Yoga Archive

ベストタイミングを待つ

  • March 5, 2011 10:20 PM
  • Yoga

今日はミッチー先生のレッスンに、ミカ先生、まゆまゆ先生、まゆまゆ先生のイントラ仲間のMさん、ジム仲間のMさんの4人が参加。久しぶりにしょうちゃんも来た。
レッスンの後は、担当レッスンがあって先に帰ったミカ先生以外のメンバーでランチ。
なーんか、またこうしてヨガ仲間が増えてうれしい。でも不思議なのは、もともとどこかで繋がっている人が多いんだよね。私にとっては、そんな出会いを楽しめるのもアシュタンガの楽しみのひとつ。

困った時の@「今日和」
20110305-001.jpg

まゆまゆ先生とゆっくりお話するのも初めてだったので、いい機会だった~。
しかもまゆまゆ先生と私は同い年と判明~!!!寄寓だわ~。

イントラMさんとまゆまゆ先生は、来週から始まるケン先生のTTに参加するんだって。
なんか私も受けたい気持ちがムクムク湧いてきた。
しょうちゃんも私も、もちろん、いつかはケン先生のTT受けたいと思ってたわけだけど、まだまだ自分のレベルじゃ無理かなって思ってたんだよね。
そんなこと気にする必要なかったのかなーと、ちょっと後悔の念もよぎる・・・。
でもやっぱり、その人、その人によって、やってくるベストタイミングは違うだろうから、人と比べて焦る必要はないはず・・・。
心の準備と資金(←これ大事)は準備しておこう。

ハイテンションな一日

  • February 27, 2011 9:41 PM
  • Yoga

今日のユカ先生のレッスンはハーフのレッドクラス。
そして夕方には以前行ってたジムで、ミカ先生のアシュタンガの有料レッスン。
(そんな1日だったので、朝はハーフでちょうどよかった・・・。)

ジムに行くのは半年ぶりくらい???ジムのヨガ仲間と一緒にミカ先生のレッスンを受けられるのは本当に楽しみで。レッスンが始まる前、顔見知りの人を見つけては立ち話。ワタシ的にはいつも以上にハイテンションなかんじでレッスンは始まった。
今日はちゃんと「アシュタンガ」とうたったレッスンなので、チャンティングもあり。
鏡のあるスタジオで動くのはほんとに久しぶりで、気になっちゃうかなーと思ったけど、意外と他の人のことも鏡に映る自分も気にならずに集中できた。
今日のレッスンで一番気持ちよかったのは、苦手なウルドゥヴァ・ダヌラアサナがすんなり、上がったこと!自分でも「え???」ってかんじだった。ミカ先生もアジャストしてくれて、なんとか3回、やりきれた。いつもあれくらい気持ちよく上がるといいのになあ。

レッスンが終わった後、楽しかったね、気持ちよかったねって、周りの人と動いた時間や空気を共感するのも好き。
ヨガ仲間のIさんから、あらためてKinoのDVDを貸してもらえることになり、これまたハイテンションな私。
そして来週、ミッチー先生のレッスンにミカ先生、まゆまゆ先生、ジム仲間のMさんと一緒に参加する話で盛り上がった。地元でアシュタンガの練習できるところは少ないからね・・・。
そして最後に話の盛り上がったメンバーで記念撮影~☆

20110227-001.jpg


Kino効果

  • February 26, 2011 10:27 PM
  • Yoga

今日はミッチー先生のレッスン。
レッスンが終わったあと、ミッチー先生に「Kさん、ジャンプバックが上達したね」って言われてガッツポーーーーーズ!Kino効果だよーーーー。

この高揚感はいったい、何だろうか?
ずっと三段の跳び箱さえ跳べなかったのに、ある日跳べるようになって、そしたら四段も五段も跳べるようになった時の小学校四年生の頃の気分。
自分で自分の身体をコントロールできる喜び・・・でもあるような気がする。

ガルバピンダも、水を使うか、レッグウォーマーを腕にはめると何とか、腕が通るようになり・・・(肘までは入らないけど)、Kino効果でスプタクルマで手が届くようになり・・・、私でも出来るんだ、出来るようになるんだ!って、どんどん自信にもつながっていく。練習も楽しくなる。

あ~、マイアミに行ってKinoのWS受けたい!!!
でも語学力にやや難ありだからな~。なんとなく全体感は理解できそうだけど、細かい部分で聞き取れなかったり、すぐに理解できないこととかありそうだし・・・。
何より、マイアミって遠いんだよな・・・。ハードル高し。

Kinoが教えてくれたこと

  • February 19, 2011 9:01 PM
  • Yoga

You TubeにあがってるKino MacGregorのWSのビデオがスゴイ!!!

ジャンプバックのコツがすごいよくわかる!!!
何度も何度も見ちゃった!!!
ラグを敷いていれば、何とか手の間に足を通すことはできるから、あとは腕を曲げることと、下を向かずに顔を前に向けていればいいんだ!ってKinoのビデオ見てわかった。
もうね、「WOW! WOW! Kinoスゲー!!!Kinoスゲーよ!!!」って、ビデオ見ながら何度叫んだかわかんないよ。大興奮。




これもスゴイの!

スプタクルマアサナで、なかなか背中で手が取れないんだけど、Kinoのビデオ見ながらやってみたら!
ガッシリってわけにはいかないけど、届くじゃーん!!!
Kinoスゲーよ!!!

明日の練習が楽しみ☆


気付き

  • February 17, 2011 8:58 PM
  • Yoga

最近、少しだけアサナが深まったと感じる。
何でもそうかもしれないけど、ジタバタと横ばいの時期が過ぎると、カタンと階段を一歩上がったような・・・そんな成長を感じる。

以前より、格段に前屈が深まってきたのと、前より、ウッティタハスタのコツがわかるようになったかも。

ボルダリングジム

  • January 16, 2011 11:00 PM
  • Yoga

ヨガ仲間とスタジオ近くのボルダリングジムへ行ってきた!

もともとインドア派の私。そして超こわがり!フィールドアスレチックとか、足元がガラ空きのものは怖くて身体が竦んじゃう。ジャングルジムですら、てっぺんに到達するまでの間に「ちんさむ」だもん。
なのに、実は行く前からウキウキしちゃって、とっても楽しみにしていた。
実際、壁を目の前にしてみて、あんなちっちゃいものに掴まってあんな高い場所に登っていけるのか???という不安がよぎらなかったかといえば嘘になる・・・。

でもねえ、いつも楽しく練習してる仲間と、またヨガ以外のことで楽しい時間を共有していることが、たまらなくHappyなんだな。
・・・で、そういう高揚感からか、ボルダリングという行為がヨガに通じるところがあるからなのか?すっごい楽しかった!

20110116-001.jpg
思わず笑顔!
20110116-002.jpg
ユカ先生、こんな場所でも何かのアサナ?
20110116-008.jpg
しょうちゃんも晴れやかな笑顔なのだ!
20110116-003.jpg
最後まで積極的にチャレンジしてたりんちゃん、カワイイ☆
20110116-004.jpg
マサキさんに勝るチャレンジャーはいないでしょ!
20110116-005.jpg
スタイル抜群のキミちゃんはリーチが長いから軽々!
20110116-006.jpg
ふーみんのスタミナもハンパない!
20110116-007.jpg
トム・クルーズになりたかった男、G氏あらためGyouさん、ポーズ決まってるよ!Good job!

やっぱり何かを達成していくっていうのは気持ちがいいことなんだろうなあ。
またみんなと一緒にぜひ、行きたい!

もしできれば・・・実家の目と鼻の先にかなり昔からあるボルダリングジムにも行ってみたいな。
今回行ったジムのスタッフさん曰く、こちらはかなりスゴイ人たちが集まるところらしい。老舗だからかな???ロビンを飼いだした頃からあったから、15年以上は経ってるような???

2011年初マイソール

  • January 9, 2011 10:41 PM
  • Yoga

今日はユカ先生の初レッスン。ついでに言うと初マイソール。
久しぶりにG氏もスタジオに来た。しかもDVDのお土産付きで☆G氏、Thanksなのだ。

昨晩、ダンナと共通の知人と食事をしたので、お腹がちょっと重かった・・・。マリーチDなんて、ひねったらげっぷが出そうな・・・。練習前夜の食事に注意。
今日はなんとか、かんとか、ブジャピタアサナで顎を床に付けることに成功。自分のイメージとしては、腰から前屈する=腰を後ろに下げていくっていうかんじだった。
でも問題はその後。顎が床についた状態から身体を起こすのに一苦労。なんとか上がったと思ったら、勢いで後ろに転がっちゃうし。
そしてその後もなんとか進めてみて、ガルバ・ピンダアサナにもトライ。お水を持っていたので、手足をべちょべちょにして腕を入れてみたら、なんとか両手を入れることには成功したけど、とても肘までなんて入らないぞー。(汗)まだまだ道のりは遠い・・・。

昨日もそうだったけど、しばらく練習しないとシルシャアサナの感覚がイマイチになる。
頭の位置が定まらないというか・・・、15カウントももたないし。
シルシャアサナくらい、毎日練習したいところだよなあ。
今年も課題満載。

2011年初ハーフプライマリー

  • January 8, 2011 10:17 PM
  • Yoga

今日はミッチー先生のクラスの日。
お正月明けということもあって、フルではなくハーフプライマリー+バックベンドの壁練をすることになった。ペースもやや落とし気味に丁寧に。
やっぱり寒いし、身体は若干、重かった・・・かな?自分への言い訳???(苦笑)

相変わらず、ウルドヴァ・ダヌラアサナは苦手。どうしても胸を開くのが難しい。意識が腰にいってしまう。3回5カウント上げきれずにあきらめちゃうんだよなあ・・・。しょぼーん。
そして今日はそのあと、壁を使ってのバックベンド&カムアップの練習。
意外に他のメンバーはみんな、バックベンドできちゃってる!!!壁なしでもOKの人もいるし!!!
私にしてみたら、なんで?なんで?なんで???ってかんじで・・・。
何度トライしても恐怖感が先に立ってしまって、手を床まで下ろしきれない。

後で聞いた話。バックベンドできちゃってる人たちは、体操経験者だったり、子どもの頃は簡単にできてたよねーっていう人だった。だから恐怖感があまりないのかもしれない・・・。
それじゃあ、今までに1回もバックベンドやったことないっていう私ができなくても仕方ないね。・・・っと出来ない自分をあっさり受け入れることにした。
でも出来るようになりたいよなあ。いつか!

ミッチー先生によれば、プルヴァタナアサナがしっかり出来るようになると、バックベンドも格段にやりやすくなるらしい。ポイントは足。きちんと腿が内旋できて、足に力が入ると上半身がラクに開けるようになるらしい。
ひとつひとつのアサナが密接に繋がってる、アシュタンガ・ヴィンヤサシステム。やっぱりスゴイ!!!

ところで、メンバーの皆さんはヨガに限らず身体を動かすのが好きな人ばかり。アウトドア派なんだねー。しかも身体を動かすことだけじゃなくて、知的好奇心も旺盛。お話してるだけでほんとに刺激になる。私も頑張らなくちゃ。

2010アシュタンガラストレッスン

  • December 26, 2010 7:17 PM
  • Yoga

今日は2010年、ユカ先生のアシュタンガレッスンの締めくくり。
スタジオに入れる人数が限られているのと、練習の進捗度が違うことから2部に分かれてのレッドクラス。
先発組の私たちのスタートは5:50!私の電車の時間を考慮して決めてくれたらしい。ありやとございやす・・・。
家を出るとまだ月が煌々と空を照らし、通りのセブンイレブンの明かりが眩しすぎる・・・。
駅に向かう歩道橋から見える競馬場では、とっくに調教?練習?が始まっているみたい。
昨日の太陽礼拝108回がさすがに腕と腿裏にひびいてる。そりゃあそうだよね、腕立て伏せ108回やってるんだから。上腕二頭筋が張ってるってかんじ。

集合したのは6人。
ウッタナアサナすると腿裏がピキピキ・・・。早朝で身体が固いから?いや、それ以上に昨日の太陽礼拝が尾を引いているみたい。
順調にアサナは進み、なんとなんと、フィニッシングももれなく、最後のマントラまでぜんぶ終えることができた!!!
これはまんぼぅスタジオのレッスンでは初めてなんだよね!スゴイ、スゴイ!
レッスンが終わった頃、朝日がスタジオに差し込んできた。

レッスン終了後は朝食@ガスト。
みんなそれぞれ素晴らしいバックグラウンドを持っていて、でもいろいろ努力を怠らず、いろんなことにチャレンジしていて、本当に刺激になる。
アシュタンガの練習に限らず、自分も頑張ろうと思えるいい仲間に出会えたことは、本当に貴重だと思う。
とりあえず、1月にはみんなでボルダリングジムへ行こうという予定も決まり(笑)、新しいことにチャレンジする楽しみが増えた。楽しみ♪




夕方頃からますます腿裏の筋肉痛がひどくなってきた・・・。
翌日がかなりヤバそう・・・。


太陽礼拝108回

  • December 25, 2010 2:49 PM
  • Yoga

さあ、今年もそんな時期がやってきた!
今年はミッチー先生のヨガサークルでの108回。
最初はゆっくり身体をほぐし、いざ!108回!!!
ミッチー先生がカウンターをカチカチやりながら、吸って、吐いて、in、outとガイドしながら進んでいく。ダウンドックのキープはなし。ジャンプで移動しないとカウントに間に合わない~、ひー。
ひたすら、ひたすら、吸って、吐いて、上見て、下向いて。

イスラム教だっけ?立ち上がって跪いて額を床につけて、また立ち上がって・・・っていうお祈りのスタイル。ちょっと違う動きだけど、なんだか自分がイスラム教徒にでもなったみたい。
あ、でもさすがに108回もお祈りはしないだろうなあ。

途中から、ウッタナアサナすると目に汗が・・・!!!
もう70回くらいいったかなあとか思っていると、先生が「50!」
ま、まだ半分以下ですかあ~???と内心思いながらひたすら続ける。
これ、もし1人でやってたら途中で心折れてそうだなあ。みんながやってるから、もうちょっと、もうちょっと頑張ろうって思えるにちがいない。
なんとか、なんとかやりきった!!!

家に帰るとダンナが開口一番、「お風呂、お湯おとしてないから入りなよ。」と言ってきた。
「あ~、すんごい汗かいたんだよぅ」と言うと、「知ってる。すんごい汗くさいもん!!!!」だって。
そんなに臭かったんだ・・・。
しかも、余裕こいてマスカラ塗って行ったもんだから、マスカラがぜーんぶ落ちて目の下真っ黒orz。誰か気が付いてたら教えてくれたらよかったのにぃ~(泣)。あんな顔で街中を平然と歩いていなんて、恥ずかし~!!!


でもとっても楽しい時間だった!来年も(笑)ぜったい参加する~♪


スプタクルマアサナと受話器

  • December 11, 2010 10:37 PM
  • Yoga

今日はヨガサークルでの練習。
久しぶりにG氏とも会えて、久しぶりに同じ空間でG氏、しょうちゃんとヨガできた。

ミッチー先生は無理だと思えるチャレンジポーズにもどんどん挑戦させてくれるし、そこに行くまでの身体の使い方もわかりやすく教えてくれる。
今日私がウケたのは、スプタクルマアサナ。完成形は首に両足首をひっかけて眠った亀の状態になるわけで、先生が足を首にかけるコツを「足の裏をね、電話の受話器みたいに"もしもし?"ってやるかんじで」って説明したのがわかりやすかった~。
いや、もちろん、私はまだ普通のクルマアサナですら青息吐息だからまーったく無理だけど。
やってみたけど、足の裏を耳の横にもってくることすら無理~(汗)。
G氏は先生のアジャストで完成形までやってたよ。

練習の後は、久しぶりに3人で反省会?
いろいろ話していると、時間が経つのが早いよ。

カオリ先生WS@Chiba

  • December 10, 2010 10:27 PM
  • Yoga

ミカ先生主催のカオリ先生WSに参加!
実は前々から声はかけていただいていたんだけど、勤務日の調整をお願いしないといけなかったので、モタモタしていたら満員御礼に。
キャンセル待ちにエントリーさせてもらった結果、なんとか参加させてもらえることに。
飯山満駅までミカ先生が迎えにきてくれて、カオリ先生、ミカ先生の練習仲間のモモちゃん、ヨガ初体験のアキコさんと会場へ。
部屋に入ってびっくり!だって、すごいたくさんの人が集まっているんだもん。ミカ先生スゴイ~!!!

クラスはカオリ先生のお話から始まった。アシュタンガの意味、そして今日意識すること・・・、

知足(サントーシャ)

「無理をしないで、今の自分に出来ることに満足してやりましょう」

そしてチャンティングへ。ところがここでもビックリ!だって、参加者のみなさんの大半は、マントラを知らないはず・・・?でもカオリ先生の力強いチャンティングに負けない大きな声。戸惑いがまったく感じられない!!!
私なんて、ゴヴィンダ先生のレッドクラスで、初めて聞くマントラに戸惑ってものすごいモソモソ小さい声で言ってたよ・・・。なんだかそんな自分が恥ずかしい~。
アサナはスタンディングまで。全員、真剣に取り組んでるっていう空気が流れてたな。やっぱり皆さん、ヨガがほんとに好きなんだろうなあ。

シャバアサナも終わり、質問タイム。ここでもいくつも気付きがあった。
ドリシュティで鼻を見てもボヤけてしまう・・・という質問をした方がいた。
カオリ先生は「あ、わかる!それってなんだか3Dみたいに見えるのよね。そうだ、そうだ、思い出した!私も最初の頃、3Dだった!・・・でもね、そのうちハッキリしてくるようになります。」と笑いながら答えていた。
・・・で、今更気付いたんだよね。私、ドリシュティできてないって・・・。鼻見るのがダメみたい。
指先は自然に目で追えるからいいんだけど、鼻、見るのがなんかつらくて視界前方の違うところをいつも見つめてる。これは次の練習から、ちょっと意識してみようと思った。
でもやっぱり、そんな質問が出てくること自体もスゴイな~。なんだかレベル高い。

クラスが終わった後は記念撮影ターイム!
20101210-001.jpg
ミカ先生、ユカ先生共通のおともだちまゆまゆ先生とも初めてちゃんとご挨拶できたのだ~。
WOW'Dで1~2回、まゆまゆ先生のクラスを受けたことがあるんだけど、お話するほどの時間はなくて。

その後はランチタイムをご一緒させてもらった。
行きたかったの~!!!

蔵六三三〇
20101210-008.jpg

平日のランチタイムで、しかも車でしか行けないへんぴな場所なのに、店内は満席。予約しないと入れないらしい・・・。
食事、ドリンク、スイーツのメニューも独特のネーミング。
牛乳屋さんが経営してるレストランなのね?乳製品がかなり特徴的。
20101210-002.jpg

20101210-003.jpg
オトコのコーヒー牛乳。苦くておいしいの。出し方も面白いね。
20101210-004.jpg
パスタのランチ
20101210-005.jpg
"蔵やき"というネーミングのピザ
20101210-006.jpg
"チーズの赤ちゃん"というネーミングだけど、食感はプリンそのもの。最後はビンに口つけてじゅる~って吸い込まないとダメなくらいふるふる。
20101210-007.jpg
12月生まれのカオリ先生へのサプライズで用意されていたケーキ!
お店側の演出が素晴らしくて、ケーキが運ばれてきた時のカオリ先生は、本当にサプライズしてパニくっていた!!!サプライズ大成功にミカ先生もうるうる。
そしてこのケーキの生クリームのおいしいこと、おいしいこと!6人でぺろりと平らげた(笑)。

皆さんに混じって話を聞いていると、なんていうか、カオリ先生は単にアシュタンガの指導者というだけじゃなくて、"人生のメンター"みたいなかんじなのかなあ。
そういう人に出会えるっていいなあ。私はそういう意味で、メンターみたいな人にはまだ出会っていないかもしれないなあ。そこまで全幅の信頼を寄せた人がいるだろうか???
・・・実はそんなことを考えていた。

連続レッスン2日目

  • November 14, 2010 8:46 PM
  • Yoga

目が覚めたら、AM6:00でびっくり!AM7:00に着くようにスタジオに行かないと練習が終わらない!今日は練習後、一回帰宅してLotus8に行かないといけないのに!
起きて30分以内に支度を済ませて家を出るなんて芸当、生まれてこのかた、初めてかも・・・。

最近、いつものスタジオは毎週新しい人が2人ずつくらい来てる。
アシュタンガを体験してみて、みんなどんな風に感じてるのかな???興味あるな~。
今日は昨日の夕方、整体に行ったせいか?そんなに足も痛みを感じずに練習できたかな。
午後にレッドクラスがあるので、軽めにやりまーす・・・なんて宣言しておきながら、まだまだどこで手を抜いたらいいのかわからず、結局フルパワーとはいかないけど、それに近いかんじで練習してしまった。

ウルドゥヴァ・ダヌラアサナの時、ユカ先生に一旦、長座するように言われて「ここを意識して」と肩甲骨のちょうど真ん中をぐーっと押された。背中の真ん中が、ミシ、ミシ、ミシ・・・って1ミリ単位で沈んでいって、胸骨が少しずつぐーーーっと開いていく。まだここが硬いんだあ。
だからこのアサナが苦手。軽々と身体が持ち上がるようになりたいなあ。






そして午後。Lotus8でのGovinda先生のレッドクラス。
そこで驚きの展開が私を待っていた!!!!!






受付での会話・・・
受付の方:「今朝はマイソールクラスがとっても混んでいたので、レッドクラスの参加者は少ないんですよ。」
私:「えーーー???マイソールやってきちゃったから、こそこそ手を抜こうと思ったのに???」
受付の方:「うーん、手は抜けそうにないと思います」
私:「ちなみに何人くらい参加されるんですか?」
受付の方「10名いるかいないか~?ですね・・・」
私「!!!!!」

確かに、スタジオに向かっている人もあまりいないし・・・、更衣室も誰もいなーい。
気を取り直して着替え、スタジオに入って待つ・・・。
するともう一人、スタジオに入ってきた。彼女はLotus8に来たのも初めてで、Govinda先生のクラスも初めてということだった。
そんなところへさきほどの受付の方が来て、

「レッドクラス参加者は4名になりました。」












マジですかぁぁぁぁ・・・・・・・!!!
だって、ただでさえ、Govinda先生というだけで緊張するのに、4人て、4人て!!!

