September 2010 Archive

ヨガフェスタ2010 vol.2

  • September 26, 2010 10:48 PM
  • Yoga

今日はふーみんと一緒に会場入り。
今朝も会場でミカ先生をはじめ、顔見知りの方と挨拶を交わした。1年経つと自分を取り巻く環境もすごく変わるんだね。

さて今日のレッスンは、去年同様、マキノカオリ/柳本和也/更科有哉先生によるアシュタンガ。
去年初めて3人の先生のクラスを受けた時、3人ともなんてカッコイイんだろう!と男性アイドルにすら熱を上げたことのない私が、ぽーっとなったくらいだから、またそのクラスを受けられるのをとても楽しみにしていた!
でもね・・・、


このクラスがマイソールだっていうの、ヨガフェスタの直前に知ったんですけどorz。


講座の説明をよく読みましょう~。


普段からマイソールスタイルで練習をしている人は前の方で、初心者は後ろの方で、とのことだったので、やっとこさハーフの私たちは後ろへ。
マットを敷いて準備をしているとカオリ先生が来て「おはようございます。もう身体は大丈夫ですか?」と声をかけてくれた。ミカ先生から手術のことを聞いて覚えていてくれたみたい。
思わずマットの上に正座して「ハイ!もう1ヶ月経ちました!!!」と答えた私。
始まる前からヒデキ、いや、ヤスエ感激~(涙)。
さて、そんなこんなでもたもたしている間に、前の方の人たちはさっさと練習を進めていく。さすがだ!!!
覚悟を決めて(?)スリヤナマスカーラ。
すでにAの時点で有哉先生が来てダウンドックを修正してくれた。「肩の力抜いて~、おへそ見て~」ぐいぐいと腰を後ろに引かれる。
しばらくするとカオリ先生も来てやはりダウンドック修正。まずかかとをぐいーっと踏まれ、広げた足の幅と足の力の掛け方を修正。そしてやっぱり腰をぐいーーーーーっと。もうね、手のひらがマットから離れかけてたと思う。基本なのに難しい、ダウンドック。
パダングシュタ・アサナでも有哉先生から「もうちょっと足を開いた方がいいな。背中伸ばして。」と声をかけられた。こういうのがマイソールの醍醐味だなー。
私がプサリタ・パドッタナアサナBをしている時、後ろのふーみんがCをしていて、和也先生のアジャストで腕が床に着いたのを見て、かなりうらやましかった!
・・・って、全然集中できてないじゃん!!!
次、私もCなんだけどな~って思ったけど、残念ながら和也先生はスルーして行ってしまい、内心ガッカリ。私もまた床に手をつけてみたかった!!!
気付いてみればティリアングムカイカパダ・パスチマッタナアサナを飛ばしていたけど、ハーフ(+ブジャピタアサナ)を終え、フィニッシング、シャバアサナ。
でも落ち着いてシャバアサナできないのよ~。近くの人が先生にアジャストしてもらっていると、それが見たくなって起き上がってみたり、起き上がると前の方の人たちがセカンドシリーズのアサナをアジャストしてもらったりしているのが見えるので、見入ちゃって。だって見るのも練習だもーん。
いやあ、いいもん見た、見た!見せてもらった!!!
いつかはセカンドまでいけたらいいけど、今はとにかく、気持ちよくプライマリーをすることが目標だな。


レッスン終了後、TOKYOYOGAのブースでいいものゲット!
マイソールで持っている人が何人かいて、「会場で買えますよ」って教えてくれたの。
20100926-001.jpg
プライマリーシリーズの手ぬぐい~☆
さりげなくポーズの確認&手が届かないポーズの時にはサポートグッズとしても使えるじゃん!
マントラまでのってるよ~。デザイナーさんのセンス、抜群!
twitterでフォローしている方がデザイナーさんとお友だちということで、デザイナーさんのブログを教えてくれました!ええ仕事してはるわ~、ほんと。
でも、もうちょっとで色(ピンク)にひかれて私にはまだ必要のないインターミディエートシリーズの方を買ってしまうところだった・・・。

ところで、昨日も今日も、ヨガをして満足しているはずなのに、帰宅する間とか、帰宅してから、なぜか些細なことでイライラして仕方がなかった。合点がいかないなー。

ヨガフェスタ2010 vol.1

  • September 25, 2010 9:49 PM
  • Yoga

待ちに待ったヨガフェスタ
去年のヨガフェスタで初めてふーみんと会ったんだよなあ。ヨガフェスタ後スタジオで、「楽しかったよねえ。また行きたいねえ」って遠い目して振り返ってたのに、もう1年経っちゃった!
しかも今年は一緒に参加できる仲間がいるのだ!!!

