さすがにグロッキー

  • September 18, 2010 8:44 PM
  • Yoga

8月にオープンしたばかりの地元のヨガスタジオに行ってみた。
ここはなんと、AM6:30からマイソールレッスンがあるのだ!
・・・とはいえ、いきなりマイソールに行く勇気はないし、しばらくまともな練習もしていないので、まずはハーフのクラスを受けてみることにした。


行ってみたらなんと!レッスンは私だけ???
初めての先生とマンツーマンとは!内心、焦る、焦る!
1年くらい細々と練習してますと自己申告したら、じゃ、様子見てフルやっちゃいましょ、と言われ、ますますひえ~ってかんじ!
プライマリシリーズは、全てをやって初めて浄化されるものだから、途中でやめるのはもったいないんだって!


先生のカウントは少し変ってる。歌うようなカウント。
マンツーマンだと呼吸がバレバレだから、これまた緊張するー。
最初の方では、1呼吸1動作を意識するようアドバイスされた。

たとえば・・・
ウッティタ・トリコナアサナB。エーカムの一息で一気に身体を捻って床に手をつく
ウッティタ・ハスタ・パダングシュタアサナ。エーカムですっと前に足を上げて親指を取る

そうえいば、横向いて~、手を挙げて体側伸ばして~、床に手をついて~って、何回呼吸しているかわかんないや。
ウッティタ・ハスタ~も親指掴んで足を前に伸ばすまでにすでに1呼吸しちゃってるし。
途中で呼吸を足せば足すほど、疲れたり苦しくなったりするらしい。アサナの完成度が高くなくても、呼吸に導かれて動けると、とても気持ち良く動けるそうだ。
呼吸とともに動く」シンプルに聞こえるけど、本当に難しい。

いや~、しかし今日は、もう次でやめさせてもらおうって、何回思ったか!
次でやめますって言おうと思うと、次のアサナは比較的楽にできたりして、もうちょっとやってみるかという気持ちになり、また苦しくなって次でやめますって言おうと思う・・・の繰り返し(苦笑)。
でも、フルのアサナをマンツーマンで教えてもらえることはそうそう滅多にないことなので、得ることは多かった。
シャバアサナに入ると、大きな窓から気持ちのよい風が身体の上を通り過ぎていくのがとても気持ちよかったのと、苦しさから解放されたからか(苦笑)、涙が出た。心が開いて涙が出た・・・というのとは違うと思う。


次はぜひマイソールに参加してみたい。
でもAM5:30には家を出ないと仕事の前に練習するのは無理だ~。
「朝、起きたら布団の中で起きようかどうしようか悩んでないで、まずスタジオに来て。スタジオでうだうだして、結局練習しなくたっていいの。とにかく起きてヨガする場所へ行くことを続けるだけで自信につながるから。」
という先生の言葉が沁みた。


ところで、今日はスタジオに行く時、びっくりすることが!!!
なんと途中の駅でミカ先生にバッタリ会ったのだーーー!
2~3日前から、ミカ先生に会いたいなって思っていたので、そんな偶然?いや必然?がとってもうれしかった!

Comments:0

Comment Form

Search
Feeds
Twitter Updates
    follow me on Twitter
    Blog Parts

    Return to page top