結局、残りの2名の方の1人は、アシュタンガ経験のない外国人の男性で、ほぼ女性3人のレッドクラス。贅沢といえば贅沢。でも緊張Max orz。

レッドクラスは座ったまま、歌みたいなチャンティングから始まった。初めて聞くチャンティングだったんだけど・・・。みんなちょっと戸惑いながら、でも先生が何度も何度も繰り返してくれたので、最後にはなんとかなぞらえた。
それが終わるといつものように、サマスティティヒでチャンティング。あとはとにかく呼吸に意識を向けて無心にやるしかない~というかんじだった。
私は前屈が浅めなので、時々後ろから先生のアジャストが入る。あとヨガ・ムドラみたいにあと少しで手が届きそうな~、でも届かない~みたいな時にぐわしっ!ぐわしっと腕をつかまれ、ぎゅぎゅっと・・・(苦笑)。
シャバアサナでは、先生がアイピローを置いて回ってくれた。ハーブの香りが心地いいアイピローだったな~。
シャバアサナはけっこう長かったんだけど、きっちり2時間でレッドクラスは終了。
先生がスタジオから出た後で、3人揃って「緊張したぁ~。どうしようかと思った~」(苦笑)。
でもこんなこともいい経験だったなと、少し後で振り返って思う。




間違いなく、明日の朝の身体はバリバリ。


連続3レッスンのはじまり~

  • November 13, 2010 4:16 PM
  • Yoga

この土日は、フルプライマリーレッスンを3回予定している!
身体が持つのだろうか~?しかも、水曜のGovinda先生マイソールの筋肉痛も癒えてないよ・・・orz。

まずは月1回の地元ヨガサークル。
一丁前に、最近ではハーフでは身体が物足りなくなってきた。もちろん、最後のほうはバテバテなんだけど、無心にフルに取り組むのが楽しい。フルのアサナの順番も大分覚えてきた。
相変わらず、右側の臀部に違和感があるので、アルダ・バッダ・パドモッタナアサナが難関。私の右臀部はどうなっているんだろう???まあ、ここさえ越えれば、なんとか。アサナを進めていくうちに身体もかなりほぐれるから、シッティングに入る頃にはそんなに足を組むのも苦痛じゃなくなってる。

フルで私がつらいのは、開脚前屈。膝の裏が硬い???クルマアサナやウパヴィシュタ・コナアサナはガッチリ膝裏がロックされちゃって、ある一定以上前屈できない・・・。アゴをつけるなんてとーんでもない!ってかんじ。膝裏ってどうしたら伸びるのかなあ???

そういえば、最近、ナヴァアサナが以前ほどつらくなくなってきたように感じる。いや、もちろん、5カウント×5はほんと、キツイけどね・・・。


ジムでミカ先生のクラスを受けてたとき、もちろん、ハーフのアサナとか、フルのアサナとか、そんな知識も認識も全くなかったけど、できようができまいが、何気なくフルのアサナとか部分的にやってたんだよね~。「きゃー、難しい~、できなーい!」って、みんな苦笑いしながらやってたけど。フルのアサナをガイドしてたミカ先生もチャレンジャーだったんだな!!!
でもむしろ何の予備知識もないほうが、すんなり取り組めたりするものなのかもしれないな。考え過ぎなくていいもんね。身体の趣くまま、やってみる。それが理想だな、うん。(←山下清みたい)




練習が終わった後は、レッスンに参加した皆さんと恒例のランチ。
どの人とお話しても、意欲的だ~。だからお話していてほんとに楽しい。
メンバーに海外に行くので、しばらくレッスンに参加できないという人がいて、その人にみなさんが贈ったプレゼントを見せてもらった。
これが、素晴らしいの!!!

メンバーの皆さんがそれぞれ得意なアサナをして、それを写真に撮って、ちょきちょき切り抜いてアサナの順番どおりにアルバムにきれいに貼ったもの。もちろん、アサナの名前も書いてある。一部インターミディエイトのアサナもあった。
撮影用にアサナの修正もしたらしいけど、どれもとてもよく出来ていて、しょうちゃんと「わたしたちもやりたいね~、やりたいね~」と感激してた。
客観的な自分の姿って見てみたい。

悪いクセ

  • November 10, 2010 11:14 PM
  • Yoga

いつかは受けたい!と思っていたGovinda先生のマイソールクラス。
マイソールスタイルにもだいぶ慣れてきたので、今回ようやく申し込む決心がついた。
事前のしょうちゃん情報によると、マイソールクラス参加者はわりと少なく、ほぼセミプライベートレッスンらしいとか???

いろんな意味で緊張しながら、Lotus8へ。
続々とスタジオに人が集まってくるのかと思いきや・・・




パラ、パラ・・・。
チャンティングの時、スタジオにいたのは6人くらいかな?
後から来た人が2人くらいいて、最終的には8人くらいで練習していた気がする。
確かに、セミプライベートだ・・・。
スタジオって不思議。それぞれの場所によって空気が違う。もちろんそこへ来る人の雰囲気も違う。
IYCだと内心「ひょえーーー」って思いながらやることが多いんだけど、今日は上級者の方が少なかったので張りつめたような空気感は感じなかった。
初心者の方には、Govinda先生がひとつひとつ丁寧に指導されていた。なので、どちらかといえば、先生は初心者の方をメインに見ていて、その合間にほかの人のアジャストをするというかんじかなー?
私は苦手なウッティタ・ハスタ・パタングシュタアサナの左足の時、先生がアジャストしてくれたのだけど、えーーーー私の足ってこんなに上がるの?っていうくらい高々と足が上がって、内心、びっくりしたなー。自力じゃあ絶対、上がらない。でも足を上げていることが辛くない。
・・・ってことは、身体の使い方のコツがわかれば、顔の前まで足を上げることも不可能じゃないってことなの???
まだまだ、こんな年齢になっても自分の体に伸びしろがあるということに気付かされて、ちょっとうれしかった。

今日の練習は、たぶん、順番を飛ばすこともなくハーフを終えることができた(はず)。
最後、シルシャアサナが終わった後、うやむや~なかんじでヨガムドラしてたけど(苦笑)。
ウルドヴァ・ダヌラアサナは1回目はよしってかんじだったけど、3回目のカウントはやっぱり、2カウントくらいでぺちゃーってかんじ。
シルシャアサナはやっぱりハーフベントに持っていけなくて、1回やり直したけど、こっそりあきらめてお休みポーズに入ってしまった(汗)。
今日は足の調子も思ったほど悪くなくて、アルダバッダ・パスチモッタナアサナとジャヌシルシアサナBがちょっと辛いくらいですんだ。

それと同時に、なんか今まで「順番覚えてないし・・・」とか、「ハーフしかできないし・・・」とか、「周りの人の迷惑になりそうだし・・・」とか遠慮して、なかなかこういうチャンスに申し込んでこなかったことをちょっと後悔した。
だって、あんなに丁寧に指導してもらってるじゃーーーん!!!ああ、もったいない・・・・。
そんなこと、どうでもよかったんだよ。やりたいって思ったらtryすればいい。
多分、私の悪いクセなのだ。「~でなくちゃいけない」って思うクセ。

それと、自分がスゴイ人だと思うと、なかなか近付けないのも悪いクセ。私みたいなのが気軽に口をきける人じゃない、みたいな気持ちが働いてしまう。
だから、せっかくお金払って時間作ってレッスンを受けに行ってるのに、質問したり、アドバイスもらったりができない・・・。
なんとか勇気を振り絞って、帰りがけに先生に「I'm going to come here on Sunday, Red class.」とは伝えたものの、それが今私ができる精一杯。情けないな・・・。

いい加減、すべてにおいて「私なんて」と思うのは卒業したい。
そう思うことで、自分のまわりに壁をいっぱい立ててる。そして押し込めてる。
その呪縛から解放された時、私はどう変わっているんだろう?

体質改善

今日はユカ先生のおともだちのマリコさんにアロマのボディトリートメントをしてもらった。
Yoga関係で知り合う人って、みんなステキな人なのはなぜだろ?
しかも、知り合ってまだ2回目なのに、なんだかお話ははずむし、共通することや、共感する部分があったりして、私は勝手にすっかり昔からのお友だち気分。
またぜひ、お会いしたいなあ、マリコさん!

生活習慣を聞かれてトリートメントしてもらった結果、マリコさんからは「身体を温める飲み物をとりましょう」とアドバイスをもらった。
よく聞く話だけど、コーヒーは身体を冷やすんだってね~。私、一日に何杯飲んでいることかわからないからね~。これからはハーブティーを飲むようにしようかなと思った!
でもお酒が飲めないんだもん、コーヒーくらい思う存分楽しむつもりではあるけど。

あとはね~、酵素。宿便が出るんだって~。すごいんだって~。
私は昔からガスっ腹だし、絶対、いっぱい溜まってるに違いない。宿便。
酵素っていろいろ出てるけど、いったいどれがいいのかしらね???

まずはカルディに行ってginger teaでも買ってこようかな。

アゲアゲ

  • November 7, 2010 10:55 PM
  • Yoga

2週間ぶりのレッスン。
この間、早起きできない日々が続いていたので(途中、my moondayもあり)、久しぶりの練習。
練習ではなくて、スタジオの前は仕事で何度も通り過ぎていたんだけどなー。

2週間ぶりとはいえ、今日の身体は想像していたよりまったく問題なかった。

【今日の課題】

トリコナアサナで背中は伸びているけど、腰が伸びていない。呼吸を使って、もっと腰から伸ばすようにすると、気持ちよくアサナができるはず。
私の場合、身体の柔軟性が追いついていないので、後ろの足を少し外側に置くようにしたほうがいいとのこと。

ブジャピタアサナは腰から前屈する。背中が亀のように丸まっているらしい。腰から前屈していけば、頭ではなくてアゴが床に着くらしいんだけど・・・。顔面強打してるから、恐怖感が・・・。

ウルドヴァ・ダヌラアサナは相変わらず3回5呼吸ができない。気持ちよく上がれることの方が、まだ断然少なくて、いつも呼吸をするのがつらい。・・・なので3回目は2呼吸くらいしかできない・・・。
カムアップはまだまだ私には遠いなあ。

シルシャアサナのハーフベント。上でキープしている時から、ふにゃふにゃしてるので、全くウディアナバンダが使えていない。


【やや進歩の兆し】

マリチアサナC、D。以前よりやりやすくなった。最初の頃、絶対ムリでしょって思ってたのに、今やマリチアサナDで手が取れるのは驚き。でもまだ手首を掴むことはできないけど。

シッティングのヴィンヤサ。スキッドレスを敷いていることもあるけど、アップして腕の間に足を通すことができるようになってきた♪
まだ足はスキッドレスの上を滑らせてようやく運んでいるかんじだけど、この感覚でいけばアップ→ジャンプバックも夢ではない気がしてきた。

ヴィラバドラアサナの後のヴィンヤサ。右足を右腕にかけた状態で左足をアップ→ジャンプバックができるようになってきた。

ブジャピタアサナの後、ティティバアサナ(風?)→足を後ろ→ジャンプバックができるようになってきた。
でも呼吸が止まってしまって、チャトランガになった途端、うあーーーと声が出る・・・。


スタジオで練習すると、あーもっと練習したい!もっと練習しよう!って、すごく気持ちがアガる。
その気分がキープされているうちに次の練習をすれば、効果が上がりそうなんだけど、なかなかすぐに心は折れるもので・・・(苦笑)。

でも今週は、なんと!Govinda先生のマイソールに申し込んでいる。
去年は、マイソールなんてとても、とても・・・。ましてやGovinda先生のマイソールなんて・・・と思っていたので、ようやくここまで辿りつけたか・・・というかんじ。
練習できるのはハーフだけど・・・orz。
でもホントに大丈夫なんだろうか?私・・・。不安85%。

身体の調整

  • October 26, 2010 8:50 PM
  • Yoga

相変わらず右の坐骨から膝は痛い。
なので、しばらく朝練は、アシュタンガの練習ではなくて身体の調整とすることにした。
金魚運動をしたり、股関節を緩める運動をしたりしてからストレッチ。そのあとダウンドックをじーっくり、ゆーっくりやってみたら、足の後ろが伸びる、伸びる。
朝でまだ身体も硬いはずなのに、かかともぴったりついて、腕や背中もぐんぐん伸びた。
ウジャイ呼吸も気持ちよく通る。こういうのも、いいね。


ところで、私のダウンドック、どうも肩のへんがつっかかるような気がしてならない。
いつも肘の向きとか直されるし。
スリヤナマスカーラBやヴィラバドラ・アサナで、頭上で合掌するときも、なんか肩がつっかかるんだけど、これは肩の筋肉があるからなんだろうか???

今日のレッドクラス

  • October 24, 2010 3:37 PM
  • Yoga

今日はハーフのレッドクラス。
スタジオが小さいので10人限定。結果、9人参加でクラススタート!
日曜朝の時間帯になってから、クラス人気急上昇!?こりゃこりゃ、まだメンバーがじわじわ増えるんじゃないかな?

でも考えてみれば、最初からマイソールで始めるっていうの、いいね。
ずっと自分のペースで練習できる。
まあ、私をふくめ初期メンバーはいつも1~3人くらいで練習してたから、似たようなもんかあ・・・(笑)。

相変わらず右足は痛くて、最初のほうのトリコナアサナ右側はじわじわやらないとぴきーんってかんじだし、アルダバッダ・パドモッタナアサナはお尻の奥がぐりーんと痛くて膝にひっかけた状態でやってた。
でもだんだん身体を動かしているうちに、痛みはあるけど動くようにはなった。
今日は呼吸が深くできたからか?バンダが比較的よく使えたみたいで、ウトゥカタアサナやヴィラバドラアサナの後のアップもすんなり、何より今までかなり苦戦していたシッティングのヴィンヤサで、何とかアップした足を後ろに運ぶことができた。マリーチアサナDもなんとか、左右ともに手をつかめた。シルシャアサナは相変わらず、ふにゃふにゃした感覚あり。だからハーフベントができない・・・。

まだまだ学ぶことは多い・・・。あとケガや痛みなく練習に取り組めれば、ほんとに最高。
あと、やっぱり体重は2キロくらい落としたいな・・・。腕の肉とか、邪魔なんだけど・・・。

初IYCレギュラーレッスン

  • October 20, 2010 11:12 PM
  • Yoga

WSのために買ったチケットの有効期限間近!
これは使わにゃ~損ってことで、初めてIYCのレギュラーレッスンに出てみた。
まだ足が痛いし、軽めにビギナークラスを受けるか、痛いのを事前申告してカオリ先生のフルプライマリーに出るか悩んで、結局カオリ先生のクラスを選択。

想像していたよりこぢんまりとした人数でクラスは始まった。私含めて7人くらいだったかな?平日の午前だしね。
今日の収穫は、両手の親指と人差し指に力を入れること。
ぐっとここに力を入れると、確かにジャンプバック、ジャンプスルーのとき、身体の重心がちゃんと手にかかってやりやすい。
ほんのちょっとした身体の使い方が大事なんだね。
途中、何度もアジャストしてもらったんだけど、なかなか思うように身体が動かなくて残念だったな。
あと細かい部分で「私ってそうだったんだ!」っていう気づきがあった。
たとえばプルヴァタナアサナの時の後ろ手の合掌。私は肘が上に上がっているらしい。胸を開くポーズだから、肘が上に上がってたら胸は開かないよね・・・。
シルシャアサナは、最近すんなり足は上がっていくようになったけど、なんかふにゃふにゃした感覚なんだよね。先生にちょっとずつアジャストしてもらって修正していくと、ふにゃふにゃ感がなくなる。私が自力でやっているのは、まだまだ中途半端な状態なんだね。

たまにはこうやってレギュラークラスに出るのっていいな。
それと、やっぱり最近は欲が出てきたのか、ハーフではなんとなく物足りない感がある。
できないアサナはたくさんあるけど、フルの回数を増やしていけたらいいな。

脛がキモ

  • October 9, 2010 8:37 PM
  • Yoga

今日は2回目の「ヨガ道場@船橋」クラス。
練習仲間のG氏を誘って一緒に参加した。

ミッチー先生はどんどんチャレンジさせてくれるタイプの先生で、難しいアサナのコツも丁寧に教えてくれる。
今日、すっごい目からウロコだったのは、ヴィンヤサの「アップ」から「ジャンプバック」につなげるところ。
私は女性にしては腕の力がかなりある方なので、ウトゥ・プルティヒみたいなのは意外にすんなりできる。な・の・に!「アップ」した足を後ろへ運ばせることがどうしてもできない。
上級者の皆さんが、なぜあんなにすんなり足を後ろへくぐらせるのか、いつも頭をひねっていた。
そしたらコツはね・・・、










両足を組むとき、足首で重ねるとつっかかっちゃうから、脛あたりで組むんだって!!!








落ちた、落ちた、マジ、目からウロコがぱらりとはがれた。
だーかーらー、足がつっかかって後ろに行かなかったんだーーーーーー!!!

まだ振り子状態で足をくぐらせジャンプバック、なんてことはできないけど、感覚をつかめそうな気がする。ちょっと晴れ晴れとした気分。

それから、今日のウルドゥヴァ・ダヌラアサナは今までで一番気持ちよく上に上がれた。
ミッチー先生のガイドでまず頭頂部を床につけ、腰をゆっくり持ち上げてみたら、いつもより足に力がよく入って、いつもよりすんなり腕を伸ばすことができた。ユカ先生が口を酸っぱくして言ってる「足に力入れて!」の意味がよくわかったよ。
ミッチー先生はそろそろ、そのままカムアップするのも教えてくれるらしい。
また来月のクラスが楽しみだー♪

初心

  • October 7, 2010 10:32 PM
  • Yoga

ある朝、ふと自分に問うてみた。








私はなんのためにアシュタンガをやっているのか?








気持ちよくなるため。
自分を解放するため。








そうそう、ケン先生も言うように、アサナの完成度を求めることが本意じゃないんだ。
初心に戻って気持ちよく動くことだけを考えて練習したい。

マイソール

  • October 2, 2010 9:43 PM
  • Yoga

10月からユカ先生のレッスンスケジュールが少し変更になった。
これまで第2、4日曜がレッスンだったのが、第1~3は7:00~のマイソール、第4は13:00~のレッドクラスということに。
毎週練習ができるのもうれしいし、時間帯も無駄がなくてありがたい☆

今日はなぜか、ウッティタ・パルヂュヴァコナアサナの後、プラサリタ~とパルシュヴォッタナ~をすっ飛ばしてウッティタ・ハスタ~をやってしまい、はたと気付いてそこからやり直しするハメに。
なんでそんなところを飛ばしちゃったのかな~???

ヨガフェスタ2010 vol.2

  • September 26, 2010 10:48 PM
  • Yoga

今日はふーみんと一緒に会場入り。
今朝も会場でミカ先生をはじめ、顔見知りの方と挨拶を交わした。1年経つと自分を取り巻く環境もすごく変わるんだね。

さて今日のレッスンは、去年同様、マキノカオリ/柳本和也/更科有哉先生によるアシュタンガ。
去年初めて3人の先生のクラスを受けた時、3人ともなんてカッコイイんだろう!と男性アイドルにすら熱を上げたことのない私が、ぽーっとなったくらいだから、またそのクラスを受けられるのをとても楽しみにしていた!
でもね・・・、


このクラスがマイソールだっていうの、ヨガフェスタの直前に知ったんですけどorz。


講座の説明をよく読みましょう~。


普段からマイソールスタイルで練習をしている人は前の方で、初心者は後ろの方で、とのことだったので、やっとこさハーフの私たちは後ろへ。
マットを敷いて準備をしているとカオリ先生が来て「おはようございます。もう身体は大丈夫ですか?」と声をかけてくれた。ミカ先生から手術のことを聞いて覚えていてくれたみたい。
思わずマットの上に正座して「ハイ!もう1ヶ月経ちました!!!」と答えた私。
始まる前からヒデキ、いや、ヤスエ感激~(涙)。
さて、そんなこんなでもたもたしている間に、前の方の人たちはさっさと練習を進めていく。さすがだ!!!
覚悟を決めて(?)スリヤナマスカーラ。
すでにAの時点で有哉先生が来てダウンドックを修正してくれた。「肩の力抜いて~、おへそ見て~」ぐいぐいと腰を後ろに引かれる。
しばらくするとカオリ先生も来てやはりダウンドック修正。まずかかとをぐいーっと踏まれ、広げた足の幅と足の力の掛け方を修正。そしてやっぱり腰をぐいーーーーーっと。もうね、手のひらがマットから離れかけてたと思う。基本なのに難しい、ダウンドック。
パダングシュタ・アサナでも有哉先生から「もうちょっと足を開いた方がいいな。背中伸ばして。」と声をかけられた。こういうのがマイソールの醍醐味だなー。
私がプサリタ・パドッタナアサナBをしている時、後ろのふーみんがCをしていて、和也先生のアジャストで腕が床に着いたのを見て、かなりうらやましかった!
・・・って、全然集中できてないじゃん!!!
次、私もCなんだけどな~って思ったけど、残念ながら和也先生はスルーして行ってしまい、内心ガッカリ。私もまた床に手をつけてみたかった!!!
気付いてみればティリアングムカイカパダ・パスチマッタナアサナを飛ばしていたけど、ハーフ(+ブジャピタアサナ)を終え、フィニッシング、シャバアサナ。
でも落ち着いてシャバアサナできないのよ~。近くの人が先生にアジャストしてもらっていると、それが見たくなって起き上がってみたり、起き上がると前の方の人たちがセカンドシリーズのアサナをアジャストしてもらったりしているのが見えるので、見入ちゃって。だって見るのも練習だもーん。
いやあ、いいもん見た、見た!見せてもらった!!!
いつかはセカンドまでいけたらいいけど、今はとにかく、気持ちよくプライマリーをすることが目標だな。


レッスン終了後、TOKYOYOGAのブースでいいものゲット!
マイソールで持っている人が何人かいて、「会場で買えますよ」って教えてくれたの。
20100926-001.jpg
プライマリーシリーズの手ぬぐい~☆
さりげなくポーズの確認&手が届かないポーズの時にはサポートグッズとしても使えるじゃん!
マントラまでのってるよ~。デザイナーさんのセンス、抜群!
twitterでフォローしている方がデザイナーさんとお友だちということで、デザイナーさんのブログを教えてくれました!ええ仕事してはるわ~、ほんと。
でも、もうちょっとで色(ピンク)にひかれて私にはまだ必要のないインターミディエートシリーズの方を買ってしまうところだった・・・。

ところで、昨日も今日も、ヨガをして満足しているはずなのに、帰宅する間とか、帰宅してから、なぜか些細なことでイライラして仕方がなかった。合点がいかないなー。

ヨガフェスタ2010 vol.1

  • September 25, 2010 9:49 PM
  • Yoga

待ちに待ったヨガフェスタ
去年のヨガフェスタで初めてふーみんと会ったんだよなあ。ヨガフェスタ後スタジオで、「楽しかったよねえ。また行きたいねえ」って遠い目して振り返ってたのに、もう1年経っちゃった!
しかも今年は一緒に参加できる仲間がいるのだ!!!