今日はG氏と会場まで一緒に行った。G氏は興奮して1時間しか寝られなかったって!
ん~、でもその気持ち、わかる!!!
会場に着くと、ちらほら知人にも会ったりして、なーんかいっぱしのヨギーニっぽいぞ。

ULTのブースでやっていた「スワロフスキー美容鍼」がとっても気になったので、しょうちゃんを待っている間にやってもらっちゃった!
20100925-001.jpg
両耳で1,000円也。食欲を抑えるツボと若返りのツボにお願いした。

そして今日はまず、ケン先生の「アシュタンガヨガフルプライマリーシリーズ徹底講座」、そして綿本先生の「バンダ入門」。
ケン先生のクラスでは、カオリ先生のWSで知り合ったHちゃんにも久しぶりに会えた。
私、しょうちゃん、G氏の3人は会場のやや後ろ目の中央付近に陣取れた。
さすがにヨガフェスタということもあり、今日初めてアシュタンガをやる人もいてレベルはかなりバラバラなかんじ。前半は、参加者を見本にしてアサナを超スピードで解説、後半はフルプライマリーレッド。
ケン先生ってスゴイ人なのに、このゆるさは何なんだろう???ポーズは無理をせず、呼吸を深く!と言ってくれるので気がラクだー。しかもカウント早っ!

ケン先生のブログ

20100925-002.jpg

20100925-003.jpg

20100925-004.jpg

ゆるめだと言っても、終わると汗だくだけどね・・・。


このクラスが終わると30分の休憩後にすぐ綿本先生のクラスが始まってしまう!用意してきた軽食で小腹を満たした。
このクラスではHちゃんが素早く場所取りをしてくれ、ほぼ中央の前から2列目をゲット!
そんな前にいたのに、午前中の疲れが出て、あくびとかしてたんだけど・・・orz。
綿本先生ってリアルでお会いするのもレッスンを受けるのも初めて。意外と面白い方なんだなーというのが印象。
そして、最初にポイントをまとめたレジュメが配られ、内容はかなり理論的。
ユカ先生は綿本先生に師事しているので、今まで教わったユカ先生のパワーヨガのレッスンに、いかに綿本ismが浸透しているかがよくわかった。学んだことを間違いなくきちんと伝えているユカ先生もすごいけど、たくさんの弟子に細部まで綿本ismを浸透させる綿本先生もスゴイ!


さすがに午前3時間、午後3時間を終えるとぐったり。
展示ブースをゆっくり見たかったけど、展示ブースのあるエリアは暑いし、荷物は重いし、疲れているし、お腹は空いているしでギブアップ。
帰りの電車の中でポンパドールのパンを3つ食べ、ようやく一息つけた・・・ってかんじ。
そして明日も朝イチのクラス。頑張って起きないとー。



さすがにグロッキー

  • September 18, 2010 8:44 PM
  • Yoga

8月にオープンしたばかりの地元のヨガスタジオに行ってみた。
ここはなんと、AM6:30からマイソールレッスンがあるのだ!
・・・とはいえ、いきなりマイソールに行く勇気はないし、しばらくまともな練習もしていないので、まずはハーフのクラスを受けてみることにした。


行ってみたらなんと!レッスンは私だけ???
初めての先生とマンツーマンとは!内心、焦る、焦る!
1年くらい細々と練習してますと自己申告したら、じゃ、様子見てフルやっちゃいましょ、と言われ、ますますひえ~ってかんじ!
プライマリシリーズは、全てをやって初めて浄化されるものだから、途中でやめるのはもったいないんだって!


