようとするとお腹がカッチカチになるんですけど・・・。
ウジャイ呼吸は苦しいものではなくて、苦しくない呼吸ができると身体に拡がりができてポーズがとてもラクにできるらしい。
そういえばランチした時、「先生はウジャイ呼吸が通ってるところって、普通に息してるところと違う気がする」と言っていた。
ん~。まだまだ学ぶことが多すぎる。

呼吸を大切にしながら、静かな場所を探す
と先生は何度も言っていたけど、静かな場所がなかなか探れない・・・。

そして前屈の確認と練習。
スタンディングの前屈、地味にキツイ。足はまっすぐのまま、スロモーで股関節から曲げていく。呼吸に合わせ、身体を伸ばしてはお腹と腿を少しづつ近づけていく。
ほんとキツイ。じわじわと汗が出た。
ダウンドックやプラサリタパードタナアサナでも同じように練習と確認。
たまにこうして、ひとつひとつ基礎を確認することってすごく大切だなと思った。
今後の練習に活かしていけるといいのだけど。意識しすぎたり、すっかり忘れたり、なかなか掴めた!って思える瞬間は来ないものだ・・・。

WS後は、気付くと身体がぎくぎくしてた。ロボットみたいなかんじ?輪ゴムで留められた割り箸の人形みたいな。相当、脚の裏側を使ったみたい。

Index of all entries

Search
Feeds
Twitter Updates
    follow me on Twitter
    Blog Parts

    Return to page top