今日はG氏と会場まで一緒に行った。G氏は興奮して1時間しか寝られなかったって!
ん~、でもその気持ち、わかる!!!
会場に着くと、ちらほら知人にも会ったりして、なーんかいっぱしのヨギーニっぽいぞ。

ULTのブースでやっていた「スワロフスキー美容鍼」がとっても気になったので、しょうちゃんを待っている間にやってもらっちゃった!
20100925-001.jpg
両耳で1,000円也。食欲を抑えるツボと若返りのツボにお願いした。

そして今日はまず、ケン先生の「アシュタンガヨガフルプライマリーシリーズ徹底講座」、そして綿本先生の「バンダ入門」。
ケン先生のクラスでは、カオリ先生のWSで知り合ったHちゃんにも久しぶりに会えた。
私、しょうちゃん、G氏の3人は会場のやや後ろ目の中央付近に陣取れた。
さすがにヨガフェスタということもあり、今日初めてアシュタンガをやる人もいてレベルはかなりバラバラなかんじ。前半は、参加者を見本にしてアサナを超スピードで解説、後半はフルプライマリーレッド。
ケン先生ってスゴイ人なのに、このゆるさは何なんだろう???ポーズは無理をせず、呼吸を深く!と言ってくれるので気がラクだー。しかもカウント早っ!

ケン先生のブログ

20100925-002.jpg

20100925-003.jpg

20100925-004.jpg

ゆるめだと言っても、終わると汗だくだけどね・・・。


このクラスが終わると30分の休憩後にすぐ綿本先生のクラスが始まってしまう!用意してきた軽食で小腹を満たした。
このクラスではHちゃんが素早く場所取りをしてくれ、ほぼ中央の前から2列目をゲット!
そんな前にいたのに、午前中の疲れが出て、あくびとかしてたんだけど・・・orz。
綿本先生ってリアルでお会いするのもレッスンを受けるのも初めて。意外と面白い方なんだなーというのが印象。
そして、最初にポイントをまとめたレジュメが配られ、内容はかなり理論的。
ユカ先生は綿本先生に師事しているので、今まで教わったユカ先生のパワーヨガのレッスンに、いかに綿本ismが浸透しているかがよくわかった。学んだことを間違いなくきちんと伝えているユカ先生もすごいけど、たくさんの弟子に細部まで綿本ismを浸透させる綿本先生もスゴイ!


さすがに午前3時間、午後3時間を終えるとぐったり。
展示ブースをゆっくり見たかったけど、展示ブースのあるエリアは暑いし、荷物は重いし、疲れているし、お腹は空いているしでギブアップ。
帰りの電車の中でポンパドールのパンを3つ食べ、ようやく一息つけた・・・ってかんじ。
そして明日も朝イチのクラス。頑張って起きないとー。



さすがにグロッキー

  • September 18, 2010 8:44 PM
  • Yoga

8月にオープンしたばかりの地元のヨガスタジオに行ってみた。
ここはなんと、AM6:30からマイソールレッスンがあるのだ!
・・・とはいえ、いきなりマイソールに行く勇気はないし、しばらくまともな練習もしていないので、まずはハーフのクラスを受けてみることにした。


行ってみたらなんと!レッスンは私だけ???
初めての先生とマンツーマンとは!内心、焦る、焦る!
1年くらい細々と練習してますと自己申告したら、じゃ、様子見てフルやっちゃいましょ、と言われ、ますますひえ~ってかんじ!
プライマリシリーズは、全てをやって初めて浄化されるものだから、途中でやめるのはもったいないんだって!


先生のカウントは少し変ってる。歌うようなカウント。
マンツーマンだと呼吸がバレバレだから、これまた緊張するー。
最初の方では、1呼吸1動作を意識するようアドバイスされた。

たとえば・・・
ウッティタ・トリコナアサナB。エーカムの一息で一気に身体を捻って床に手をつく
ウッティタ・ハスタ・パダングシュタアサナ。エーカムですっと前に足を上げて親指を取る

そうえいば、横向いて~、手を挙げて体側伸ばして~、床に手をついて~って、何回呼吸しているかわかんないや。
ウッティタ・ハスタ~も親指掴んで足を前に伸ばすまでにすでに1呼吸しちゃってるし。
途中で呼吸を足せば足すほど、疲れたり苦しくなったりするらしい。アサナの完成度が高くなくても、呼吸に導かれて動けると、とても気持ち良く動けるそうだ。
呼吸とともに動く」シンプルに聞こえるけど、本当に難しい。

いや~、しかし今日は、もう次でやめさせてもらおうって、何回思ったか!
次でやめますって言おうと思うと、次のアサナは比較的楽にできたりして、もうちょっとやってみるかという気持ちになり、また苦しくなって次でやめますって言おうと思う・・・の繰り返し(苦笑)。
でも、フルのアサナをマンツーマンで教えてもらえることはそうそう滅多にないことなので、得ることは多かった。
シャバアサナに入ると、大きな窓から気持ちのよい風が身体の上を通り過ぎていくのがとても気持ちよかったのと、苦しさから解放されたからか(苦笑)、涙が出た。心が開いて涙が出た・・・というのとは違うと思う。


次はぜひマイソールに参加してみたい。
でもAM5:30には家を出ないと仕事の前に練習するのは無理だ~。
「朝、起きたら布団の中で起きようかどうしようか悩んでないで、まずスタジオに来て。スタジオでうだうだして、結局練習しなくたっていいの。とにかく起きてヨガする場所へ行くことを続けるだけで自信につながるから。」
という先生の言葉が沁みた。


ところで、今日はスタジオに行く時、びっくりすることが!!!
なんと途中の駅でミカ先生にバッタリ会ったのだーーー!
2~3日前から、ミカ先生に会いたいなって思っていたので、そんな偶然?いや必然?がとってもうれしかった!

流血さわぎ

  • September 14, 2010 9:34 PM
  • Yoga

顎を床につけるのが怖いブジャピタアサナ。
今朝の宅練で、勇気を振り絞って顔を下げたら・・・・・、


顔面強打!

歯で唇を切り(歯並びが悪いため)、ちょうどメガネが乗っかる鼻筋を打った。

正直、泣いた。orz。


すぐに唇が腫れてきた。


起きてきたダンナに「練習してたら顔面から落ちた~」と腫れた唇を見せると、「なんでヨガの練習で顔から落ちて怪我するんだ?」と呆れ顔。
1年前よりは確実に足も上がって、足の先がやっとからめられるようになったけど、バンダがたりないのと、腰から前屈できてないせい。頭でわかっていても身体がわからない。
道のりは遠いのだ・・・。がくーーーーっ。

難関アサナの練習

  • September 12, 2010 8:20 PM
  • Yoga

3週間ぶりのユカ先生のクラス。
久しぶりにしょうちゃんと2人だったので、スリヤナマスカーラの後は、フルのポーズを少しずつ教わることになった。
でもスリヤナマスカーラだけでも修正されるところ満載。(汗)
まず私は足に体重がしっかり乗っていないし、呼吸を背中に通す感覚がいまだにつかめていないと感じている。ジャンプバックもジャンプスルーも、最初の頃に比べれば若干マシだけど、イメージするようにはできない。
・・・とはいえ、AB5回ずつやる頃には、汗が滴り落ちるほどだった。

ユカ先生によれば、私もしょうちゃんも、呼吸の「吸う」「吐く」がハッキリしすぎているらしい。吐ききって吸う、吸い切って吐く、ではなく、「吸うーーーーーー吐くーーーーーー」となめらかにしていくと、余計な力が入らないそう。なるほど~。


昨日にひき続き、ブジャピタアサナ。
なんとか足の先が引っかかるようになったものの、アゴから降りていくのがどうしても怖い。
昨日の今日で筋肉痛の上、さらに何度も練習してたら、腕は限界に。
次のクルマアサナは、実はかなり苦手。身体が硬いので、開脚前屈はいまだに胸が床につかない。ガルバ・ピンダアサナで腕を通す時は、まっすぐ入れようとせず、ななめに差し込むのがコツなんだそう。片方やっとはいっても、もう片方入れるスペースなし。orz
あーでもない、こーでもないと詳しく教わっていたら、あっという間にレッスン時間終了~。


レッスンの後はしょうちゃんと反省会?。
スイーツを食べながら近況報告やら、情報交換やら。
先生に必ずアシストされるポーズの話になり、プラサリタパードッタナアサナCで組んだ腕をぐーっと下げられるという流れになったときのこと。もちろん、私も毎回ぐいぐい下げられる。ミカ先生のレッスンでもここにくると必ず私のところに来てくれて、ぐいぐいアシストしてくれた。
・・・でふと気がついた。昨日のレッスンでは、なんと、下げられた手が床に着いたよ!そういえば!だから腕と肩甲骨が痛いんだ。でも、手が床に着くなんて、よく考えたらスゴイ!先生のアシスト、上手だなとは思っていたけど、そこまでやっていたとは、やっぱり恐るべし、先生のアシスト。

地元でアシュタンガレッスン!

  • September 11, 2010 10:05 PM
  • Yoga

今日は地元の公民館でアシュタンガレッスン。
レッスン内容について問合せをしないまま参加させてもらったら、フルプライマリを時間の許す限りやるということ!どうりでレッスン時間が2時間近くあるわけだ。
それは願ったり叶ったりなんだけど、手術前後3週間近くまともな練習をしていないので、リハビリのつもりで申し込んだため身体がどれだけ動くのかはかなり怪しいかんじ。(汗)


でも先生のカウントを聞くと、ついいつもの調子で動いてしまったし、なんとか動けた。


ハーフが順調に終わり、フルのアサナへ。
ブジャピタアサナは、頭を床に付けたら顔も上げられない、お尻も下げられないでフリーズしてしまい、「せんせ~、た~す~け~て~」ってかんじ。自分でも笑っちゃった!
スプタクルマアサナでは、足を首にかけるのは意外と呼吸でなんとかなるものよ、と先生に言われ、アシストしてもらってチャレンジしてみた。でもさすがに私には限界が!!!もう少し肩が中に入れば行けるかもしれないらしい。自分一人ではそこまでできないので、これはいい経験だった。

ガルバ・ピンダアサナは、ふくらはぎがししゃもの人とかはなかなか手が入りにくいみたい。そうだよね~、隙間が空かないもん。
その後は時間の関係でで切り上げ、フニッシング。
シルシャアサナでは、皆さん、足が上がらなくても壁を使わずトライしているのがスゴイ!と思った!私は久しぶりで倒れそうなので壁の前でやらせてもらった。いつもできないハーフベントは、とにかくお尻を後ろに引いていくみたい。なるほど・・・。


こんなに長くアシュタンガのレッスンをしなかったことは、この1年ほどなかったんだけど、去年、絶対こんなポーズできないでしょって苦笑いしてたポーズが、そのうちできるかも、に確実に変わってきていることが本当に驚き。

レッスンの後は、皆さんとランチをさせてもらった。
やっぱり皆さん、すごくアシュタンガが好きで、アシュタンガのレッスンに飢えてる(笑)。そしてM先生の明るい人柄に魅かれて楽しくレッスンしているのがすごく印象的だった。
また仲間が増えてほんとうにうれしーーーーー♪
このレッスンは私の地元では月1回しかないそうだけど、次回も絶対行こうと思う!!!

自主練 朝Yoga Club 第2弾

  • August 16, 2010 8:51 PM
  • Yoga

今日は7:30ドアオープン。
DVDのカウントにあわせてハーフプライマリーにしてみた。
20091103-002.jpg
ナヴァアサナでDVDを止めて、ウルドヴァ・ダヌラアサナから先は自分のペースで。
だいたい90分くらいでハーフを終えることができたみたい。

楽しいなあ。毎回、どうやって練習するー?なんて相談しながら、各自手持ちの本やDVDを持ち寄って情報交換したりして。
ほんとに、刺激しあえる仲間と一緒に練習ができることが幸せ。
欲をいえば、家の近所(徒歩圏内)で早朝自主練できるスペースがあればいいなあ。

ジャンプバック

  • August 13, 2010 8:47 PM
  • Yoga

うてなを連れて、家から車で10分程度の場所にある公園に初めて行ってみた。
ジョギングやウォーキングするのにぴったりの場所だなーと思いながらブラブラしていると!
ジャンプバックの時の引き上げの練習にぴったりのアスレチックが!!!

20100813-001.jpg
ダンダーサナ。・・・って、床のない場所でのダンダーサナ、すんごいキツイ!
太腿の前面がぴきーっとなりそうだった!

20100813-002.jpg
足をできるだけ引きつけて・・・、骨盤を丸めて腕の中を通す!

20100813-003.jpg
そのままお尻を上げて~、胸とアゴを床の方へ~・・・・って、ムリムリ。
ここでそれができたら体操選手になれるYO。

練習の副産物

  • August 9, 2010 10:21 PM
  • Yoga

口癖のように「減らない~、減らない~」と言っている私の体重。
そんな話をカオリ先生のWS後のランチの時にしていたら、「それは筋肉じゃない?」という話になった。
筋肉はなんと!脂肪の3倍重いんだってさ!!!!!

・・・まあ、明らかに体型が中年化していることは否めないけど、そんなに筋肉が重いなら、そういう要因も含まれているのかもしれないなーという気持ちになってきた。
いつ頃だったかな?ミカ先生に何度か「最近、アシュタンギーニっぽい身体になってきたね」って言われたし、ジム仲間も「最近Kさんの身体つきが変わってきた~」と言われることは多くなっていたっけ。やっぱり筋肉かな?(除 お腹のぽにょ)

それと「オバサンになってきたから、肩にもお肉がついてきたんですよねえ」とボヤいたら、「あ、それも筋肉だよ。アシュタンガやると肩に筋肉つくんだよね。」と言ってくださった方が!
そう言われてみたら確かにねー、肩も上腕二頭筋も鍛えられてないとアシュタンガはできないからねえ。


今日は勤務先でも、会長に「Kさん腕の筋肉、すごいついたねえ。後ろから見てびっくりしたよ。」とひとしきり感心された。
そんな話をダンナにしたら、ダンナも「うん、最近、後ろから見てるとさー、アナタの身体、どんどん逞しくなってるよね。」と、なんと身内までそう感じていたらしい・・・。
練習の成果が身体に表れているのはうれしいんだけど、私の腕は一生細くならないのね・・・。

所感

  • August 6, 2010 9:27 PM
  • Yoga

6月からスタートした早朝自主練。
絶対毎朝やっているわけではないし、スタンディングポーズを全部やることもほとんどないし、ストレッチだけで終える日も多いけれど、その効果は少しずつ表れている。
少しずつだけど、身体が動きやすくなっているのがわかる。
自主練ではなかなか感じにくいけど、ヨガクラスでカウントに合わせて動く時に、身体の軽さを感じるようになった。


99% practice, 1% theory


無理のない程度に、今後も続けよう。
ベッドから出る時、毎回葛藤すると思うけど(苦笑)。

自主練 朝Yoga club

  • August 4, 2010 11:12 PM
  • Yoga

「自主練、やろー、やろー!」というのが口だけでなく、ホントに実現した。
これもいろいろお膳立てしてくれたしょうちゃんのおかげ。しょうちゃん、いつも本当にありがとう☆

7:00AMスタジオオープン。スタジオを貸してくれたオーナー(かっこよく言うと)は、「ほんとにやるんだ?好きだねえ」と呆れ顔をしつつも、「こうやって仲間同志、呼びかけて集まるのっていいね!」と賛同してくれた。

集まった4人それぞれの体調もあるので、とりあえず今日はマイソール式で進めることにした。
でもマントラは唱えようよ!と全員で声を合わせてマントラからスタート。
なんか、やる気スイッチはいる。
宅練とちがって集中できるし、時間もたっぷりあるのでハーフ&フィニッシングまで終えることができた。でもうっかりプルヴァタナアサナ抜かしちゃった!ウルドゥヴァ・ダヌラアサナもぜんぜん上がりきらないし、3回目は2呼吸くらいで限界だった・・・。あと、シルシャアサナは力尽きて倒れそうだったので勝手に省略。
練習後はまたできないポーズの確認やら、苦手なポーズの練習法やらの情報交換。
情報交換はさらにその後の朝食タイムまで続いた。
その朝食タイムの間に、仕事に行ったふーみんから「次の練習日はいついつがいいでーす」ってリクエストのメールが入ったのには笑った!
やっぱり私たち、madだね。

あーあ、もっと近所でもう少し早い時間から気軽に使える場所があったらいいのになあ。

カオリ先生WS 第3弾

  • August 1, 2010 10:46 PM
  • Yoga

今日はカオリ先生のWS第3弾。
前屈にフォーカスした内容。

実は前屈っていうとシッティングのアサナで深めていくのかと思っていたんだけど、もっともっと基礎からの確認だった。
まずはウジャイ呼吸の確認。
マットをくるくる丸めて、肩甲骨をマットに乗せて胸を広げてウジャイ呼吸の練習。
意識するとますますお腹がぺこぺこ動いちゃうし、ウディアナ・バンダを引き上げようとするとお腹がカッチカチになるんですけど・・・。
ウジャイ呼吸は苦しいものではなくて、苦しくない呼吸ができると身体に拡がりができてポーズがとてもラクにできるらしい。
そういえばランチした時、「先生はウジャイ呼吸が通ってるところって、普通に息してるところと違う気がする」と言っていた。
ん~。まだまだ学ぶことが多すぎる。

呼吸を大切にしながら、静かな場所を探す
と先生は何度も言っていたけど、静かな場所がなかなか探れない・・・。

そして前屈の確認と練習。
スタンディングの前屈、地味にキツイ。足はまっすぐのまま、スロモーで股関節から曲げていく。呼吸に合わせ、身体を伸ばしてはお腹と腿を少しづつ近づけていく。
ほんとキツイ。じわじわと汗が出た。
ダウンドックやプラサリタパードタナアサナでも同じように練習と確認。
たまにこうして、ひとつひとつ基礎を確認することってすごく大切だなと思った。
今後の練習に活かしていけるといいのだけど。意識しすぎたり、すっかり忘れたり、なかなか掴めた!って思える瞬間は来ないものだ・・・。

WS後は、気付くと身体がぎくぎくしてた。ロボットみたいなかんじ?輪ゴムで留められた割り箸の人形みたいな。相当、脚の裏側を使ったみたい。

感謝のきもち

  • July 30, 2010 10:24 PM
  • Yoga

今日でジムは一旦休会。
ずーっと悩んでいたけど、入会した頃のようにヨガのクラスが充実していないことと、経済的な理由。
あれもこれも・・・ってわけにはいかなくて、選択と集中を真剣に考える時期がやってきた。
立地条件と、仲間がいることに後ろ髪は引かれるけれど、私が一番やりたいのはアシュタンガなので、やはり今後はアシュタンガに集中することにした。

残念なのはミカ先生のクラスが最後になってしまうこと。
もちろん、この世の別れということではなくて、IYCのWSでは同じプラクティショナーとして会えるのだけど、この一年、ミカ先生のクラスは本当に楽しくて、これだけを楽しみにしていたし、これがなくなるとスタジオでの定期的な練習がなくなるというダメージ?は大きい。
あと、私はミカ先生のティンシャの音がとっても好きで、この音には本当に癒された。


今日はひとつひとつのアサナを大切にしようと思ってクラスを受けた。
そしたらシャバアサナで、なんだか淋しい気持ちと感謝の気持ちでいっぱいになって、涙が溢れてきてしまった。
クラスが終わって先生の顔見たらよけいにどばーーーーってかんじ(涙)。
いつもクラスで一緒になるみなさんといろんなことを共有するのも楽しかったな。
みなさん、近所の方だから、これまたこの世の別れってわけでもないんだけど。
ヨガのクラスひとつでもこんな気持ちになるのが不思議。
またいつか、みなさんと一緒にヨガしたいなあ。

スタジオの「気」

  • July 25, 2010 10:15 PM
  • Yoga

今日のユカ先生のクラスは6人が集まった。日曜のクラスで6人は今までで最大人数!
今まで2人とか3人でやっていたので、急にヨガスタジオっぽい雰囲気に。
人数が少ないとじっくり見てもらえるという利点はあるけれど、人数が増えてくるとスタジオ内の「気」が変わる気がする。
ちょっとだけ、自分の力が底上げ(増長)されるような・・・そんなかんじ。
そんな中、今日はマントラも力強くスタジオ内に響きわたり、着々とハーフを終えられた。フィニッシングは時間の都合でパッダ・パドマアサナ以降だけだけど。やりきった感、満載。

汗だくだくでノドもカラカラだったので、しょうちゃん、ふーみん、G氏とお茶して帰ることに。
アシュタンガのプラクティスを終えた後って、やたらテンションが上がる!なのでみんなとさらにヨガ談を語り合えるのはとっても楽しい。
そんな話の中、次の8月のユカ先生のクラスまで間があくから自主練をしよう!という流れになった。
先生はいないけど、いつもの練習場所をお借りして、勝手にマイソールスタイル・・・みたいな(笑)。
楽しみだー♪

つながり

  • July 21, 2010 11:55 PM
  • Yoga

先月からユカ先生のクラスに新しいメンバー(男子)が加わっている。
その彼G氏とは不思議なご縁で繋がっていて(お互い)びっくりした。

先月もカオリ先生のWS後にランチしている時に、その場にいる人たちとの関係を聞かれたカオリ先生が「なんかねー、みんなどっかこのへん(宙を指して)で繋がってんの。」とさらっと言ったのも印象に残ったなあ。


ヨガって不思議だ。そしてどんどん増殖する繋がりがまた、ヨガを続ける楽しみにもなっていく。


そんなところへ新メンバーG氏からうれしいお誘いがあった。
先生を呼んでアシュタンガベースのヴィンヤサ・ヨガのクラスをやるので来ませんか?というもの。
ユカ先生のクラスはレディスデーでNGだったし、ミカ先生のクラスも帰省旅行のためお休みしたので、間があいちゃったんだよね。
もちろん、二つ返事で参加することに!
場所はG氏近所の公民館。一緒に参加したのはG氏、しょうちゃん、私のほか2名。
先生は普段はハタヨガを教えているそうだけど、G氏のリクエストに応えてくださって、ほぼ、ハーフプライマリの流れで進めてくれた。とっても謙虚で穏やかなK先生。今回のクラスはボランティアなのに、それに甘んじることなく、このクラスのためにいろいろ準備を重ねてくださったみたい。

クラスの後は軽く?食事。そこでまた、ヨガの話に花が咲く。
私たち、どれだけヨガ好きなんだ???
ほんと、Crazy。いや、ここまでくるとMadかな(笑)?Mad Yogini。いや、Yogi&YoginiはみんなMadなのかも???
その食事の場でK先生からステキなプチプレゼントが☆
20100721-001.jpg
こういうさりげない心遣いがステキ☆そしてまた用意してくださったプレゼントのセンスがステキ☆
こういうことができる大人の女性に、いつかなりたいと思いつつ・・・、未だ私は自分のことを面倒みるのが精一杯の未熟者。
あ~、いやいや、こうやって自分をジャッジしてはいけないのだ。K先生みたいな心遣いができるようになりたいなー(今は違うけど)って意識することが大事って、カオリ先生のWSで学んだばっかりだった。
とにかく、また1人、ステキな先生と新しい繋がりができてとてもうれしい。

K先生に感謝。
こんなチャンスを作ってくれたG氏に感謝。
一緒に気持ちよくヨガする仲間に感謝。
そしてステキなgiftをもたらしてくれるYogaに感謝。

ヨガフェスタ!