先生のカウントは少し変ってる。歌うようなカウント。
マンツーマンだと呼吸がバレバレだから、これまた緊張するー。
最初の方では、1呼吸1動作を意識するようアドバイスされた。

たとえば・・・
ウッティタ・トリコナアサナB。エーカムの一息で一気に身体を捻って床に手をつく
ウッティタ・ハスタ・パダングシュタアサナ。エーカムですっと前に足を上げて親指を取る

そうえいば、横向いて~、手を挙げて体側伸ばして~、床に手をついて~って、何回呼吸しているかわかんないや。
ウッティタ・ハスタ~も親指掴んで足を前に伸ばすまでにすでに1呼吸しちゃってるし。
途中で呼吸を足せば足すほど、疲れたり苦しくなったりするらしい。アサナの完成度が高くなくても、呼吸に導かれて動けると、とても気持ち良く動けるそうだ。
呼吸とともに動く」シンプルに聞こえるけど、本当に難しい。

いや~、しかし今日は、もう次でやめさせてもらおうって、何回思ったか!
次でやめますって言おうと思うと、次のアサナは比較的楽にできたりして、もうちょっとやってみるかという気持ちになり、また苦しくなって次でやめますって言おうと思う・・・の繰り返し(苦笑)。
でも、フルのアサナをマンツーマンで教えてもらえることはそうそう滅多にないことなので、得ることは多かった。
シャバアサナに入ると、大きな窓から気持ちのよい風が身体の上を通り過ぎていくのがとても気持ちよかったのと、苦しさから解放されたからか(苦笑)、涙が出た。心が開いて涙が出た・・・というのとは違うと思う。


次はぜひマイソールに参加してみたい。
でもAM5:30には家を出ないと仕事の前に練習するのは無理だ~。
「朝、起きたら布団の中で起きようかどうしようか悩んでないで、まずスタジオに来て。スタジオでうだうだして、結局練習しなくたっていいの。とにかく起きてヨガする場所へ行くことを続けるだけで自信につながるから。」
という先生の言葉が沁みた。


ところで、今日はスタジオに行く時、びっくりすることが!!!
なんと途中の駅でミカ先生にバッタリ会ったのだーーー!
2~3日前から、ミカ先生に会いたいなって思っていたので、そんな偶然?いや必然?がとってもうれしかった!

流血さわぎ

  • September 14, 2010 9:34 PM
  • Yoga

顎を床につけるのが怖いブジャピタアサナ。
今朝の宅練で、勇気を振り絞って顔を下げたら・・・・・、


顔面強打!

歯で唇を切り(歯並びが悪いため)、ちょうどメガネが乗っかる鼻筋を打った。

正直、泣いた。orz。


すぐに唇が腫れてきた。


起きてきたダンナに「練習してたら顔面から落ちた~」と腫れた唇を見せると、「なんでヨガの練習で顔から落ちて怪我するんだ?」と呆れ顔。
1年前よりは確実に足も上がって、足の先がやっとからめられるようになったけど、バンダがたりないのと、腰から前屈できてないせい。頭でわかっていても身体がわからない。
道のりは遠いのだ・・・。がくーーーーっ。

難関アサナの練習

  • September 12, 2010 8:20 PM
  • Yoga

3週間ぶりのユカ先生のクラス。
久しぶりにしょうちゃんと2人だったので、スリヤナマスカーラの後は、フルのポーズを少しずつ教わることになった。
でもスリヤナマスカーラだけでも修正されるところ満載。(汗)
まず私は足に体重がしっかり乗っていないし、呼吸を背中に通す感覚がいまだにつかめていないと感じている。ジャンプバックもジャンプスルーも、最初の頃に比べれば若干マシだけど、イメージするようにはできない。
・・・とはいえ、AB5回ずつやる頃には、汗が滴り落ちるほどだった。

ユカ先生によれば、私もしょうちゃんも、呼吸の「吸う」「吐く」がハッキリしすぎているらしい。吐ききって吸う、吸い切って吐く、ではなく、「吸うーーーーーー吐くーーーーーー」となめらかにしていくと、余計な力が入らないそう。なるほど~。


昨日にひき続き、ブジャピタアサナ。
なんとか足の先が引っかかるようになったものの、アゴから降りていくのがどうしても怖い。
昨日の今日で筋肉痛の上、さらに何度も練習してたら、腕は限界に。
次のクルマアサナは、実はかなり苦手。身体が硬いので、開脚前屈はいまだに胸が床につかない。ガルバ・ピンダアサナで腕を通す時は、まっすぐ入れようとせず、ななめに差し込むのがコツなんだそう。片方やっとはいっても、もう片方入れるスペースなし。orz
あーでもない、こーでもないと詳しく教わっていたら、あっという間にレッスン時間終了~。