  • July 20, 2010 10:45 PM
  • Yoga

去年のヨガフェスタがとっても楽しかったので、今年も絶対行くぞと心に決めていた。
チケット発売は本日7/20正午開始。
今日は仕事だったので、しょうちゃんがスタジオのメンバーのチケットをとりまとめて予約してくれることに。
しょうちゃん、ありがたや~、ありがたや~。
結果、購入チケットは20枚超えたみたい。しょうちゃん、私、ふーみんはそれぞれチケット5枚確定。
受けたいと思っていたプログラムは全てきっちり、押さえてもらうことができた。楽しみだ~。ケン先生のクラスは11月に受けたきりだから、すごい久しぶりになる。

手術があるから、1ヶ月ほど練習が思うようにできないのがちょっと気がかりだけど、仕方ない。
ヨガフェスタを受けられるように考えて手術の日程も決めたし、念ずれば通ずってことで。
絶対、行くぞ!


バッダ・パドマアサナ

  • July 9, 2010 9:55 PM
  • Yoga

今日のジムのミカ先生のクラスで初めて、バッダ・パドマアサナの時、"自力で"後ろから回した手が両方の親指をとれた!
ミカ先生も「取れたね!」と声をかけてくれた。

最近、足を組むポーズが格段にやりやすくなってきた。
アルダ・バッダ・パドモッタナアサナで組んだ足の膝が下を向くようになったし、パドマアサナが深く組めるようになった。
これは、いつも"引き上げ"と"お尻ごと前に持ってくる"とアドバイスしてくれるユカ先生のお陰だな。
とにかく、やり難かったポーズができるようになるのはうれしい。

カオリ先生WS 第2弾

  • July 4, 2010 8:30 PM
  • Yoga

昨日ジムでミカ先生のクラスに出た時、「明日のフルプライマリー、シャラート先生式カウントでキツイって、カオリ先生が言ってた~」とは聞いていたんだけど。


キツかった・・・。


カウント超長っ!!!
スリヤナマスカーラA、B終わるだけですんごい時間が経ってたんじゃないかな?
5カウントの中で7呼吸くらいは余裕でしてたような気がする。
しかもフルプライマリー久しぶりだよ・・・。GWぶり。ハーフ以降のポーズとか忘れていて、周りの人見ながらやってた・・・(汗)。
カウントが長いからか、シッティングポーズはすごく身体の伸びを感じられたな。どんどん胸が脚の前面についていくのがわかった。2年前だったら考えられないなあ、こんなに前屈が深まるなんて!こんな年齢になっても身体が変わるって、単純にうれしい。
でも、へとへとになっちゃってダヌラアサナは身体が持ち上がらない、長いカウントの間、ホールドしきれない。
同じくフィニッシングのシルシャアサナは力尽きて足、上がらず。うんしょ、うんしょっていうのを見かねたカオリ先生がアジャストに来てくれた。これはちょっとラッキー☆
カウント取りながら、先生が「ここ、力抜いて」とか教えてくれたので、意識すべきところを意識できてなくて、余計なところに力が入っているのがわかった。でも、もうバテバテでどうにも修正の余力なし(苦笑)。
腕力に自信のある私が得意なウトゥ・プルティヒも、今日のカウントではキープしきれず何度も下りた。多分、ウトゥ・プルティヒではちゃーんとバンダが使えてると思うんだけど、どうしてこの感覚をジャンプバックする前の"アップ"でできないのかなー???


長い、長いフルプライマリーが終わった後は、インドでの練習の話を聞かせてもらった。
ユカ先生やカオリ先生のBlogを見る限り、マイソールは危なくなさそうだなーとは思っていたけど、実は"インドのビバリーヒルズ"と言われる高級住宅街なんだって!
シャラのクラスを受ける期間のミニマムは1ヶ月とのこと。だいたい日本円で5万円くらいかかるらしい。私もいつかは絶対、本場の空気の中で練習してみたい・・・けど、1ヶ月は現実難しい。
私は初めてお会いしたけど、ケイコ先生という方が、「インドにいる間は"受け入れる"ことの練習みたいなもんやなあ」と言っていたのが印象的だった。
髪を洗っている最中にシャワーの水が止まったとしても、「しゃあないなあ」と受け入れるしかないって(笑)。私みたいな性格の人間には、きっとカルチャーショックの連続なんだろう。


WS終了後はミカ先生たちに混じって、またもやカオリ先生と一緒にランチさせてもらった。
カオリ先生は、カウントが長かったことについて「今日は途中で自分が鬼のように思えた。」なんて言っていた。本場のレッドクラスは、全員の準備ができてからでないとカウント「One」が始まらないらしい。そりゃ大変だ!!
いや、しかし、先週も今週もとても密度の濃い時間を過ごさせてもらって、とても有意義だったし、幸せだった。目に見えないいろんなつながりに感謝。
長い帰路はミカ先生とゆっくりおしゃべりしながら過ごすことができて、これもまたとっても楽しい時間だった。
今朝は休日出勤するダンナと同じ路線だったので、久しぶりに一緒に電車移動したのだけど、「休日の朝っぱらから、ヨガのWS受けるために自宅から遠いスタジオへ行くなんて、客観的に見ても、かなり"crazy"だよね。」と言ってみたらダンナは黙って苦笑。
その話をミカ先生にしたら、「そうよ~。アシュタンガやる人はみんなちょっとへん。自分をcrazyだって自覚していないと。これが普通だと思うようになったら大変だと思わない!?」って。
しょうちゃんとも「ヨガ的な話をしていい人とか、話していいシーンとか、気を付けないとダメだよね。」ってこの間話していたばかり。
I'm crazy about Ashtanga Yoga.

カオリ先生WS 第1弾

  • June 26, 2010 9:20 PM
  • Yoga

部分月食のムーンデー。
IYC九段下へカオリ先生のWSを受けに行った。
今日のテーマはヴィンヤサと呼吸。
このテーマに興味のある人がたくさんいるのか?カオリ先生の人気が高すぎるのか?九段下スタジオは超満員!隙間なくびっしりマットを敷きつめてのWSだった。しかもお部屋に入れない人も!(遅れてきたミカ先生はお部屋の外)

カオリ先生のお話に出てくる例で、「私だよー」みたいな事例がある度にしょうちゃんと顔を見合わせて苦笑い・・・。
例えば、超~苦手なウッティタ・ハスタ・パダングシュタアサナ。
上げた足の親指を取ることに必死になって、ヨロヨロ、グラグラ定まらないのは、本来のバンダの場所でなく、上げた足の方にバンダがいっちゃってるから。
太ももの前面に力が入って、必死なかんじになっちゃうんだよねー。(汗)


"意識するだけで、意識した方へ向かっていく"

今日、私の琴線に一番触れたこと。
あ、今、私はこうなんだなーと認識するだけにとどめて、それに対してジャッジはしない。意識をあるべき方向へ向けておけば、そちらへと自然に向かっていく。
ヨガって哲学的なんだよなあ。たとえそれがアサナの説明であっても、すごく心の深い部分と連動してる。
私は子供の頃からの癖で、いつも自分に必要以上に悪い評価を付けてしまうので、"ジャッジしない"という言葉が、"そろそろ楽になりなよ"という神の言葉のように思えて、なんだか胸が熱くなってしまった。


アシュタンガって、やってること(アサナ)はすっごくキツイんだけど、結果、私は自分自身をラクにするためにやっているような気がする。


WSが終わった後は、なんと!何人かの生徒さんたちとカオリ先生とお茶をさせてもらえることに。ユカ先生が一緒だったからご一緒させてもらうことができたんだけど。
他の皆さんはもちろん、私なんかより長く練習を積んでいる方たちで、ヨガを教える立場の方もいて、なんだか「恐縮です」ってかんじだった。ましてやカオリ先生は私の中ですんごい人なので、ちょっと緊張(汗)。
でもこの雑談の中にもへー、とかはー、とか、感心することが盛りだくさんで、すんごく楽しかった!

一番驚いたのは、シッティングポーズのパスチマッタナアサナとか、足の裏で掴まれてる方の手はグーにするよう注意をされるんだけど、そのグーには意味があるってこと!「Power」がもれないようにするためなんだって!
だから同じく、トリコナアサナとか、手を伸ばすポーズでもきちっと指先はくっつけて伸ばすらしい。(←本来は。最近はあまりうるさく言われないとか?)なるほど~。ひとつひとつ、意味があることなんだね。
それが違うスタイルのヨガ(たとえばアヌサラ・ヨガなど)になると、手を伸ばすポーズでも指はくっつけずにパーだったり、床にぺったり手をつけずにカップハンドにしたりと、変わってくるみたい。
パワーヨガでもその時の気分でくっつけてもぱーってしてもいいって言われたような。
意味を理解してやるのと、知らないで形だけ真似ているのでは全然違うので、そんな話も聞けてよかったな。

また来週のWS第2弾が楽しみ♪

初!4時ラー

  • June 8, 2010 7:32 PM
  • Yoga

今朝は初めて4時台に起床。といっても限りなく5時に近かったけど・・・。
おかげで時間がたっぷり取れ、今日はスリヤナマスカーラで終わりではなく、アルダ・バッダ・パドモッタナアサナまで進められた。
やっぱり難関はウッティタ・ハスタ・パダングシュタアサナだ・・・。
ヨロヨロ、ヨロヨロと身体は定まらないし、足は上がってないし。やっぱりバンダが使えてないんだなあ、きっと。ジャンプスルーもジャンプバックも思うようにいかないし、道遠しってかんじ。
まあ、つべこべ言わずに練習あるのみ。

最近、シッティングのポーズをやっていないので、午後、ジムの筋トレ系スタジオプログラムに出た後に流れだけ追ってみた。あんまりやってないから、ところどころ抜けるな・・・。

朝の日課

  • June 4, 2010 10:28 PM
  • Yoga

春分の日が過ぎて、初夏を迎えて気温が高くなってくると俄然、Powerがみなぎる。
日の出も早いので、太陽のPowerをじりじりと感じて目が覚める。
2010年も半分を過ぎようという頃になってようやく、軽い朝練が続けられている!


起床したては身体も目覚めていないので、軽く足の裏をマッサージ or ストレッチ。
そしてスリヤナマスカーラA:5回、B:3~4回


・・・以上。・・・なんだけど・・・(苦笑)。


一応主婦なので、朝のうちにやっておくことっていっぱいあるのよね。(←完全に言い訳)
うてなの世話してー、シャワー浴びてー、洗濯してー(たいてい2回くらい)、掃除してー、気が向いたらうてなの散歩に行ってー、twitter とメールチェックしてー、うてなの散歩に行かなければ、AM7:30頃から仕事にとりかかれちゃう。(うてなの散歩に行くと早くてもAM8:00過ぎかな?)そうするとお昼まで一気に集中できるので、効率もいい。
ほんま、早起きは三文の徳や~。

4時ラーになれれば、朝練ももう少し先までやれると思うけど、長い目で見ましょ。自分の身体が自然にそんな流れになってきたらやればいいや。
自分のためにやることだから、無理なく・・・ね!

888@ 有明ABCスタジオ

  • May 30, 2010 6:31 PM
  • Yoga

カオリ先生のブログを見て、行きたいな~と思っていたWS。
前回のクラスの時、ユカ先生からも「ぜひ、なかなか受けられないEthanのクラスを受けておいでよ~」と薦められたので、Ethan先生のクラスを予約した。

ひとつ前のBonus Classが見学可ということだったので、早めに行ってクラス見学させてもらった。
20100530-001.jpg
しょうちゃんと二人「ハハッ。ムリムリ」って苦笑いするチャレンジポーズがたくさん!

そしていよいよWS開始。時間はかなーりおしていて、いったい何時から始まって何時に終わったか?不明。
Ethan先生のクラスはジャンプバックとジャンプスルーにフォーカスしたもの。
受講している皆さんは、私なんかに比べれば全く問題なくできているように見受けられるけれど、それぞれやっぱり悩みはあるみたい・・・。
やっぱり滞空時間が長くて、音を全く立てずにヴィンヤサするのって、憧れるもんね。

ジャンプする時は床についた手で立っているくらい、重心を感じることがポイントとのこと。
先生は指のツメが白くなるくらい、手に重心をかけているらしい。
そして、お尻を上に上げるのがコツ。
よく考えれば当然だよね?お尻が上がれば、床との間に十分な空間ができるから、手の間にすいっと足をスルーさせることだって可能じゃん☆
そのままバンダを使って骨盤をぐりっと立てれば、ストンと脚が前にくる。
2人1組になって、上がったお尻を一旦ホールドするというアジャストを入れて練習。これね、支えてくれるってわかっていてもコワイのよ、つんのめりそうで。
バックする時も、これまでつい、足を後ろにやろうとばかりしていたけど、お尻を上に上げることが重要なんだね。

時間がなくてシッティングポーズのジャンプスルーの練習はなかったけれど、ポーズとポーズの間になぜヴィンヤサが入るか?というと、前のポーズをリセットする意味があるから。なのでジャンプせずに足を運んでも問題ないよとのこと。
マヤ先生も呼吸を止めてしまってまで、無理にジャンプして足を運ばなくてもいいって言ってたな。

最小限の力で呼吸に合わせてヴィンヤサをする。
シンプルだけど難しいのだー!




余談だけど、WSのもうひとつの楽しみは、先生たちや上級者の人たちの美しい動きや美しすぎる筋肉を見られること。
スポーツクラブで見るマッチョな人たちは外側の筋肉を鍛えるでしょ。ちょっとやりすぎ感があって"美しい"からはほど遠い。
でもYogaの先生たち(男性も女性も)の身体はね~、無駄がなくて、しなやかで、それはそれは美しい。ダンサーみたい。使っている筋肉がきゅうっ、きゅうって見えるのがたまらないんだよねえ。
いや、もう、それが見られるだけでも、WSに行く価値あるから!!!




会場で販売されていた軽食。(しょうちゃんと私が買ったもの。)
20100530-002.jpg
カオリ先生の酵素玄米おにぎり、野菜カレー(おとうふが入ってる!)、サモサ、チャイ。
どれも激ウマー♪
身体が喜ぶfoodでした!

Guruji

  • May 18, 2010 7:18 PM
  • Yoga

グルジが亡くなってちょうど1年。

だけど1年前、アシュタンガをやりたいなーとは思っていたけど、まだ私は練習するには至っていなかった。
Yogaに関する情報は常に収集していたから、アシュタンガの父であるグルジが亡くなったことは知っていたけれど、その存在は今以上に遠かったな。
そんな私が、今日はグルジの命日だということに気付いたのはめいさんの本のおかげ。昨日たまたまこの本を読んでいなかったら、完全にスルーしてたな。

今日は、ジムで筋トレ系のフィットネスをやってほどよく身体が温まった後、そのままフリースペースでスリヤナマスカーラA、Bを5回ずつやった。ダウンドックがすっごく気持ちよくできた。

お世話になりました

  • May 6, 2010 11:00 PM
  • Yoga

WS最終日は筋肉痛がひどくて、フルプライマリーこなせるだろうかと、かなり不安を抱きながらIYCに向かった。
実際、足の裏側が伸びなくてつらかった。なのに(もとい)、有難いことに先生にぐいーーーっとアジャストされたり、(もとい)アジャストしてもらったりして、私の筋肉は極限状態。
昨晩、お風呂でじっくりゆっくり筋肉をほぐした後は、バンテリンと湿布のお世話になった。初めてだよー。ヨガのレッスンの後でバンテリン使ったの・・・。

でもそのお陰で、今日は何とか仕事に行くのに支障がない程度にはおさまった模様。
ありがたや~、バンテリン。またお世話になるかも。

GW特別ワークショップ

  • May 5, 2010 10:31 PM
  • Yoga

せっかくの連休を有意義に過ごしたかったので、ダンナが出勤するという連休後半はIYC荻窪で行われるアシュタンガのWSを受けることにした。
本当は3日(全4クラス)連続して受けたかったけど、ダンナがいる日は一応彼の予定に合わせておきたかったので、2日間3クラスの受講。いろいろ学ぶことが多い2日間だった。


身体はひとりひとり違う

アサナよっては、身体が柔らかいとか、関節が柔らかいとか強いとか、手足が長いとか、身体が細いとか、そういう条件で最初から難なく出来てしまう人もいる。でもそれは、たまたまそういう身体なんだねーというだけのこと。
むしろ難なくできてしまうことで、アサナの本質(先生は"センター"と言っていた)がわからない、気付きにくいということもある。
だから自分のできる範囲でやればいいということ。大切なのはエネルギーを循環させるということ。


自分の身体をよく知る、自分の身体とよく相談をする

身体はひとりひとり違うことの認識からつながるんだけど、自分の身体の特徴・・・っていうのかな?そういうことをよくわかって練習しないと身体を痛めたりするのだなと、いろいろなアサナの説明を聞いていて思った。
それぞれの先生の言うこと、ヨガの本に書いてあることは、ある人にとっては正しいことでも、身体の作りの違う別の人にぴたりと当てはまるわけではない。
もちろん基本というか、原理原則みたいなことはちゃんと理解していなければいけないけれど、自分の身体を正確に認識して、自分の身体の声をちゃんと聞くことはとても大切なんだと思った。
「自分の身体の声を無視して練習をすることは自分の身体に失礼ですよね。」というMAYA先生の言葉にちょっとはっとした。
実際、まだそこまで必死に練習したことはないけど、レッスンで「絶対、無理はしないでください」って先生が言っているのに「ここまではやってみせるぞ!」みたいなチャレンジャー的な気持ちになって妙に頑張っていることは日常茶飯事だし。


アサナにとらわれすぎると、それは単なるポージングでしかない。

「ポーズを追わない」って、ユカ先生にもミカ先生にもよく言われることなんだよな。
どうしても"上達したい"という気持ちが先に立ってしまって、"上達する=アサナを完成させる"と勘違いしがちなのだ。
性格的なこともあるけれど「絶対このポーズをここまでやるぞ!」とムキになるのは単なる"我"であるとMAYA先生はばっさり言っていた。
この言葉にも目からウロコ。今回は"とらわれない"という意味が、本当に自分なりにストンと腑に落ちた気がする。
手が取れようが取れまいが、そんなことが重要なのではなく、そのポーズの恩恵を自分が感じられればいいのだとあらためて認識した。


できないアサナは、まだ身体に準備ができていないということだから、ひとつ前のアサナを深めた方がいい

これも目からウロコだったー!
宅練しようと思うとき、ハーフくらいはこなさなきゃ!とかいつも意気込むんだけど、私のレベルだったらスリヤナマスカーラA、Bだけをずっとやってるくらいでいいんじゃないか!?と思った。
アシュタンガのアサナの順番が、いかによく考えられたものであるかというのは私でも大いに感じている。
ひとりひとり身体は違うのだから、他の人とアサナの進捗を比べる必要もないはず。身体が次のアサナの準備が出来るまで、じっくりつきあえばいいいじゃないと初めて思えた。
一体、何のためにアシュタンガをやっているのか?自分自身に問いただすいい機会になった。


もちろんこれ以外にも、各アサナの解説でこれまで私が知らなかったこと、間違っていたこと、よりアサナが深まる方法などもいろいろ学んだ。それはひとつひとつ挙げればキリがないほどに!
でも私の場合、もっと根本的な部分での気付きの方が心に深く残った。