レッスンの後はしょうちゃんと反省会?。
スイーツを食べながら近況報告やら、情報交換やら。
先生に必ずアシストされるポーズの話になり、プラサリタパードッタナアサナCで組んだ腕をぐーっと下げられるという流れになったときのこと。もちろん、私も毎回ぐいぐい下げられる。ミカ先生のレッスンでもここにくると必ず私のところに来てくれて、ぐいぐいアシストしてくれた。
・・・でふと気がついた。昨日のレッスンでは、なんと、下げられた手が床に着いたよ!そういえば!だから腕と肩甲骨が痛いんだ。でも、手が床に着くなんて、よく考えたらスゴイ!先生のアシスト、上手だなとは思っていたけど、そこまでやっていたとは、やっぱり恐るべし、先生のアシスト。

地元でアシュタンガレッスン!

  • September 11, 2010 10:05 PM
  • Yoga

今日は地元の公民館でアシュタンガレッスン。
レッスン内容について問合せをしないまま参加させてもらったら、フルプライマリを時間の許す限りやるということ!どうりでレッスン時間が2時間近くあるわけだ。
それは願ったり叶ったりなんだけど、手術前後3週間近くまともな練習をしていないので、リハビリのつもりで申し込んだため身体がどれだけ動くのかはかなり怪しいかんじ。(汗)


でも先生のカウントを聞くと、ついいつもの調子で動いてしまったし、なんとか動けた。


ハーフが順調に終わり、フルのアサナへ。
ブジャピタアサナは、頭を床に付けたら顔も上げられない、お尻も下げられないでフリーズしてしまい、「せんせ~、た~す~け~て~」ってかんじ。自分でも笑っちゃった!
スプタクルマアサナでは、足を首にかけるのは意外と呼吸でなんとかなるものよ、と先生に言われ、アシストしてもらってチャレンジしてみた。でもさすがに私には限界が!!!もう少し肩が中に入れば行けるかもしれないらしい。自分一人ではそこまでできないので、これはいい経験だった。

ガルバ・ピンダアサナは、ふくらはぎがししゃもの人とかはなかなか手が入りにくいみたい。そうだよね~、隙間が空かないもん。
その後は時間の関係でで切り上げ、フニッシング。
シルシャアサナでは、皆さん、足が上がらなくても壁を使わずトライしているのがスゴイ!と思った!私は久しぶりで倒れそうなので壁の前でやらせてもらった。いつもできないハーフベントは、とにかくお尻を後ろに引いていくみたい。なるほど・・・。


こんなに長くアシュタンガのレッスンをしなかったことは、この1年ほどなかったんだけど、去年、絶対こんなポーズできないでしょって苦笑いしてたポーズが、そのうちできるかも、に確実に変わってきていることが本当に驚き。

レッスンの後は、皆さんとランチをさせてもらった。
やっぱり皆さん、すごくアシュタンガが好きで、アシュタンガのレッスンに飢えてる(笑)。そしてM先生の明るい人柄に魅かれて楽しくレッスンしているのがすごく印象的だった。
また仲間が増えてほんとうにうれしーーーーー♪
このレッスンは私の地元では月1回しかないそうだけど、次回も絶対行こうと思う!!!

術後検診

  • September 8, 2010 8:52 PM
  • Health

退院後の検診。
切除した患部は12等分にしてさらに詳しく検査されているそう。ダンナは手術直後の家族への説明で、切除した塊を目の当たりにし、「これを12等分して検査します」と言われたらしい。
その塊、ワタシが見たかったかも。だって自分の身体の一部だし。
まあ、そんなわけで、その検査結果が出た。

結果、術前に出ていた結果より悪い細胞はなかった。
経過観察範囲内。


・・・ということで、次は3ヵ月後に検診でOK。
よかったー。
それでまた問題なければ、検診と検診の間が少しずつ空いていくということらしい。
とりあえずほっとした。


Index of all entries

Search
Feeds
Twitter Updates
    follow me on Twitter
    Blog Parts

    Return to page top