今回、たくさんのアドバイスやお話があったけれど、"自分なりに咀嚼してください"と言うMAYA先生の言葉に、かつての自分の仕事を重ねた。
学ぶ立場であれば、講師の話を一旦は素直に受け入れられなければ意味がない。でも講師を崇拝するかのように、盲目的に全てを額面通りに受け取り過ぎてもいけない。自分の中で十分に咀嚼して、自分や自分の仕事や生活に活かすエッセンスを見つけることが重要なのだと私は思っている。
だから、かつての仕事では

「私たちは皆さんに料理に必要な材料を用意しているだけ。それをどう調理するかは皆さん次第です。」

なーんてことを伝えることは多かった。
何かを伝える、教える立場にとって怖いのは、話の表面だけをなぞるようにそのまま実行されてしまうことだと思う。
なので、ふとMAYA先生に共感を覚えたというか、なんだか親近感を抱きながら話を聞いていた自分が、ちょっとおかしかった。アシュタンガのレッスンに行っているのにね。
でもきっと、そんなことも今後の私とアシュタンガの練習につながっているか、必要なことなんだろうな。
あー、なんだか深い。

Private Lesson

  • April 25, 2010 11:20 PM
  • Yoga

今日のクラスはたまたま、ユカ先生とマンツーマンになった。
なんてラッキー☆
どうやってレッスンを進めようかということになり、スリヤナマスカーラA、Bを5回ずつやったら、苦手なアサナとか好きじゃないアサナを見直してみようということに。

スリヤナマスカーラを終えると、先生に
「ジャンプして戻るとき、呼吸どうしてる?」
と聞かれた。
そういえば私、
カウント5 → 息を吸ってかかとを上げ → ジャンプで前 → 息を吸ってヘッドアップ
ってやっていて、ジャンプで前に戻るとき、息止めてるかも!?
先生によれば、途中で呼吸の音が聞こえなくなる瞬間があったとか。
んーーー確かに。止めてる、止めてる。止まってる。
だからジャンプがスムーズにいかないのか!
動作は一動作、一呼吸の原則のはず。つまり、ここではジャンプからヘッドアップまで一息!なるほど。そうしたら身体がふわっと動きそう。理に適ってる。

でもジャンプがうまくできない理由はそれだけじゃなかった。
他にも苦手なアサナを挙げていくと、どれもお腹の引き上げがちゃんと出来ていないからということが判明!!
説明を聞くと、言われていることは理論としてはすごく納得できるんだけど、それを自分の身体で体現するのがなかなか難しい。

"お尻(の少し前)を締めて、そこからきゅうっと上に引き上げるかんじ"

これがね、実感としてまだわからないわけだ。
でもお腹の引き上げを少し意識するだけで、まず前屈がすごく深まるのはわかる。
ウッターナアサナとか、顔が足につきそうなくらい前屈できる!
パスチマッタナアサナも然り。足の裏側はちょっと痛いけど、両手を足の裏に回して手首を取るのがいつもより格段にやりやすくなる。お腹の力を抜くと、背中が丸まってしまって前屈が深まらない。
アルダ・バッダ・パドモッタナアサナの時も、お腹をぐっと引き上げるのと一緒に足を限りなく引き上げると、ちゃんとしたポジションにかかとがくるし、膝も下を向く。いつもやや力ずくで足の付け根に持ってきている感が否めなかったので、ナルホド~と思った。

今日、何より進歩があってうれしかったのは、バッダ・パドマアサナ。
アルダ・バッダ・パドモッタナアサナ同様、お腹を引き上げつつ足を引き上げると、いつもより格段に深く足が組め、すんなりと両手が両足親指を取れたのだーーー!!!
今までミカ先生のクラスの時、いつも「届きましぇ~ん」と先生にアジャストしてもらっていて、なのに届いたためしがなくて、いつかできる日がくるだろうとただその日を待っている状態だったのに、意外に早くその日が来たらしい!

お腹がちゃんと使えれば、ジャンプバックもジャンプスルーもすんなりできるはず。
そして前屈も深まるし、足も無理なく組める。
私の場合、現状の問題はそこにあるようだ。当面、意識して練習してみようと思う。
大きな収穫だーーー!ユカ先生、ありがとう☆


復活!

  • April 23, 2010 11:10 PM
  • Yoga

ようやくミカ先生のクラスに出ることができた!
でも身体が重い~。
身体が重いのは、体重が微増につぐ微増(つまりかなり増ってこと!!)ということも大きいけど。

ウッターナアサナをすると足の後ろがピーンと張るかんじ。
もっとちゃんと柔軟をしておけばよかったなー。
パドマアサナ組むのもなんかムリヤリってかんじで、関節がギシギシ言ってたし。

しかし45分では端折ってもシッティングはできないし、フィニッシングも限られるな。
一度、ハーフプライマリーで十分だから、ミカ先生の指導でじっくりやってみたいなー。

ヨガ友トーク

  • April 21, 2010 9:44 PM
  • Yoga

時々ジムのヨガクラスでお話する方と、今日初めてお互い名前を名乗り合い、長めの立ち話をした。
話をしていると、やっぱり4月からのジムのプログラム改変への不満になる。定期的に、マジメにクラスを受けている人ほど、バリエーションが欲しくなるんだよね。
特にその方(Sさん)は柔軟性も高くて、いつも難易度の高いアサナもどんどんできちゃう人だから、年配の人にレベルを合わせているような流ればかりだと、フラストレーションがたまるわけだ。
だから、物足りないなーと感じる人(たとえば別のヨガ友Mさん)は、ジム以外に都内のヨガスタジオとご自宅の近所のサークルと3つ掛け持ちしたりしている。

しょせん、スポーツクラブだから仕方ないといえば仕方ない。
でも、長く会員になっている人たちの満足度をもう少し、満たしてくれてもいいんじゃないかと思う。
家の近所にレンタルスペースでもあればなあ・・・、人を集めて先生を探すという手もあるのに。


"遠くの他人"の影響

  • April 18, 2010 10:51 PM
  • Yoga

最近ダンナの会社に中途入社した女性がYoginiだったらしい。
彼女のための歓迎会で話をしていたらそんな話になったとか。
ダンナが「ウチの奥さんもYogaやってるよ」と言うと、「Yogaはいいですよ~。心が落ち着きますよ~。」と語られたらしい。
・・・で、初めてダンナに聞かれた。




「ヨガって心が落ち着くの?」




「落ち着くっていうか・・・、私の場合はライフスタイル自体が変わったこともあるけど、あんまりカリカリはしなくなったよね。あとは圧倒的に体力がついたなー。」
と答えると、
「オレもやろうかな、ヨガ。心が落ち着くんだろー?絶対オレに必要だよね。」
と、なぜか急にやる気になってきた。彼は相当な短気なのだ。
今までぜーんぜん、私が夢中になっているにも関わらず、Yogaに興味を示さなかったのにね。
"遠くの他人"の言うことの方が信憑性があるってことかい!?

ダンナと一緒にいると、会社や職場に対してはもちろんのこと、日常生活の中でも文句と不満がすごく多いのは気になっていた。
間違いなく、私も普通に働いている時はいつも不満だらけでストレスの塊だったと思う。
だから少し前までなら、彼の文句や不満に同調しただけだったかもしれない。でも、文句や不満は何も生まないんだよね。周りにマイナスの気を振りまくだけ。
ほんの少し見方を変えるだけで、気持ちが楽になることだってある。
Yogaが深まっていくにつれて、"受け入れる"ということが、少しずつできるようになったんじゃないかな。

だから、私もぜひ、彼にはヨガはおすすめしたい。
でもいい先生のクラスを受けないと意味がないんだよなー。難しいなあ。

とんだアクシデント

  • April 1, 2010 5:44 PM
  • Yoga

今日はユカ先生のクラスを受けに行こうと張り切っていたのだが。




クラス、お休みなんだってーーーー。
ああ、マヌケな私。

なかなか進まない自分のポートフォリオサイトのリニューアルをやり、ちょっと遅いけどAM9:30頃から宅練開始。
いつもマシンの電源を切る"ぷつーーーん"って音で、うてなは"遊んでもらえる♪"とばかりに狂喜するんだけど、ごめんね・・・、遊ぶんじゃないんだよ・・・。

ところが!途中で大変なことが起きた。
ジャンプバックする時、後ろを確認したりしないので、いつの間にかヨガマットの後方に座っていたうてなを飛び蹴りするハメに!!!
まるでギャグマンガのようにうてなは横転。
自分でもビックリして、慌ててうてなにケガがないか確認したところ、まあ、特に問題はなさそう・・・。
さすがにその後は飛び蹴りに懲りたのか、ソファの上からフセ状態でじーーーーっと私の動きをガン見していた。

よっしゃ!これで集中できるとヴィラバドラアサナBまで進み、パスチマッタアサナに差しかかるとよいしょ、よいしょと私の脚の上に上ってくる。
上からかぶさろうものなら(前屈)必死になって顔をなめてくるので、そこで断念となった。
時間にして40分強ってとこかな。やっぱり家は落ち着かないなー。

時間差のシャバアサナ

  • March 21, 2010 8:56 PM
  • Yoga

今日は風の音で目が覚め、AM5:20頃起床。
ようやく5時台に起きることができた!
twitterでフォローしている広瀬香美さんは毎日5時起きでストレッチとかした後にゆっくりコーヒーを飲んで1日を始めるらしい。
朝の時間は集中できるし、私も毎日5時起きが目標なんだけど・・・、毎日目覚ましだけが虚しく鳴っているんだよなあ。少しずつでも、5時台に起きる日を増やしたい。

ハーフプライマリを出来るところまでやってみようとプラクティス。
結果、マリチアサナBまでとフィニッシングのパドマアサナ以降で終了。約1時間。
いい加減なポーズかなり多し。1人でやるとどうしても、いい加減なかんじになってしまう。
まだまだプラクティスの回数が足りなすぎ。

AM6:30を過ぎると、ダンナが起きてくるかもしれないし、そうするとうてなにシャバアサナを邪魔されそうなので(顔を舐めまくる!)横になって少し息を整えてからプラクティスを終了。
お風呂に入ったり、普段通りの朝の支度を整え、ひとたび床に腰を下ろしたら、急に眠気が。
ごろりと横になると、うてなが私の体に沿うようにぴたりとくっついてきて同じく眠る体勢。
そのまま2時間もうたた寝、もとい、シャバアサナしてしまった。
時間差のシャバアサナってことで・・・(笑)よしとしよう。

沁みる言葉

  • March 17, 2010 9:32 AM
  • Yoga

twitter でReTweetされていた言葉。

正しいことを言うときは 少しひかえめにするほうがいい、正しいことを言うときは 相手を傷つけやすいものだと、気付いているほうがいい

ああ、そうかも・・・、そうだな・・・、と心に沁みた。
組織の中で働いていると、毎日、理不尽なことがたくさんあって、「誰がどう見ても私の主張が正しい!」と主張する場面が多くあったような気がする。
振り返れば、それは稀に正論過ぎて、むしろ周囲が引いてしまうようなこともあったように思う。
まあ、あまりに相手や周囲のことばかりを慮るのもどうかとは思うが、正論すぎる正論は時に壁を作ることは間違いない。

「祝婚歌」 吉野 弘

二人が睦まじくいるためには
愚かでいるほうがいい
立派すぎないほうがいい
立派すぎることは
長持ちしないことだと気付いているほうがいい

完璧をめざさないほうがいい
完璧なんて不自然なことだと
うそぶいているほうがいい

二人のうちどちらかが
ふざけているほうがいい
ずっこけているほうがいい

互いに非難することがあっても
非難できる資格が自分にあったかどうか
あとで疑わしくなるほうがいい

正しいことを言うときは
少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは
相手を傷つけやすいものだと
気付いているほうがいい

立派でありたいとか
正しくありたいとかいう
無理な緊張には
色目を使わず
ゆったり ゆたかに
光を浴びているほうがいい

健康で 風に吹かれながら
生きていることのなつかしさに
ふと胸が熱くなる
そんな日があってもいい

そして
なぜ胸が熱くなるのか
黙っていても
二人にはわかるのであってほしい

確かに、誰かの披露宴でこの詩のどこかの一節を聞いたことがあるような、ないような(笑)。
でもこれは"二人"という言葉を抜いても、自分の生活に十分当てはまることだなと思った。
特に、↓ の節。なんだかとってもYogaっぽいなと思った。じっくり読むと、なんだか涙があふれる。


完璧をめざさないほうがいい
完璧なんて不自然なことだと
うそぶいているほうがいい

立派でありたいとか
正しくありたいとかいう
無理な緊張には
色目を使わず
ゆったり ゆたかに
光を浴びているほうがいい

健康で 風に吹かれながら
生きていることのなつかしさに
ふと胸が熱くなる
そんな日があってもいい

A Hard Day's Work

  • March 14, 2010 8:56 PM
  • Yoga

ようやくインドから帰国したユカ先生のレッスン日!
先生にお願いしていたネックレスを受け取ったYO!

20100314-001.jpg

ハンドメイドなので、ひとつひとつ、大きさや形が違うんだって。
トップの部分はクリスタルらしい。
うれしくて、受け取ってスグ着けちゃった!いつもはYogaの時は何も着けないようにしているんだけどね。


AMのパワーヨガは、呼吸を大事にすることとお腹を引き上げることに意識したプラクティス。
今日はバランス系のアサナがキツかったな。ハーフムーンの時、ウディアナ・バンダを意識できないとグラグラしちゃう。グラグラすると、足に余計な力が必要になって、一層、アサナがつらくなる。
悪循環だ。


レッスンの後はユカ先生とスタバでお茶しながらインドの話などを聞き~、次のレッスン場所へ移動。
今日は久しぶりにべるりんちゃん(=Sさん)とも会えて、一緒にプラクティス。
丸々1ヶ月、ハーフプライマリはやっていなかったので、チャンティングからして言えるのかどうか不安が・・・(苦笑)。でもさすがに、いつもお風呂の中とか愛犬の散歩の時にブツブツ唱えているのが功を奏したのか?ちゃんと言えた。ホッ。
カウントがあるので順番は問題ないけど、やっぱり練習不足は否めない。家で宅練する時のような辛さは感じないけど、身体が重いというか、動きにくいなーと思ったのは初めてかも。
AMのパワーヨガの疲れも響いてたな。珍しく。
パワーヨガのバランス系アサナですでに足の付け根に疲れが残っていたので、ウッティタ・パールシュヴァサヒタのツライこと、ツライこと!!!足の付け根がほんとにもげそうだった・・・orz
もうこれ以上ムリっ!!っていうのは、マリチアサナD。これができるようになったら、お腹のぽにょはいなくなると思う。ぽにょ撲滅のためにも、マリチアサナDができるようになるといいなー。
そしてフィニッシングでは、初めて、シルシアサナで2回もつぶれた・・・。もう、腕が限界だったの。
練習もしばらくしていなかったしなあ・・・。これ、人がたくさんいるスタジオだったら周りの人に迷惑かけてるところだよー。


レッスンの後は、念願叶って(!)ようやくべるりんちゃんとゆっくりお茶をしながらYoga談義。
もちろん、Yogaの話だけじゃないけど(笑)。楽しかった~!べるりんちゃん、またぜひ!

ベクトルはどこに向かう?

  • March 9, 2010 1:09 AM
  • Yoga

今行っているジムは、自宅のすぐそば。
行こう!という気持ちさえあれば、すぐ行けるのが利点で会員になっている。
ところが、入会した頃は充実していたYogaのプログラムがどんどん減り・・・、4月のスケジュールを見たら、最悪の状態になっていた。
夜のパワーヨガは週2日しかなく、しかもいずれも45分。45分のパワーヨガって意味ないし。
私としては90分やって欲しいところなのに!
手軽に通えるのは本当に魅力なんだけど、受けたいレッスンがミカ先生のクラスしかないんだよなあ。あとは曜日や時間が合わなかったりして。

交通費がかかっても、通うのに時間がかかっても、ヨガスタジオに行くべきなんだろうなあ。
そろそろ、そういう時期かなあ。

モチベーション上がれ!

  • March 2, 2010 8:32 PM
  • Yoga

若干モチベーションが上向きになってきたので、一気にこの気分をアゲアゲに持っていきたいところ。
会社帰りに銀座に用があったので、suria に行っちゃった!
ところで、このサイト、カーソルオンしたメニューの画像の縦横比が乱れてる・・・。こういうの許せないんだよなー、ワタシ的に。修正したい~!!!



・・・意外と・・・こじんまーりしたお店なのね・・・。


一番欲しかったのはフラッターショーツ。
アシュタンガやってると、ボトムはぴたっとしたものの方が動きやすかったりするんだけど、お尻丸出しっていうのも抵抗があって。
意外にレイヤードできるこういうショーツって種類がないのよね・・・。

セール品なども物色しつつも、お目当てのフラッターショーツを試着させてもらう時に借りたレギンスがチョー履き心地よくて、フラッターショーツとレギンスを即買い。
サルエルもカワイイなーとか、いろいろ欲しくなっちゃうけどぐっと我慢。
すぐ履きたいけど、今週はミカ先生のレッスンがジムの休館日でないんだ・・・。がくーーーっ。

20100302-001.jpg

もしもし、うてなさんは入らなくていいんだよ?
ヘソ天は恥ずかしいから、キレイにおさまって~!

20100302-002.jpg

じわじわ

  • February 28, 2010 8:48 PM
  • Yoga

結局、1月の後半に熱を出して以来ずっとモチベーションは上がらないままだった。
ジム仲間に「モチベーションが下がっちゃって・・・」とボヤいたら「これまであまりにも上がりすぎだったよー。」と笑われた。確かにそうかも。ずっとアシュタンガをやることが楽しくて仕方なかったんだもん。

結局ほとんど自主練はできていないけど、それでも週1ペースでジムのミカ先生(=F先生)のクラスを受けていると、あれ?あれ?あれれ?という変化が感じられている。
最近、特に感じるのは前屈が深まってきたこと。
Yogaを始めたばかりの頃は、"股関節からぽきっと二つ折りにします"とか"太腿とお腹を近づけます"と言われても、身体の硬い私には全くムリで。
そんな私でも少しずつ、膝が伸びてきて、手がぺったり床につくようになって・・・というようにはなってきていた。


そ・れ・が!!!
最近、ウッターナアサナやシッティングポーズの時に、なんだかすーっと身体が曲がるようになり、太腿とお腹が近づくようになってきた!
まず金曜のミカ先生のレッスンであれ?こんなにすんなり身体が前にいくなんて?と感じ、今日のユカ先生代行のハルミ先生のレッスンでも同じように感じた。
これまでは「前屈だー、ヨッコラショ」というかんじで身体をたたんでいたのが、気持~ち"ふんわり"身体が倒れるように。自分で「おおっ!!!!」という感動。


捻り系のポーズも以前に比べれば深まってきた。
ウッティタ・パルシュヴァコナアサナBは"肩を思いっきり膝にかける"と言われてもムリ~(涙目)!だったけど、最近はウエストの部分を"ひねる"というより"squeeze"できるようになってきた。そのせいか?ウエストから肋骨のあたりまでは、下腹部の"ぽにょ"ほどではない・・・。下腹部のぽにょが引き締まるとなお、うれしいんだけどなあ。ナヴァアサナが軽くできるようになったらぽにょがなくなるかしら・・・!?




こんな風にじわじわと身体の変化を感じると、またアシュタンガをやる喜びも増してくる。
この勢いに乗ってモチベーションを上げたいところ。
モチベーションアップのために、思い切ってウエアとか新調しちゃおっかなー。


呼吸を意識する

  • February 26, 2010 9:51 PM
  • Yoga

今日のミカ先生(=F先生)のレッスンの時、最初のスリヤナマスカーラでほんの少し頭痛を感じていた。(宅練する時も下を向くとちょっと頭が痛い時が多いんだけど。)
調子悪いのかな?途中でお休みしないといけないかな?と一瞬不安もよぎったけど、いやいや、こんな時こそ呼吸を意識しよう!と思いなおし、深い呼吸をするように心がけた。


No problem!


・・・知らないうちに頭痛なんて消えていた。
恐るべし、呼吸のチカラ。

卵が先か?鶏が先か?

  • February 11, 2010 11:38 AM
  • Yoga

相変わらずモチベーションはいまいちだけど、今朝の宅練は気持ちよくできた。
これまでの宅練は(数えるほどしかしてないけど)なんとなく義務感に駆られてやっているような感があったけど、のびのびできたのは、もしかすると今日が初めてかも。

気持ちがのびのびしているから、深い呼吸ができるのか?深い呼吸ができているからのびのびできるのか?
卵が先か、鶏が先か?みたいな問答だけど、そんなかんじ。

これでモチベーションが上向きになってくれるといいのだけど。


モチベーション低下

  • February 10, 2010 5:44 PM
  • Yoga

モチベーションがまったく上がらない・・・。
なぜだろう?
なんだかジレンマーーーーーーーー!!!

久しぶりの宅練

  • February 6, 2010 11:25 PM
  • Yoga

2010年の目標にしたのに、ぜんぜんできない宅練・・・。
自分がいかに根性ナシかを痛感して、やや自己嫌悪。




今日は特段早起きしたわけではないけれど、久しぶりに宅練ができた。
朝イチのスリヤナマスカーラは身体ガッチガチだー。
しかもスリヤナマスカーラを3回やった頃、ダウンドックしてるヨガマットの目の前でうてながウンPスタイルになり、一時中断を余儀なくされたりして。orz

とりあえず今日はシッティングのパスチモッタアサナまででギブアップ。フィニッシングのウトゥ・プルティヒもいつもほどキープできず。
ただ最後のスリヤナマスカーラは、ウッターナアサナがものすごく気持ちよくできたな。つくづく、アシュタンガってよくできたプログラム?だと思う。
終わった後、身体が軽いっていうか、動きやすいし。




・・・それがわかっているなら毎日やろうよ・・・。

変化

  • January 11, 2010 9:16 PM
  • Yoga

今日はジムでパワーヨガ。
月曜の昼間のクラスは祝日の時でないと受けられないので、朝から時間をやりくりしてけっこう大変。
掃除してー、洗濯してー、スーパーに買い物に行ってー、実家に顔出してー、ジム。私にしては珍しくやること満載の日だった。


アシュタンガを始めて何が大きく変化したって、体力がついたことだと思う。
アシュタンガのフルプライマリーができる体力があるから、何でも来いってかんじ。これは大きな自信につながっているな。
これはヨガから私への大きなgift。

会社勤めの仕事をしている時は、全く自分の体力に自信がなかった。(もちろん、パニック障害の症状がひどかったことが大きいけれど。)
すぐ疲れてしまうし、疲れすぎると気分が悪くなったり、食事がのどを通らなくなったりするので、いつも自分の体力の限界を想定していろいろセーブするようにしていた。
だから、今、自分がこんなに動けるというのは自分でも驚く。


今日のパワーヨガでは、チャレンジポーズとしてホタルのポーズにトライ。
最近は股関節が少し開くようになったので、肩が足の間に深く入るようになり、アームバランス系のアサナが以前よりやりやすくなった。
インストラクターのS先生はアサナのコツをわかりやすく教えてくれるので、ポイントが掴みやすい。残念ながら私は身体が硬いので膝が伸びきらないけれど、かなり長時間、お尻を落とさずにアサナをとることができた。
ちょっとうれしかったけど、本当はアサナの完成形を求めることがヨガじゃないんだよね・・・。
では、私は何のために難しいアサナにチャレンジするのだろう?

全力投球でプラクティス

  • January 10, 2010 7:31 PM
  • Yoga

今日は例によってAM、PMともにヨガに全力投球。
昨日、アシュタンガのクラスでご一緒したSさんとユカ先生とメールでやりとりをして、本来はお休みだったアシュタンガのレッスンをやってもらいました!
ユカ先生、ありがとー☆

今日のアシュタンガのクラスはなんと!ハーフを終えることができた!(厳密に言えば、ダヌラアサナが抜けていたことが最後に判明したのだけど・・・。まあ、それはご愛嬌、ご愛嬌)
セルフプラクティスした時と違って気持ちよく集中できたし、細かいところを先生に教えてもらうことができたので収穫大。
マリチアサナDがもう少し形になるといいなあ。
焦らずプラクティス、プラクティス。
AMのパワーヨガのとき、ユカ先生が

「欲は暴走します。だから欲に追いつけなくなります。」
って言ってたもん。
確かにそうだよね。追い求めれば追い求めるほど欲求の方がどんどん先に行っちゃうんだね。
ヨガの考え方って、本当に生き方そのものを表していると思う。


ところでユカ先生は2月から1ヶ月間、マイソールに行ってしまう。
この時期、インドへ行くヨガティーチャーは多いそうで、さしずめマイソール詣ってとこなのかな。
みんなインドへ行くために働いているようなものなんだって。

今までインドは絶対行けない国って思ってたけど、やっぱり本場の空気の中でアシュタンガをやってみたいので、いつか(近い将来)ユカ先生がインドに行く時、一緒に連れて行ってもらいたい。


初レッスン@ジム

  • January 8, 2010 11:55 PM
  • Yoga

今日は私の大好きなF先生の2010年初レッスン。
先生はいつも溌剌としていて、一緒の空間にいるだけでとても気持ちがいい。


今日身体を動かしていて気付いたことは、しっかりドリスティができると集中しやすいということ。
目線は重要だとあらためてわかった。
そして気付いてみれば、最近、右ひざが痛まない!(もちろん、それでも気を付けながらやっているけど。)ありがたや・・・。


逆に最近気になっているのは、ウディアナ・バンダは意識できるんだけどムーラ・バンダが全く意識できていないこと。
エネルギー、もれていっちゃうよ~。
ムーラ・バンダをちゃんと意識できたら、何が変わるんだろうか?


そして相変わらずネックともいえるのが、胸が開かないこと。
アップドックの時、いつも気になる。
多分、胸が開いていないからいつも一瞬、呼吸が途切れる。
だからダヌラアサナが上達しないんじゃないかな?
まあ、胸を開くことは私にとって永遠のテーマと言っても過言ではないので、焦らず求めず、ひらすらプラクティスあるのみ、かな。


Yoga始め

  • January 2, 2010 7:21 PM
  • Yoga

今年の抱負=「感謝の気持ちを大切にする


ケン先生も

「自分を大切に。また自分に関わる人や環境に、感謝の気持ちを持ちましょう」
と言っていた。

まずは日常の小さなことにも感謝の気持ちを持ってみる。
私は聖人君子じゃないし、何かを達観できるほど修行を積んでいる修行僧でもない。
だから、心の底からそう思えなくてもいいと思っている。まずは「感謝」と心の中で唱えてみる。

日々つい、つまらないことに不平、不満を並べてしまう。
でも、溜め込むよりは吐き出す方がデトックスになると思うので、それも構わないと思っている。
そのかわり一度吐き出してしまったら、何かそのもの物事が自分に与えてくれるいい面を探して「感謝」と心の中で唱えてみる。


・・・ということをやってみようと思う。


さて、今日はダンナとうてなと地元の神社へ初詣。
今年のおみくじは、久しぶりに「大吉」とな!!!
これも昨日、清々しく元旦を迎えられたお陰かも。^m^

20100102-001.jpg


そして今日は私のYoga始め。
DVDのカウントに合わせてフルプライマリー。
ヤバイ、順番がうろ覚えだ・・・。
そして今日は、集中どころか、やっているうちにとても苦しいプラクティスになってしまった。
今までで一番苦しかったかも。
フルプライマリーってこんなに苦しかったっけ?と思いながらプラクティスしていた。
ひとりでフルプライマリーをやるのは相当な精神力が必要だなと、今日初めてわかった。

家でYogaをする時、ウジャイ呼吸の音が心配なのか?うてながいつも慌てて飛びついてきて顔を舐める。
アド・ムカ・シュヴァナアサナとかシルシャアサナの時は必ず。顔というか、口元と鼻を集中的に舐めるので息が、息ができない・・・。これが困りモノ。
今日はサルヴァンガアサナの時に顔を舐められるだけではなく、顔の上を行ったり来たりされて困ったー。

2009年のYoga Life

  • December 31, 2009 11:18 PM
  • Yoga

今年は何といっても、アシュタンガに目覚めた一年だった。

アシュタンガをやるようになって、気力と体力がついてきたし、生活にも張りができた。
ユカ先生をはじめ、ジムでヨガを担当している先生たちともお話するようになったし、Yogaのことをいろいろシェアできる仲間が増えた。
今までで一番、Yogaが楽しいと思える一年だった。


反面、加齢のせいと思われる身体の不調もあちこち出てくるようにもなった。
決して若くはない身体なので、長くYogaを続けるためには、ケガをしないように、身体を痛めないように、無理せず練習しないといけない。
これは唯一の戒めかなあ。


2010年はアシュタンガの自主練習の時間をもっと持つようにしたい。
できれば毎日・・・と言いたいところだけれど、"できるだけ"ということにしておこう。追い詰めて辛くなったら、元も子もないし。
そしていつか、私の心の奥の、無意識下の私が心を開いてくれるといいなと思う。


何気ないこと、小さいことにも感謝の気持ちを持って、心穏やかに、でもみなぎるパワーを持って毎日を過ごしたい!
きっと、今までにないすばらしい毎日が待っていると思う。

スリヤナマスカーラ108回

  • December 27, 2009 11:04 PM
  • Yoga

今日は2009年最後の読売クラス。
前回、ひそかにユカ先生にspecial なことがしたいです~とリクエストした通り、スリヤナマスカーラ108回をやることになった。
さすがに75分では108回はやりきれないし、数えられないので、とにかくひたすら、ひたすらスリヤナマスカーラ。
私は最初の4回を過ぎた頃から、すでに数はわからなくなっていて、結局何回やったかわからない。
やる前は無心になれるかと思っていたけど、意外といろんなことが頭をよぎっていた。


今日の私、力んでたな。すごく肩に力が入ってた。もちろん、手のひらに汗をかいてしまうから集中できないというのも大きかったけど。
そのせいか、サマスティティヒに戻っても何度か呼吸をして息を整えないと、次のスリヤナマスカーラができないこともしばしばあったりして。
集中しよう!とか、何かを忘れよう!とか、余計な意気込みはかえって身体が硬くなるのかもしれない。

2009年最後の金曜クラス

  • December 25, 2009 10:13 PM
  • Yoga

今日が忘年会という人、多いみたいです。
会社勤めではなく、かつ、お酒が飲めない私には"忘年会"なんて無縁。
たとえあったとしても、F先生のヨガが絶対優先!


スリヤナマスカーラは浄化作用があるんだって。
今年最後のクラスなので、スリヤナマスカーラを多めにやりますとのことでクラスは始まった。
実は、冬になってスタジオに暖房が入るようになったことで、ちょっと集中しづらくなっている。
なぜかというと、手と足の裏に汗をかいてしまってすべるのが気になるのだ。ダウンドックの度に、手のひらを近くに置いたタオルで拭わないとずるずる動いてしまう・・・。
これさえなければ、気持ちよく集中できそうなのに。ちょっと悔しい。こんなに集中できないとなると、やっぱりヨガラグが必要かも。


今年はアシュタンガをやるようになって、ヨガライフがすごく充実した一年だった。
F先生のクラスとの出会いが、私に与えた影響はすごく大きい。
来年も頑張るぞー!

広がるヨガ友の輪!

  • December 13, 2009 8:07 PM
  • Yoga

今日は月イチペースのヨガ三昧day。
AMはパワーヨガクラス、PMはアシュタンガ。
せっかくチャンティングを覚えかけてきた!と思っていたのに、1ヶ月ぶりなんでまたなんだかうろ覚え状態に。いつもどうしても言えない箇所があるんだけど、何でかな?

今日はどんどん進めるよ~ということでやっていったけど、80分ではやっぱりハーフは終わらないんだね・・・。それなりのハイペースだったと思うんだけど。
シッティングポーズをきっちりビンヤサ入れながらやるのは久しぶりだったので、けっこうキツかったかも。さすがに足の裏側がぴきぴき。久しぶりに明日は筋肉痛の予感。

今日のクラスは2ヶ月ぶりに再会したSさんと一緒。
Sさんは定期的にユカ先生のアシュタンガクラスを受けているそうで、やっぱりかなりアシュタンガに熱を入れているらしい。レッスンが終わった後、この年末年始にIYCとかロータスエイトで行われるWSの話に花が咲いた。
アシュタンガの良さがわかる人とヨガトークするのって本当に楽しい。もし、年末年始に受けたいWSと都合が合えば、一緒に行きましょうとメルアドも交換した♪
広がるな~ヨガ友。
ひとりでやるものなのに、なぜか輪が広がっていくっていうのはなかなか興味深い。


ところで、ユカ先生のパワーヨガ最終日は27日(日)なので、何かspecialなことがしたい!スリヤナマスカーラ108回やってください!って先生にリクエストしちゃった。
新しい気付きがあるかもしれないし。新年に向けて浄化しておきたいしね。

捨てたい欲求

  • December 11, 2009 11:09 PM
  • Yoga

ここのところ、ジムにいいレッスンがないので、ジムでのヨガは週1ペース。
宅練もぜんぜんできてないし。orz
それでも不思議と後退することはなく、むしろ少しずつ前進しているような気がする。

昨日、ちょっとショックなことがあって、落ち込むまではいかないけど、ずーっとそのことが頭に残って離れなかった。
それをこの時間に吐き出してしまえ!と思い、呼吸に意識するようにしたんだけど、むしろ「吐き出せ~、吐き出せ~」っていうことに意識が向いてしまって力みがあったようにも思う。
そういうのは宅練して、自分のペースの中で頭を空っぽにする方がいいのかもしれない。

それと、順調に落としてきた体重が、また増えつつある・・・。実はちょっとおやつを食べすぎ。さらにこれから夜に食事をする機会が増えるし、ヤバイな~。
増えたお肉も捨てたい・・・。

向こうからやってくる

  • December 4, 2009 11:06 PM
  • Yoga

F先生のレッスンでは、いつもいいお話が聞けるのでそれも楽しみのひとつ。
今日は

私たちはいつも何かを求めがちでつい一生懸命頑張ってしまうけど、(もちろん目標や目的に向かうことも必要だし大事なことだけど)、いつも何かを求めよう、求めようと力を入れなくても、求めていることは自然に向こうからやってきます
という話だった。
このアサナが出来るようになりたい、なりたいって力まなくても、続けていればある日突然、「あ、出来た!」とか、手が届かなかったのが届くようになっていたとか、膝が伸びなかったのに伸びるようになっていた・・・ということに気付く。

確かにそう!
実は、恥ずかしながら私は、4年もヨガをやっていながら、つい最近までアド・ムカ・シュヴァナアサナの時、かかとが床につかなかった。
それがいつからかちゃーんとぴったりかかとがつくようになっていたのだ!
前屈も然り。気付いたら、あれ?こんなに曲がるようになってた!ってびっくりしたもん。

レッスンが終わった後、先生が「今月はカオリ先生のクラス(マイソール)に来ますか?」って声をかけてくれたので「年末のWSに出たいなと思ってるんです。でも、年始にゴヴィンダ先生のマイソールがあるからそれも出たいし・・・。でも資金の都合で悩んでます。」と答えたら、「ああ、そのバランスはホント難しいですよね。でもね、大丈夫。必要なものは自然に用意されるの。本当に必要なものは向こうからやってくるから!」と言ってくれた。
実はこれも本当にその通り!
2ヶ月くらい前から、アシュタンガのレッスンに出ると、自然とそのレッスン代くらいの小さな仕事が入ってくるようになっているんだもん。
だから、この話にはものすごく共感したし、今の私に必要な話が必要なタイミングでやってきたとも思った。


今、毎日本当に暗い話題ばかりで、ほんの少し先の未来にも希望を持てない時代になっている。
気にしたり、悩み出したらきりがないことばっかり。
あれもできない、これもできないって悲観する気持ちで毎日を過ごしているより、自分に本当に必要なことは向こうから自然にやってくるって思ったら、すごく気持ちがラクだし、何がやってくるかな?ってむしろワクワクする。
まずは年末年始、受けたいと思っているたくさんのWSの中から、私に本当に必要なものがどんな形でやってくるかなというのが楽しみ!

オームカーラとレディストーク

  • December 2, 2009 11:26 PM
  • Yoga

今日は第5日曜だけど、ユカ先生のクラスがキャンセルになった時の振り替えレッスンがあった。
そろそろ寒くなってきたので最初は上着を着ているんだけど、ネコのポーズをやっただけで身体がぽっぽと温まってくる。
おそらく呼吸のおかげ。ウジャイ呼吸はものすごく身体がEnargyになるのだ!!!
呼吸を意識するだけでこんなに違うってことがスゴイ。

アシュタンガをやるようになって気付いたけど、ひねるポーズの時、右にひねるのは問題ないんだけど、左がツライ。右側のようにすんなりひねれないし、ひねりきれないし、足元がヨロヨロしてしまう。
ピラティスのパーソナルトレーニングで身体の癖を見てもらった時、私の骨盤は左が上がっているのと右に少しねじれていると言われたので、このせいで左側にひねりにくいんじゃないかと自己判断している。下半身が安定すれば、ちゃんとひねれると思うのだが・・・。

ところで、今日は参加者が5人とクラスがコンパクトだったこともあり、先生から「オームカーラというのをやりましょう。」という提案があった。
最初の何回かは全員でオームを合わせるけど、あとは各自の呼吸に合わせてひたすら、オームを唱え続ける・・・というもの。
終わった後、目を開けたらすごくクリアーな感じがした。
私は普段から、シャバアーサナや瞑想をしている時に色を感じることがよくあるんだけど、この日は最初に黒い点が見えて、それがひゅぅ~んってボールが投げられた時みたいに下に落下していくのを感じた。そんなことを感じることもあるんだねえ。
オームはともかく、カーラってどんな意味だろう?ってあとでググってみたけど、"オームカーラ"で一語の言葉なのかな?明確な答えは出てこなかった。


そしてレッスンの後は、ユカ先生と時間のある人でランチ♪
ここではヨガトークではなく、レディストークに花が咲く、咲く!
最近私は年上の方と話をする機会の方が多いので、自分より若い女の子と「芸能人だったら誰が好み?」なんていう他愛もない話をするのは新鮮だった~。
レッスンが終わった後、たまにはこんな風に時間を過ごすのもいいな。

継続は大切

  • November 27, 2009 11:09 PM
  • Yoga

先週はジムの休館日だったので、F先生のレッスンは2週間ぶり。
しかも、ここしばらくアシュタンガの練習は全くしていない・・・。(←オイオイ!)
40分ほど早めにジムへ行き、アシュタンガの練習をした。
あまり時間がないのでスリヤナマスカーラA,Bは3回ずつに切り上げ、スタンディングポーズへ。
ところが!せっかくおぼろげながらも覚え始めていたアサナの順番を忘れているーーー!
DVD見て復習しないとダメだーーー!!!


・・・と軽いショックを受けつつも楽しみなF先生のレッスン。
今日はねじりのポーズでバランスがうまく取れず、かなり激しくヨロけた。
そして、アルダ・バッダ・パドマ・パスチマッタアサナで組んだ右足を取ろうとしたら、足の裏がつった。orz
ここのところ仕事が立て込んでいて、ほとんど動いてないからなあ。身体は正直だ。
でもまた、いくつか進歩も見られた。

  • バッカアサナはユカ先生のレッスンの練習の成果があって、足もお尻もいつもより上がった。
  • ウルドゥヴァ・パドマアサナは、片手を使えば足を組めるようになった。


先週、ユカ先生に「できるだけ練習した方がいいよ。全部練習しようと思わなくていいんだよ。パルシュヴォッタナアサナまでとフィニッシングのバッダ・パドマアサナ~ウトゥ・プルティヒまでやれば十分だから。」とアドバイスもらったので、練習しようと思う。
継続の大切さがちょっと身に染みた一日だった。

ヨガ仲間に共通する悩み

  • November 23, 2009 10:21 PM
  • Yoga

今日は祝日なので、こんな時しか受けられないジムのS先生のヨガレッスンに参加。
日中のクラスに出る時しか会えないジム仲間というかヨガ仲間にも会えた。(まだ名前聞いてないけど。)
ヨガのレッスンでお話するようになった人、すごい増えたなー。気軽に話しかけちゃったり話しかけられちゃったりするのは私のいいところなんだろうな。きっと!
自分をちょっとだけ誉めておこう。


ところで、ジムのヨガ仲間には共通した悩みがある。
私のヨガ友は、当然のことながら、パワーヨガ中心にレッスンを受けている。しかもYogaと真摯に向き合っている人ばかり。
毎回のレッスンでインストラクターから何を学べるか?を期待して来ているのに、なかなかそれに応えられるレッスンがないのだ。(正確に言えば、1年ほど前まではあったのに、次々とインストラクターが辞めてしまい、なくなってしまった。)
不特定多数を対象にしているスポーツクラブのレッスンだから、仕方がないといえば仕方がない。
より高いレベルを求めるなら、ヨガスタジオに行くべきなのだろう。でも、地理的、時間的制約でそうもいかない人がたくさんいる。
何も気付きがないレッスン、準備運動とストレッチだけのようなレッスン、ただ身体を動かしているだけのレッスンはとても空しいし、むしろフラストレーションが溜まってしまう。
これは何とかならないんだろうか???

コツと意識と

  • November 22, 2009 11:37 PM
  • Yoga

今日はユカ先生のパワーヨガのレッスン。
チャレンジポーズが多い日だったけど楽しかった♪

まずは、ユカ先生のクラスでは久しぶりのバッカーサナ。
ヨガマットをくるくる丸めてその上にかかとをのせ、お尻を高くした状態から練習するといいよ!と教えてもらった。
やっぱり先生のバッカーサナはキレイだ・・・。なぜあんなふうに簡単に足が上がるんだろう???
家で少し練習してみたら、先生のようにはいかないけど、かなりコツがわかってきた。
やっぱりウディアナバンダを意識することと、腕のどこで足を支えるかによって、うまく出来そうな時と全くダメ~な時の明暗を分けるようだ。


そしてクラスの最後はこれまた久しぶりのシルシャアサナ。
壁がなくてもなんとか足は上がるけど、恐怖感が浮かぶと如実にバランスに表れる。
ぐらぐらしちゃうのね。
まだ足は自然に上がっていくというより頑張って上げてる段階。
ふわーっと上がるようになったらうれしいなあ。


レッスンが終わっても、ユカ先生とヨガトークするのがこれまた楽しい♪
いろんな人とYogaの楽しさ、気持ちよさを共有したい!

もの足りない週末

  • November 20, 2009 11:04 PM
  • Yoga

ジムの休館日で、毎週楽しみにしているF先生のヨガができない・・・。
つまんないし、なーんかもの足りない。
・・・かといって、仕事が忙しくて(と、いう理由で?)宅練もできず。
はぁ~。せめてストレッチだけでもやっとこ。

ポーズを追わない

  • November 13, 2009 11:28 PM
  • Yoga

「慣れている方は、ポーズを追わないようにしましょう。」

レッスンが始まる前、F先生はたいてい注意をしてくれる。・・・で、そのことをよく心に留めて動こうと思うんだけど・・・。




「ポーズに囚われない」

「ポーズを追わない」




実はとっても難しい。
どうしても細かいことに囚われてしまう。
そんなこんなで、今日はいろんな雑念が次から次へと浮かんできて、いまいち集中できなかった。
でもなぜか、集中できなかった割には進歩があった。

  • バッカーサナからのジャンプバックがなんとなくできるようになった。
  • チャクラアーサナが今まで以上にするんとできるようになった。
  • ウトゥ・プルティヒの後、蓮華座を手でほどかなくてもジャンプバックへ移れるようになった。

ちゃんとしたバッカーサナになっていない(お尻が上がりきってない)のに偉そうなことは言えないのだけど、正確に言うなら、"腕のところで足を止めてジャンプバックできるようになった"と言うべきかな?(苦笑)。

チャクラアーサナは自分でも内心、「おおぉっ!」ってかんじ。ほんとに"するん"なんだもん。

蓮華座からそのままジャンプバックは、もちろんまだドタドタってかんじ(足首が固まっているから)だけど、最初の頃は"するっと足をほどくなんてムリでしょー"って思ってたから、身体って日々、進化するんだなあと実感する。



小中学生の頃は、跳び箱が飛べるようになったとか、縄跳びの自己記録を更新したとか、マラソン大会の順位が上がったとか、テストの点数が上がったとか、ちょっと頑張れば何かしらの進歩があったり結果がついてきたもの。
残念ながら年を経てしまうと日常的に(仕事以外で)「私、進歩してる!」って感じることがほとんどなくなってしまう。
だからこそ、日々、変化を感じられるYogaは楽しい。
まだまだ、自分は可能性をたくさん秘めているんじゃないかと前向きになれる気がする。

繋がるYoga

  • November 8, 2009 12:35 AM
  • Yoga

AMは月2回のユカ先生のパワーヨガレッスン。
ジムのレッスンとは違ってじっくり見てもらえるので、自分では出来ているつもりのアサナも、けっこういい加減だったんだな・・・と気付かされる。
力を入れないでアサナをするっていうのは本当に難しい。どうしてもどこか頑張っている自分がいるなあといつも感じている。

PMはまたもや場所を移動して、私にとっては2回目のユカ先生のアシュタンガレッスン。
今日はヨガフェスタで一緒だったフミコちゃん(今日から"ふーみん"って呼んじゃう!)と再会!
1回しか会っていないのに、なんか昔から知っている人みたいに「キャ~、久しぶり!元気だった?」ってなるのは、あの空気を共有した仲間だからだね!
「ヨガフェスタ、楽しかったね~、来年も行こうねえ~」と遠い目をしていた私たち。
ふーみんがゴヴィンダ先生のマイソールを受けた時の話を聞いたら、私も来年は絶対、ゴヴィンダ先生のマイソール受けたい!と思った。どんどん欲が出る~。


今日のチャンティングで言えなかったのは一節だけ。すごい!進歩、進歩!
覚えようとしなくても自然と覚える時がくるってユカ先生が言ってたけど、その通りだと思う。
なんだか自然と頭に残っていくんだよね。(終わりのマントラはまだちっとも頭に入ってこないけど。)

そして今日のレッスンはそれぞれのペースで進めようということになり、マイソール式になった。ユカ先生は気心も知れているし、わからないことはその都度確認しながらやれたので、モヤモヤしていた部分がクリアになった!


【今日クリアになったこと、コツなど】


  • スタンディングポーズでA,B(C,D)とあるアサナは続けてやってサマスティティヒに戻る

  • ウッティタ・トリコナアサナで私は足を開きすぎ

  • トリコナアサナ、パルシュヴァコナアサナともに私は後ろ足を着く位置が中央に入りすぎなので、バランスが取りにくい。パワーヨガではちゃんと出来ているから、焦っているのではないか?というのがユカ先生の見立て。

  • ウッティタ・パルシュヴァコナアサナのBは思いっきり肩までしっかり膝にかける

  • ジャヌ・シルシャアサナBでお尻の下に敷いた足は前を向ける

  • ウトゥ・プルティヒが終わった後、ジャンプで前に戻ったらそのまま頭を起こしサマスティティヒ、終わりのマントラ→スリヤナマスカーラA1回、ジャンプバック~アド・ムカ・シュヴァナアサナ~ジャンプスルーで横になりシャバアサナ。


ところで、バッカアサナからジャンプバック入れるのはどこだったっけ???


マリーチアサナAに入ったところでレッスン時間残り10分になってしまい、そのあとはかなりすっ飛ばして、フィニッシングのバッダ・パドマアサナへ。
飛ばしたポーズをやり直したり、先生に確認しながら進めたりするので時間がかかるわ・・・。
ハーフやりきったら、どれくらい時間かかるんだろ???
でも今日も気持ちのよい汗がかけてスッキリ!でも何よりふーみんとも再会できてうれしかった☆

こうやっていろんな人と繋がっていけるのもYogaの魅力かな。

肉体改造記録

  • November 7, 2009 10:11 PM
  • Yoga

最近、ジムでいろんな人から

「引き締まりましたね」
「痩せた?」
「筋肉すごいついたね」

と言ってもらえるようになった。
実際、この2年半くらいの間に増えた3kgのうち、いろいろ努力した結果、ようやく2kgを戻したので、周りの人に気付いてもらてすごくうれしい!!!


【実践したこと】
8/1~10/11 ピラティスパーソナルトレーニング 週1回30分 全10回
8月~10月 マシントレーニング 週2回~週4回
8月~現在 ヨガレッスン 週2回~週4回
8月~現在 体重記録(朝、就寝前)
8月~現在 食事記録(朝、昼、夜)
8月中旬~現在 食事制限(朝:豆乳バナナジュースのみ 昼:通常通りの食事 夜:白米は食べない、野菜もしくは食物繊維の多いおかずを軽めに)


引き締まったのはピラティスの成果が大きい。
それに加えてアシュタンガはウジャイ呼吸が重要だし、ひねりのポーズが多いので、おへその上というか肋骨の下あたりが引き締まったのは自分でも感じる。
最近では、ピラティスのトレーニングをやっている時以上にお腹を薄くできるようになってきたように思う。
筋肉は、マシントレーニングは軽めのウエイトでしかやっていないので、間違いなくアシュタンガで何度やるかわからないチャトランガの成果。60分ないしは90分のレッスン中、チャトランガ~アド・ムカ・シュヴァナアサナの一連の動きでお腹を床につけることは1度もないから!
以前から筋肉質の太い腕だけど、腕の裏側でたぷたぷしていたお肉はなくなり、ダンナに「どうしたの!?その腕!!」と驚かれた。


残念ながら、下腹部が昔のようにスッキリしないのは、年齢的なものが大きいと言わざるを得ない・・・。それでついつい、"まだまだこれじゃダメ。もっともっと!"と思ってしまうのだけど、これって現在(いま)の自分を認めてないってことだよねえ・・・。
とはいえ、あまり自分を甘やかしてもいけないし、頑張りどころと認めどころの見極めというか、バランスが難しいなあ。
 

Gift

  • November 6, 2009 11:53 PM
  • Yoga

以前のブログにも書いたけど、Yogaに特に興味がない人に「今、Yogaにハマってて・・・」なんて話をすると、必ずといっていいほど「へぇ?ヨガって何に効くの?」という反応が返ってくる。
次に多い反応は「ヨガって痩せる?」かな(笑)。

正直、Yogaが何に効くか?という質問には窮してしまう。
質問者はおそらく、肉体的にどんな効果があるのかという意味で聞いているのだと思うんだけど、私にとっては肉体的なこと以上に得るものが大きいし、"肉体的なことではなく得られるもの"というのは、多分、人によって違うだろうと思うから。


今日はジムのF先生のレッスン後、一部のヨガクラス常連仲間と一緒に先生と軽くお食事をさせてもらった。
F先生がレッスン中するお話はとても共感できることばかりなので、もっとお話してみたいなあと思っていたのだ!・・・で、無理やりお誘いしちゃった。
あまり時間はなかったけど、Yogaを始めたきっかけとか、Yogaをやって変わったこととか、そんなことを皆でシェアした。
そんな中、先生が言ったYogaはGiftを与えてくれるという言葉がとても印象に残った。


私たちが手や足を動かしてYogaをするのは、意識を現在(いま)に留めるため。
私たちはとかく先のことばかり見がちだし、先へ進もうとばかりするけど、現在(いま)を大切にしなければ"先"はない。
ただ座って瞑想したり、集中することは難しいから、身体を使って今の自分にフォーカスする、今に意識を向ける練習をしている・・・それがYoga。そうするとYogaは必ずGiftを与えてくれる


今までに聞いたお話の内容も混じっちゃった気がするけど、今日の他愛もないおしゃべりの中で、先生はこんなことをおしゃっていたと思う。

そっかあ、これまでYogaを通して感じてきたことは全て、YogaからのGiftだったんだね。
そう思うと感謝の気持ちが自然に湧いてくるのを感じた。

受けるべきか、受けざるべきか

  • November 4, 2009 9:42 PM
  • Yoga

今月もマイソールレッスンに出よう!と意気込んでいたものの、初マイソールはメタメタだったので、ワタシのようなレベルが行くと迷惑だよなあと思ったりして、今さらながら悩んでいる。

初マイソールが受けた後、ジムでF先生と少しお話をしたら「マイソールを初めて受けた人はみんな、自分が行って良かったのかしら?と思うみたいですよ。それ、普通、普通。」と笑いながら言ってくれたので、そっか、みんなそう思うんだ!と少し安心したけど・・・。

昨日のWSで隣の人に話しかけてみたら、アシュタンガを始めたのは今年に入ってからで、今は週1~2回プレマイソールクラスを受けているとか。
でも私なんかよりずーっと柔軟性も高くて、ポーズの順番や完成度も問題なさそうなのに「マイソールはまだまだ・・・」と言っていたので、あのレベルでマイソールに出ちゃった私は、なんだか顔から火が出そうだった・・・。
いろんなアシュタンギ、アシュタンギーニの人たちのブログを見ると、やっぱり宅練などを長く続けた後、マイソールを受ける人が多いようにも見受けられるしなあ。

そう思うなら、宅練しろよ!って自分に突っ込みたくなるわ・・・。トホホ。

ワークショップ&アシュタンガDVD

  • November 3, 2009 10:21 PM
  • Yoga

今日は待ちに待ったケン先生のワークショップの日。
しつこいようだけどAM7:30~ということは、やっぱりAM5:30過ぎに家を出ないといけない。ということは私の場合AM4:30起き。気合入れなきゃ!と思っていたけど意外にぱっちり目が覚めた。
まだ外は暗い・・・どころか、煌煌と月が昇っている。

20091103-001.jpg

そう、今日は満月、Moon day。AM4:14が満月の時刻なので、私が見た月は満月直後の月ってこと。今日は太陽ではなく、月に向かって合掌。

今日に限って最低気温。電車に乗っている時間も長いし、横浜の時みたいにトイレに行きたくなるかもしれないと思い、少し早めに家を出た。
さ、さむーーーーーーい!!!
レッスン前に身体を冷やさないよう、レッグウォーマーと上着を入れてきて良かった。


今日は始まりのマントラは8割くらい言えた。ちょっとずつ進歩してるな。
ケン先生は「ポーズは軽めでいいですから、呼吸を深ーくしてください。」と強調されていたので、軽めでいいと聞くと、ちょっと気がラクに。
今日はカウントがあるからアーサナの順番忘れてても大丈夫だし。
でもいつもならあっという間に汗をかくのに、さすがに今日の寒さでは拭っても拭っても・・・というほどの汗はかかなかった。
ナヴァアサナの時かな?これキープするのがけっこうキツイポーズのひとつだと思うんだけど「今日はムーンデイだから108回やるよ」なんてケン先生はジョークを飛ばしてた。
相変わらず、クルマアサナは出来ず。ガルバ・ピンダアサナは、完成形、パドマアサナを腕で抱える、あぐらを腕で抱える、の3パターンから選んでやるように言われたのでパターン2で。これなら9回回転も可能。
アップ~ジャンプバックの時に「呼吸を止めないで」と先生が言うんだけど、アップがうまく出来ないからつい息が止まっちゃう。難しい・・・。
シルシャアサナは割とスムースに上がったけど、10カウントくらいしかキープ出来ず。そのためハーフベントまでチャレンジするに至らなかった。残念。


レッスンの後、ケン先生から「アシュタンガ ヨガ」の書籍とパタビジョイス師の孫シャラート師さんが来日した時(2005年)のワークショップを収めたDVDの紹介があった。

20091103-002.jpg

本の方は早々に入手したけど、パタビジョイス師が関わった本は2冊しかなく、そのうちの1冊がこの本だということ、この本で紹介されているのはフルビンヤサなのだということは今日始めて知った。通常のレッスンでやるのは省略形ということらしい。
DVDは宅練用に何か1枚欲しいなあと思っていたので、私にとってDVDの紹介は願ったり叶ったり!早速購入、帰宅後すぐに3回くらい見た。参考になるー!
日の出が遅くなってきたのでAM6:00以前に起きられない日が続いているけど、DVD入手したし、宅練、再開してみるか!?

とうとう仲間入りか?

  • November 1, 2009 10:09 PM
  • Yoga

アシュタンガをやっている人のブログを読んでいると、時々登場するのがバンテリン。もしかすると、バンテリンに限らず、この手のモノを使っている人は少なくないかもしれない・・・。

そう、私もとうとう買ってしまった!

バンテリンを。
20091101-001.jpg

でも実は、アシュタンガによる筋肉痛で買ったわけではない。
昨日軽い気持ちでうてなを連れてダンナと鋸山へ出かけたら、石段をずーっと登る、ずーっと下る、またずーっと登るという強行軍!!!
ふくらはぎは最近稀に見る筋肉痛に。(泣)夜、湿布をしておいたんだけどほとんどマシにはなっていなかった・・・。
今日はジムのパワーヨガクラスを受けたのだけれど、脚の裏側が伸びるのでダウンドックの辛いこと、辛いこと!
昨日11/3(火)のケン先生のワークショップに申し込んだので、できるだけ早くラクになっておきたくて買ったというわけだ。

目的は同じってことで。私も仲間入りかな???

文化の日ワークショップ

  • October 31, 2009 9:35 PM
  • Yoga

11/3(火)はダンナが出勤するというので、受けたいなあと内心思っていたケン先生のアシュタンガプライマリーWSに堂々と申し込むことができた。
でもまたAM7:30からIYC荻窪って、多分AM4:30起きだ・・・。

楽しみだけど、この間のマイソールレッスンもメタメタだったし、大丈夫かなあ・・・。

努力はついてくる

  • October 30, 2009 9:09 PM
  • Yoga

毎朝の太陽礼拝(もどき)は続いている。
太陽が出ていない日も太陽の方向に向かって行う。
太陽が出ている日は、早起きして太陽に手を合わせられることに感謝して、その日一日をどう過ごしたいか、心の中で宣言してみる。


今月後半は、ピラティスのパーソナルトレーニングが終わってしまったこともあって、ジムのトレーニングがサボリがちに。でもヨガのレッスンに行く時は必ず30~40分早めに行って少し身体を温め、ストレッチエリアでじっくりストレッチをする。
その時、苦手なポーズの練習を少しずつしているのだけれど、どうやらこういった小さな努力が少しずつ、実ってきているようでもある。

今まで親指を取ることができなかったウッティタ・ハスタ・パダングシュタアサナは、背中がまだ丸まっているけど何とか、親指を取って顔を膝に近付けるふうな動きを取れるようになった。
脚を右側に開くのはイマイチだけど、左側なら顔を右側に向けることも何とか。
チャクラアサナで起きることはほぼOKになった。脚を頭の向こうへやるとするっと起き上がれるように!今までなぜ「うんしょ、うんしょ」とやっていたのかがわからないくらい。

努力はついてくるものなんだなあと実感する今日この頃。

太陽のPowerをもらおう

  • October 21, 2009 8:53 AM
  • Yoga

せっかく宅練しよう!と思ったのに。
思ったその日から生理になってしまった。6日も早いんですけど!?最近、どうも周期が不安定なのは年齢のせいか・・・?
・・・まあ、このタイミングなら金曜のレッスンは受けられそうでよかったけど。

Yogaができないなら、せめて朝の光は浴びよう!
我が家の玄関はほぼ東を向いていて、ドアを開けるとお日さまがこちらを向いている。
新聞を取るついでに外に出て、スリヤナマスカーラもどきを行う。

太陽に向かって両手を回し上げ頭上で合掌。
ウッターナアサナしてもう一度手を回し上げ、合掌した手を胸元に下ろす。

これだけでも太陽のPowerが取り込めて、気持ちよく一日が始められそう。

宅練

  • October 20, 2009 10:30 AM
  • Yoga

マイソールクラスに参加してみて、自分にはまったく練習が足りていないことを痛感したので、いわゆる宅練をやってみた。
AM5:00起き。
ヨガマットはうてなにガリガリされないよう、常にうてな立ち入り禁止の和室に敷いてある。
ダンナはまだぐっすり寝ているので和室に籠って早速練習開始。

覚えたつもりでもやっぱりアーサナ飛ばしちゃう。あれ?こうだっけ?とか考えたりやり直したりするので、1時間経ってもハーフのシッティングポーズすら終わらない。
これじゃあ、もっと早起きしないといつも通りのスケジュールで動けないな。


アシュタンガについていろいろググっていた時、いろんな人のブログを目にした。
アシュタンガをやっている人は時間が許す限り、練習を欠かさない。その努力をブログで読んでいると、私なんて「アシュタンガやってます」って言えないよなあと恥ずかしくなる。
私も宅練を実践していきたい。

初マイソール

  • October 17, 2009 9:03 PM
  • Yoga

初めてマイソールスタイルのレッスンに参加。
カオリ先生のブログに"IYC九段下でマイソールやります"との告知があったので、行ってみよう!と決心。
ユカ先生に報告したら「一緒に行こう」と言ってくれたのでちょっと安心・・・。だって、九段下スタジオに行ったことないし、マイソール初めてだし。
ジムでもF先生に「カオリ先生のマイソールに行こうと思ってます。」と報告したら、F先生もカオリ先生のマイソールに行くとのこと。
ユカ先生とF先生、知っている方が同じ空間にいるというだけでかなり心強い。

AM7:00スタートのため、ユカ先生とAM6:50に駅改札で待ち合わせ。
九段下とはいえ・・・、我が家からはAM5:30過ぎに家を出ないと間に合わない。厳しいなあ。
でもまあ、いざとなれば電車の中で寝ればいいし。・・・って結局寝なかったけど・・・。


スタジオに到着したのは7:00を過ぎていたので、当然皆さん、粛々と練習を始めていた。
F先生とも会えたけど、簡単に挨拶を交わしたのみ。
動揺する気持ちを抑えてスーリヤナマスカーラを始める・・・。ところが緊張してるので、すでに何回やったかわかんなくなっちゃったりして(汗)。
スタンディングポーズはなんとなく流れが頭に入ってるので、何とかやってみた。
苦手なポーズはウッティタ・ハスタ・パダングシュタアサナ。ヨロヨロして倒れちゃうので、顔を膝に近付けるなんて無理!倒れては足を上げ、倒れては足を上げ直し・・・なんだかいい加減な5呼吸だ。
あと先生のお手本がないと、どうしてもパワーヨガの癖で余計なビンヤサを入れてしまう。

さらにシッティングポーズになるとかなり怪しい・・・。たくさん種類があるから何かしら飛ばしている。
あれ?あれれ?ってかんじで動きが止まってボヤボヤしていると、カオリ先生が「どこまでやったの?」「次はこれ」などと声をかけてくださるんだけど、「Yさん」といきなりファーストネームで呼んでくれるのにはびっくり!最初、自分が呼ばれてるってわからなくて(苦笑)。受付した時にちゃんと覚えて下さるんだなと、ワタシ的には大感激!!
どうやら今日はマリチアサナのC、Dを飛ばしたみたい・・・(汗)。後でユカ先生にも「やけにナヴァアサナにいくのが早いと思った~」なんて笑われてしまった。orz。


ブジャピタアサナにちょっとトライしてみたけど、足を上げるとどうしてもお尻が落ちちゃう。手に体重をかけると自然に足が上がるらしいが・・・。
カオリ先生から「肘より足が上がらないと組めないよ。」とアドバイスが。でも何度やっても足は上がりましぇ~ん・・・。(泣)
そこから先のフルプライマリーのアーサナは私には難易度が高いので、手を挙げてカオリ先生に「ここから先はワタシには難易度が高いんですが。」と申告してみた。

「じゃ、ブリッジやって。3回ね。」

実はブリッジ(ウルドゥヴァ・ダヌラアサナ)3回が出来る確率も低い・・・。ブリッジも上がりきってないし。
でもパワーヨガを始めた頃はお腹が持ち上がらずブリッジの形にすらならなかったので、私にしたら大、大、大進歩なんだけど。
自分のカウントなのでなんとか5呼吸3回を済ませ、フィニッシングに入ろうとしたら、カオリ先生から

「前屈した?」

「・・・あ、忘れてました・・・。」

後屈をした後は前屈だった・・・。
フィニッシングもピンダアサナを飛ばしてしまったし。このポーズ、いまいちよくわからない。
カオリ先生に質問したところ、組んだ足をぎゅーと抱え込めばいいらしい・・・。でもまだいまいちよくわからない。
シルシャアサナにもトライしたものの、やっぱり足は「んっしょっ」と膝を曲げた状態でしか持ち上げられず。あと10カウントですらキープできない。なんだかやっぱり倒れてしまいそうな恐怖心があって、けっこう力も入ってるし、ユラユラするとすぐ下りちゃう。
ハーフベントはまだ遠い・・・。

この頃には、自分の練習を終えた人たちが次々と部屋から出ていくので、さっさと出ていかないといけないのかと思って焦ったら、隣でユカ先生が「10分くらい寝てても大丈夫だよ。」と言ってくれた。でもなんか落ち着かないので、早々に部屋から退出。
ユカ先生の練習が終わるのを先日買った「アシュタンガ ヨガ」を読みながら待つ。


練習を終えた人がカオリ先生に質問しているのをちらっと聞いたら(多分インターミディエイトシリーズのバックベンド系のことで質問していたのだと思う)、バックベントする時自分の呼吸の音がちゃんと聞こえていたら、胸が開いているのでラクに後屈できるらしい。なるほどー、息苦しいのは胸が開いていないということか。


隣に私がいたので、ユカ先生は自分の練習に集中できなかったと思うけれど、「また一緒に行きましょう~」と言ってくれて感謝。
こんなレベルでマイソールに参加して、カオリ先生や他の皆さんの迷惑だったかな?と後悔の念。でもなぜか落ち込んではいなくて、「初めてだから、"マイソールってこういうもの"っていうのがわかっただけよかったかな」などと超ポジティブシンキングな自分がいる。
来月もぜひチャレンジしてみたい。

新しいレッスン

  • October 11, 2009 10:17 PM
  • Yoga

今日のAMはユカ先生のパワーヨガレッスン(75分)。
前回がキャンセルになってしまったので久しぶり~。

今月からユカ先生は市川市妙典でアシュタンガのレッスンを始めることになった。
当初、月曜の19:00~と木曜日のクラスと聞いていて、ちょうど出勤の日と重なることと、仕事の後は愛犬うてなの留守番が長くなるので難しいなあと思っていたのだけど、第2、4日曜のPMもレッスンをするということなので、AMのレッスンが終わった後、先生にくっついて行ってPMのレッスンを受けさせてもらった。(体験レッスンで初回無料だった~♪)
ユカ先生のレッスンを長く受けているのに、先生とゆっくりお話する機会はなかなかないので、おしゃべりしながら電車に乗っているのとか、楽しい~♪

レッスンは、先生のジムの生徒さん=Sさんが1人来て生徒は2人。なんと贅沢な!!!
ちゃんとチャンティングから始めてくれました!今日はヨガフェスタの時よりさらに少し言えた!・・・まだむにゃむにゃごまかしてるけど。
80分あるのに、慣れないアーサナには先生の説明が必要なのでハーフすら全部やりきらない・・・。キツイなー。
でもAMより汗かいた~。やっぱりヨガラグ必要かも~。

今日、ユカ先生から聞いてなるほどと思ったのは、

足を蓮華座もしくは半蓮華座に組む時、持ち上げた足を一旦後ろに引いてお尻ごと前に回しこむといい
・・・ということ。
私は右ひざが時々痛むので、どうやったら傷めずにできるのかなあといつも悩んでいる。
右ひざは昨日今日痛めたのではなく、おそらく中学生の頃にすでに痛めていたのではないかと思うんだけど。(中学時代:陸上部)
パワーヨガの時、何がツライって弓のポーズと太鼓橋のポーズがNG。膝が引っ張られて痛みがあるので、いつもこわごわ。痛めたくないので痛かったらすぐやめることにしている。
でもアシュタンガって基本、ポーズは飛ばさないんだよねえ・・・。

股関節や足首だけじゃなくてお尻も柔らかくないと、蓮華座を楽に組むことはできないんだなあ。
膝に負担をかけずにポーズを取る方法があったら、ぜひ知りたい!


夕方はジムでピラティスのパーソナルトレーニング。残念ながら今日がラスト(10回目)だったんだけど。
トレーナーのSさんはすごく良く見てくれるし目に見えて効果が出たので、本当はもっと続けたいけどさすがに費用が・・・。またぼちぼち、余裕資金ができたらお願いしようと思う。
日曜はスタジオレッスンが終わる時間が早いので、ジムにはあまり人がいない。それをいいことにシルシアーサナから足を90度に下ろしてキープし、再度シルシアーサナに戻るという練習をやってみたら、なんとできた!
今日は一日ウディアナ・バンダを使いまくったので、うまくそれが使えたんだろう。恐るべし、ウディアナ・バンダ!
調子のいい時だけじゃなくて、いつでもこれができるようになりたいー!

見つけた!ヨガフェスタ2009 写真

  • October 3, 2009 11:50 PM
  • Yoga

ジムでF先生にヨガフェスタの報告をしたら、「あ~、写真出てましたねえ。見ましたよ~」と言われビックリ!

当日、レッスンが始まる前、カオリ先生から「IYCの大先輩が写真撮影に来てくれています。後日、写真がflickrに出たらマズイ人いますか?」と告知があった。
後日っていつだろーって思っていたのだけど、すでに アップされていたらしい!
あんなにたくさんある写真からよく私が認識できたなあ~、F先生!

当日のレッスンの様子

たった1週間前のことなのに、遠い昔のような(笑)。
難しいアーサナに苦笑いしながら他の人の様子を見てるのが写ってるし(汗)。
でも楽しかった時間が蘇ってきて、うれしかった♪
アップしてくださってありがとうございます!

アシュタンガヨガ―YOGA CHIKITSAの効用と指南書

  • October 1, 2009 9:12 PM
  • Yoga

20091001-001.jpg

届きましたーーー!
けっこう時間がかかるかもと思っていたけど、意外に早く手元に届いた♪

とにかく参考になる本を1冊手元に置かなきゃ・・・と思ったのは、アーサナの順番はネットでも十分チェックできるのだけど、すぐサマスティティヒに戻っていいのか?ジャンプバックするのか?といったアーサナとアーサナの間のつなぎがわからないから。
これまでやってきたレッスンは、どうしても時間の関係で省略されてしまうので、いざ、自分で宅練しようとすると正式なやり方がわからないわけだ・・・。
しかも、大変恥ずかしながら、アシュタンガのプライマリー、セカンドといったレベルの存在、プライマリーでもハーフとフルのアーサナの詳細、マイソール、レッドといったレッスンスタイルの違いをきちんと理解し始めたのはヨガフェスタへの参加前後のこと。
毎日、毎晩、"アシュタンガ"というキーワードを中心に、Yogaに関してググりまくっているうちに「そういうことだったのか!」と気付き始めた今日この頃。
ちゃんと勉強しておかないと恥ずかしいじゃん!!!


さて、届いた本の中は白黒ページで武骨なかんじ。
でもカウントと呼吸のタイミングがひとつひとつ説明されていてわかりやすい。
早速3回くらい読んでみた。
覚えたかったマントラもちゃんと載っているのでうれしい!ただ不満なのは、終わりのマントラにはカタカナのルビがふってあるのに、始まりのマントラにはルビがない?ということ。これはミスなのか???
まあ、なんとなく音が耳に残っているからわからないことはないけど。


せっせと勉強するぞ!

意外なタイプ

  • September 27, 2009 7:57 PM
  • Yoga

午前中のパワーヨガがお休みになってしまったので、ジムのパワーヨガへ行った。
この時間のレッスンは8月末で担当の先生が辞めてしまって、今月中は代行の先生ということになっている。
最初で最後のレッスンだけど、どんな先生だろ・・・?と思っていたら、意外な先生だった。


・・・というのも、ややぽっちゃり系の方で蓮華座で座るとお腹に段々ってお肉が・・・。


ワタシはいつも一番前にいるので、特に気になっちゃうのかもしれない。若い先生だし、多分、レッスン経験も浅い方かな?とお見受けしたんだけど・・・。もう少ししぼれないものかな・・・と・・・・。

私は自分のことは棚に上げて、見た目に厳しいタイプなんで。上から目線でスイマセン!

気持ちと反比例

  • September 26, 2009 6:49 PM
  • Yoga

今週は、F先生のレッスンが代行。
F先生はケン先生のアシュタンガ短期ワークショップに参加中なのだ~。
ヨガフェスの報告も出来ないし、レッスンもないし、残念・・・。orz。
代行の先生のレッスンに出たけど、やっぱり物足りなさが否めなかった。

そして今日は夕方の買い物から帰宅すると、


ダンナ「悲しいお知らせがあります」

ワタシ「ええっ!?ナニ?ナニ?何のお知らせ?」困る


ダンナ「明日のヨガは先生の都合でお休みです。カルチャーセンターから電話があったよ。」

ワタシ「ええぇーーーーーーーーっ!!!」泣く


確かユカ先生はご家族と旅行に行っているとか・・・。ジムでそうK先生に聞いたばかり。
よほどのやむを得ない事情があるんだろうなあと推察。

だけど、私のこのテンションをどこに持っていけばいいんだーーー???

Yoga Week

  • September 23, 2009 3:44 PM
  • Yoga

シルバーウィーク最終日。
ダンナは出勤だし、自分の中でテンション上がってるし、朝イチのジムのヨガレッスンへ。
実はこの時間のレッスンのK先生はユカ先生のおともだち。何度かレッスンには参加しているんだけど、ユカ先生の生徒だということは、まだカミングアウトしていない。
・・・で、今日はレッスンが始まる前に、K先生に「実は・・・」と切り出してみた。
すると「私もねえ、マキノから聞いていて、どの人だろー?って思ってたんですよ~。」とのこと!短い時間だけど、ユカ先生の話やヨガフェスタの話をシェアすることができた☆

今日は祝日のため、祝日プログラムで通常60分のレッスンが75分に。
しかもK先生のレッスンは普通のヨガクラスにしては若干、強度が高い。いつもなら余裕ピースなんだけど、さすがに昨日のフルプライマリーで身体がバリバリ筋肉痛。
最近では少々のレッスンでは筋肉痛にならないのに、アシュタンガはまだまだ私の体に伸びしろがあるってことをイヤというほどわからせてくれる。
・・・疲れた・・・。途中でへばってしまうかもと思った~。


アシュタンガのアーサナの順番をきちんと覚えたいので、ケン先生が推薦していた本を買うことにした。

アシュタンガヨガ―YOGA CHIKITSAの効用と指南書

現在在庫なしのため、到着には時間がかかりそう・・・。


かくしてヨガ三昧のシルバーウィークが幕を閉じた・・・。

ヨガフェスタ2009!

  • September 22, 2009 6:01 PM
  • Yoga

いよいよシルバーウィーク最大のMy Event!金キラ
今日は、ユカ先生がレッスンしているジムの生徒さん=フミコちゃんと待ち合わせして一緒に参加予定。
みなとみらい駅にAM8:00待ち合わせなので5時起き。
横浜まではちょっとリッチにグリーン車に乗車。ホリデー料金だし。ピース
お行儀悪いけど、周りの席に人はいないのを確認して座席でストレッチ~。
ところが、乗車時間が長いせいか、緊張のためか横浜で下車する直前にお、お腹が・・・イタタタっ。(←コドモかよっ)慌ててトイレに駆け込む。この間のケン先生のWSも直前にトイレに駆け込んでたよなあ。・・・まあ、でもある意味、スッキリしてみなとみらいへ。


駅で落ち合ったフミコちゃんは前日もレッスンに参加していたそうで、そのまま宿泊していたらしい。今日も一緒にレッスンを受けた後、もう1クラス参加予定が。パワフルだー!
お互いフルプライマリーは初めてだったので、励まし合いながら(?)会場へと向かった。


会場のド真ん中が更科先生のデモンストレーションポジション。先生に向かって両側にマットを敷くよう指示が。
さすがに一番前を陣取るには憚られ・・・、結果、3列目くらいの場所に落ち着く。
ケン先生のWSの時と違って、大半がフルプライマリー経験者!でも、周りと比べない、今自分ができる精一杯 のことをやればいいんだと、言い聞かせてトライ。

カオリ先生のカウントが始まる。
・・・あとは無心に動くだけ!(・・・途中までは・・・)時々、カオリ先生や和也先生のアジャストがさりげなく入る。
アシュタンガのすごいところは、順番通りにアーサナをこなしていくと、できそうもなかったアーサナがなんとなくできちゃったりするところ。前屈なんてその典型かも。後ろからグイグイ負荷かけられても意外と平気。
でもやっぱりハーフから先は厳しい!さすがに前列にいる人たちはどれもやってたけど。
首の後ろに両足かけるのとか、無理だから!だいたい亀のポーズすらできないもん。
このへんは苦笑いしながら誤魔化す・・・(汗)。
それからフィニッシングのアーサナのホールドが意外と長いことも今日初めて知った。
シルシャーサナは何とかできたものの、カウントの間中のホールド出来ずに落ちちゃった。まだ膝を曲げてヨイショってかんじでしか足が上がらないのと、90°まで下ろしてキープができないから、練習しなきゃー。

その他の今後の課題


  • ハーフ以降のポーズを練習する

  • 足首が硬いように感じたので、足首を柔らかくしたい

  • シッティングポーズからチャトランガに移行する時、足が腕の間を通らないのはウディアナ・バンダが使えてない?このコツを掴みたい

  • ジャンプスルーもウディアナ・バンダが使えていないので、これもコツを掴みたい。

周りの人たちがとにかくすごかったので、今日はあらためて超初心者の自分を再認識。
でも終わった後の爽快感がほんとにサイコー☆
終わってまず出た言葉が「気持ちよかったぁ~」だもん。
これを味わいたくてアシュタンガをやりたいと思うのかもしれない。
アシュタンガは"動く瞑想"と言われるらしいけど、まさに。私の場合、静かに座って瞑想するより瞑想状態になれる気がする。


レッスン後、図々しくもカオリ先生に声をかけ「わたしたちマキノユカ先生の生徒なんです!記念に写真撮ってください!」とお願いしてみたら快くOKしてくださって、すっごいフレンドリーにファインダーに収まってくれた!

20090922-001.jpg

ステキ~!カオリ先生☆カッコイイ~!


帰りの電車の中は、楽しかった~、気持ちよかった~、先生たちみんなカッコよかった~と満足感と高揚感に浸りきる私。
あと自分でも驚いたのは、意識をしないとやや前肩気味になってしまうのに、意識しなくても自然に胸が開き、肩が後ろに!胸が開くって気持ちがいいなあ。

そして帰宅後・・・。汗かきついでにジムでさらに60分のヨガまで受けちゃった。
今週はF先生がケン先生のWSに参加するため、レッスンが代行の先生。アシュタンガ、来週までできないよー、残念。宅練するしかないかな・・・。

アシュタンガワークショップ 初体験

  • September 6, 2009 11:47 PM
  • Yoga

Lotus8は行ってみたかったヨガスタジオ。
都内のヨガスタジオは、港区、新宿区、目黒区とかに集中していて、千葉県に近いヨガスタジオは激レアなのだ!


初ヨガスタジオだし、初アシュタンガワークショップだし、一番前の列にマットを敷く勇気はさすがになく、2列目の窓際に場所を確保。
周りの人がみんなすごい上級者に見えてくる・・・。だって、使い込んだマットの人、いっぱいいるし。(レッスンが終わってわかったけど、使い込まれたマットはレンタルマットだったということがわかり、自分の思い込みに内心笑ってしまう・・・。レンタルマットなら、痛んでてもおかしくないよねー)これほんとは中級者向けのワークショップだし。
参加者は20人くらい?20数人かな?
でも普段からアシュタンガを実践している人は意外に少なかったのでちょっと安心した。
久しぶりに緊張したので、ワークショップが始まる5分前になってトイレに行きたくなり駆け込み!
スタジオに戻ったら、すでにみんな目をつぶって横たわっている状態だったので、これまた焦った(汗)。


そしてクラスはチャンティングからスタート。
Om(オーム)の唱和はユカ先生のレッスンでもやるけど、チャンティングは初めて!
師への敬意を払うことと、これからプラクティスを行いますという宣言の意味があるらしい。サンスクリット語なので、なんとか耳に残ったフレーズだけ真似てみる。
そしてスーリヤナマスカーラAに入っていく。スーリヤナマスカーラを1回やると、緊張した気持ちもすーっとなくなり、いつも通り集中していける自分がわかった。
びっくりしたのは、あれ?波の音のBGMかけてたっけ? って一瞬勘違いするくらい全員のウジャイ呼吸の音が響く!こんな感覚はいつものヨガレッスンでは体感できないので、すごい貴重。なんだか鳥肌が立ちそうだった。

最初の方の流れは何度もやっているので問題なかったけど、さすが中級クラス。どんどん難易度の高いアーサナが!
もちろん、今日初めてやるアーサナばかり。しかも私のチョー苦手なバックベンドだよ・・・。orz
難易度の高いアーサナは2人1組になってアシストしながらトライ。ケン先生がアシストの仕方もちゃんと教えてくれるけど、先生みたいにはアシストできないって~。
ドッタンバッタン、苦労した!した!呼吸するのをすっかり忘れていたと思う・・・。
それと汗の量がハンパないって!!!
でもきつかったけど、楽しかった~。ケン先生面白いし。あんまり皆が真剣になり過ぎると、ちょっとおちゃらけてくれたりして。


アーサナの実践が終わった後はプラナヤマ(呼吸法)の練習と先生のお話。
記憶にある限り、思いつくまま聞いたお話を残してみると・・・

Yogaのために食事を変えるとか、ライフスタイルを変えるというのは本末転倒。 そぎ落とす=修行=神に近づくこと。 一般人の私たちは修行をしているのではなく、社会生活を営んでいるわけで、その社会生活とバランスをとれなければ意味がない。

女性の体は月のリズムで変化していくものなので、それに従って気持ちが変化に対応できるようにできている。先週と今週の気持ちが変わってもいい。それが女らしさ。

アーサナの物理的な完成度は、達成度に対して重要ではないので、どこまで身体が伸びるとか、できるとかできないにこだわりすぎない。

あっという間の一生、無理に何かを極めようとしなくていい。
すでに極められたものをうまく自分に取り込んでいこう。
アーサナがうまく出来なければ、アシストしてもらえばいい。

極めた人、極めたモノには素直に心から称賛し、受け入れていこう。

感謝の気持ちがまず大切。
自分を大切に、また自分に関わる人や環境にも感謝の気持ちを持とう。


・・・といった内容。(記憶違いで齟齬があったらごめんなさい!ケン先生!)

そして最後は、自分の大切な人を思い浮かべて聴いてください・・・と何曲か音楽を流してくれた。
アメージング・グレイスとか、涙そうそうとか・・・。よく聞く曲なのに、こうやってあらためて聴くとなんだかじーんとした。


帰りの電車を待つホームでふと鏡を見ると、すっかり眉が消えてなくなり、ウォータープルーフのマスカラが落ちて目の下が黒ずんでいた・・・。
それほど汗をかいたし、ハードだったってことだよね・・・。
でも、すっごく有意義な半日だった!

アシュタンガヨガ

  • September 5, 2009 10:35 PM
  • Yoga

アシュタンガとの出会いは2008年12月。
それまで"アシュタンガ"という言葉はよく耳にしていても、とりたてて興味があるわけでもなかったし、どんなものかも全く知らなかった。
私のヨガライフをずっと支えてくれているユカ先生が、1ヶ月間渡印した後に学んできたことをクラスのみんなでシェアしましょうと教えてくれたのがアシュタンガとの最初の出会い。


初体験のアシュタンガはそりゃーもー、キツかった!!今思えばほんの一部のアーサナを取り出して教えてもらっただけなのに。
でもすごいキツイのに、終わった後がすごい清々しくて爽快。頭がクリアになるというか、スッキリしたーーー!という感覚に。
そのあともう1度アシュタンガのスタイルのレッスンをやってもらう機会があり、やっぱり終わった後の爽快感がたまらず、私の中で「アシュタンガって気持ちいいな。もっとやりたいな。」という気持ちになった。
・・・とはいえ、残念ながらその後しばらくはアシュタンガをする機会はなく・・・。


2007年8月から通っているジムでは、3ヶ月に1度くらいのペースでスタジオプログラムの改編がある。噂によると先生の契約も半年ごとらしい・・・。
残念ながらいいと思うヨガの先生が次々とやめてしまって、テンションもやや下がり気味。
私の場合、いっぱしにもパワーヨガ歴が長くなってきたので、強度が高いレッスンでないと満足できない。
2009年4月のスタジオプログラム改編の後かな?「金曜日19:00からのパワーヨガがかなりキツイよ!」という噂を聞きつけレッスンに参加してみたら!

金キラアシュタンガスタイルでレッスンを構成している先生だった!!!金キラ

毎回大量の汗をかいて、いや、もう、北島康介ばりに「チョ~気持ちいい!!」と叫びたくなるくらい気持ちいい!たちまちアシュタンガの虜、again
それからというもの、よほどのことがない限り欠かさずそのレッスンには参加している。飲み会も断ってヨガだから!(←アルコールNG体質なので、もともと飲み会のプライオリティは低い)


今年はヨガフェスタ2009のレッスンも予約済み。
毎年、ヨガフェスタに行ってみたいな~と思いつつ"パシフィコ横浜"という場所に重い腰が上がらなかったのだけれど、今年はユカ先生にチケットを融通してもらい、アシュタンガやるならこのクラスがいいよとおススメのレッスンを教えてもらったのだ!

22日(火)AM8:30~10:00 Full Primary Led class with 3 更科有哉、柳本和也、マキノカオリ

マキノカオリ先生がユカ先生のおともだちらしい。
ケン先生のレッスンも受けてみたかったけど、チケット予約始まってるよと聞いた時点ですでに満席。(だから別途、明日のWSに申し込んだんだけど。)


なんだかワクワクする~。新しいことにチャレンジするっていいね!

アシュタンガワークショップ 

  • September 4, 2009 4:31 PM
  • Yoga

ちょっと悩んだけど、勇気を出してLotus8で行われるケン・ハラクマ先生のアシュタンガワークショップに申込んだ。

実はちゃんとしたヨガスタジオに行くのも初めてなら、アシュタンガのクラスを受けるのも初めて。
私のレベルで受けても大丈夫なのか?という不安はありつつも、日本でアシュタンガの第一人者と言われるケン先生のレッスンを受けてみたい!という気持ちの方が勝った!
私にとってはチケット代もちょっとお高いモノだったけど、やってみようかなと思った時がやるべき時かなと・・・。

ちょっと、いや、かなりワクワク♪ 楽しみだー♪

No Yoga, No Life

  • September 1, 2009 11:47 PM
  • Yoga

過去のブログを掘り起こしてみると、スポーツクラブでヨガのクラスに参加するようになったのが2005年7月頃。
運動不足解消のためにジムに入会したものの、長年苦しんでいたパニック障害の症状がまだひどく、狭い空間で心拍数を上げるプログラムに参加するのは躊躇われた。
・・・そこで必然的にヨガと出会う。
しかーし!飽きっぽい私はあっという間にジムに通うこと自体が面倒になり、ジムを退会。


カルチャースクールの「パワーヨガ」クラス(月2回)を見つけ、2005年12月からスタート!
これが私のヨガライフの本当の始まり。
この頃はちょうど、瞑想に興味がわいてきたり、スピリチュアルな出会いがあったりと、自分と向き合うための"きっかけ"ラッシュの時期だったと思う。


それから今まで、自他ともに認める飽きっぽい私がYogaを続けていて、これからもずっと続けるだろうと思えるのは、Yogaが私にもたらすものがとても大きいから!
Yogaを通して気付いたこと、学んだこと、まだまだ修行中のこと、そんなことをつれづれに残していきたい。

No yoga, no life.

Index of all entries

Search
Feeds
Twitter Updates
    follow me on Twitter
    Blog Parts

    Return to page top